2017
論文誌
[1] 下仲 健斗,鷲見 創一,肥後 芳樹,楠本 真二, "機械学習を利用した構文情報に基づく自動生成ファイルの特定," 情報処理学会論文誌, volume 58, number 4, pages 1-10 2017年4月.
[2] 肥後 芳樹, 大谷 明央, 楠本 真二, "編集スクリプトへのコピーアンドペースト操作の導入による コード差分の理解向上の試み," 情報処理学会論文誌, volume 58, number 4, pages 833-844 2017年4月.
表彰・受賞
[1] 佐飛祐介, "平成28年度 大阪大学情報科学研究科賞," , 2017年3月.
[2] 松尾裕幸, まつ本真佑, 楠本真二, "第195回ソフトウェア工学研究会 学生研究賞," , 2017年3月.
国際会議
[1] Haruki Yokoyama, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Evaluating Automated Program Repair Using Characteristics of Defects," In The 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP), March 2017.
[2] Yusuke Yuki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "A Technique to Detect Multi-Grained Code Clones," In Proc. of the 11th IEEE International Workshop on Software Clones, pages 54-60 February 2017.
[3] Yusuke Sabi, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Rearranging the Order of Program Statements for Code Clone Detection," In Proc. of the 11th IEEE International Workshop on Software Clones, pages 15-21 February 2017.
研究会・全国大会等
[1] 山本将弘, まつ本真佑, 楠本真二, "Web閲覧時におけるJavaScriptライブラリ使用による副作用の調査," 情報処理学会研究報告, volume 195, number 7, pages 1--8 2017年3月.
[2] 有馬 諒, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "バージョン管理システムにおけるスプリットコミットの調査およびその検出手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 512, pages 43-48 2017年3月.
[3] 谷門 照斗, 横山 晴樹, 鷲見 創一, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "再利用に基づく自動プログラム修正における更新順および類似度順の実装と評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 512, pages 19-24 2017年3月.
[4] 佐々木美和, 小倉直徒, まつ本真佑, 楠本真二, "コード内コンテキストを用いた履歴情報取得のためのGitクライアントの拡張," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 512, pages 37-42 2017年3月.
[5] 松尾裕幸, まつ本真佑, 楠本真二 , "実装手段の異なるプログラムの実行時間と消費電力量に関する調査," 情報処理学会研究報告, volume 2017-SE-195, number 16, 2017年3月.
[6] 肥後 芳樹, "ソフトウェア自動進化への挑戦," , 2017年3月.
[7] 横山 晴樹, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "欠陥の特徴を用いた自動欠陥修正の評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 425, pages 129-134 2017年1月.
[8] 佐飛 祐介, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "コードクローン検出のためのソースコードに対する前処理," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 425, pages 135-140 2017年1月.
学位論文
[1] 幸 佑亮, "多粒度コードクローン検出ツールDecrescendoの実装と評価," 修士学位論文, 大阪大学, 2017年.
[2] 佐飛 祐介, "プログラム依存グラフと抽象構文木を用いたコードクローン検出のための正規化," 修士学位論文, 大阪大学, 2017年.
[3] 松尾 裕幸, "実装方法の違いによるプログラムの消費電力量および実行時間への影響に関する調査," , 2017年2月.
[4] 横山 晴樹, "バグの特徴を用いた自動プログラム修正ツールの比較," 修士学位論文, 大阪大学, 2017年.
[5] 有馬 諒, "版管理システムにおけるスプリットコミットの調査とその自動検出手法の提案," , 2017年2月.
[6] 谷門 照斗, "再利用に基づく自動プログラム修正における再利用候補の絞り込み手法の実装と評価," , 2017年2月.
[7] 佐々木 美和, "版管理システムにおける履歴情報取得機能の拡張," , 2017年2月.
[8] 古田雄基, "ソフトウェア開発PBLにおけるタスクの作業時間の見積もり手法に関する調査と改善," 修士学位論文, 大阪大学, 2017年.
[9] 山田 涼太, "自然語で記述された要件定義書からのファンクションポイント自動計測の試み," , 2017年2月.
[10] 鷲見創一, "ソースコードの変更予測手法を用いた自動プログラム修正の高速化手法," 修士学位論文, 大阪大学 大学院情報科学研究科, 2017年.
2016
論文誌
[1] 佐飛祐介, 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, "コードクローンとロジカルカップリングを用いた文字列検索ツールの出力順序の並べ替え," コンピュータソフトウェア, volume 33, number 3, pages 74-80 2016年8月.
[2] 鷲見創一, 肥後芳樹, 堀田圭佑, 楠本真二, "自動プログラム修正の修正可能バグ数に関する考察," コンピュータソフトウェア, volume 33, number 3, pages 81-87 2016年8月.
[3] 高 良多朗, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二, "複数メソッド上に解離したコードクローンの検出手法," 電子情報通信学会論文誌D, volume J99-D, number 6, 2016年6月.
[4] 石原 知也, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "書き忘れたコードに対するコード補完について," 電子情報通信学会論文誌D, volume J99-D, number 4, pages 415-427 2016年4月.
表彰・受賞
[1] 大谷明央, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソフトウェアシンポジウム2016最優秀論文賞," , 2016年9月.
[2] 肥後 芳樹, "2015年度長尾真記念特別賞," , 2016年6月.
国際会議
[1] Hiroki Nakajima, Yoshiki Higo, Haruki Yokoyama, and Shinji Kusumoto, "Toward Developer-like Automated Program Repair ―Modification Comparisons between GenProg and Developers―," In Proceedings of the 23rd Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2016), pages 241-248 December 2016.
[2] Hiroyuki Kirinuki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Splitting Commits Via Past Code Changes," In Proc. of the 23rd Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2016), pages 129-136 December 2016.
[3] Naoto Ogura, Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Hey! Are You Injecting Side Effect?: a Tool for Detecting Purity Changes in Java Methods," In Proc. of 24th IEEE International Conference on Program Comprehension (ICPC2016), May 2016.
[4] Yusuke Yuki, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, "Generating Clone References with Less Human Subjectivity," In Proc. of the 24th IEEE International Conference on Program Comprehension, May 2016.
[5] Haruki Yokoyama, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, Takafumi Ohta, Kozo Okano, , and Shinji Kusumoto, "Toward Improving Ability to Repair Bugs Automatically –A Patch Candidate Location Mechanism Using Code Similarity–," In 31st ACM Symposium on Applied Computing, pages 1364-1370 April 2016.
[6] Ryotaro Kou, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "A Capable Crossover Technique on Automatic Program Repair," In Ryotaro Kou, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, editor, Proc. of 7th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP), pages 045-050 March 2016.
[7] Kento Shimonaka, Soichi Sumi, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Identifying Auto-Generated Code by Using Machine Learning Techniques," In Kento Shimonaka, Soichi Sumi, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, editor, Proc. of 7th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP), pages 018-023 March 2016.
国内会議(査読付き)
[1] 下仲健斗, 鷲見創一, 肥後芳樹, 楠本真二, "機械学習を利用した構文情報に基づく自動生成ファイルの特定," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016予稿集, pages 86-93 2016年9月.
[2] 大谷明央, 肥後芳樹, 楠本真二, "編集スクリプトへのコピーアンドペースト操作の導入によるコード差分の理解向上の試み," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016予稿集, pages 4-13 2016年9月.
研究会・全国大会等
[1] 中島弘貴, 松尾裕幸, まつ本真佑, 楠本真二, "Web広告が閲覧デバイスに与える副作用の実証的調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 287, pages 39-44 2016年11月.
[2] 幸 佑亮, 肥後芳樹, 楠本真二, "多粒度コードクローン検出手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 277, pages 67-72 2016年10月.
[3] 鷲見 創一, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "ソースコードの変更予測手法による自動プログラム修正の高速化," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 277, pages 73-78 2016年10月.
[4] 小倉直徒, まつ本真佑, 畑秀明, 楠本真二, "共同開発環境におけるコーディングスタイルの変更に関する調査," 電子情報通信学会技術報告, volume 116, number 277, pages 103-108 2016年10月.
[5] 山田 悠斗, 江川 翔太, 角田 雅照, 楠本 真二, ISBSGデータを用いた見積もり研究に対するIPA/SECデータを用いた追試, ソフトウェア・シンポジウム2016, 2016年.
[6] 山本将弘, 横山晴樹, 肥後芳樹, 楠本真二, "再利用に基づく自動プログラム修正における更新順を用いた挿入候補の絞込の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 508, pages 79--84 2016年3月.
[7] 幸 佑亮, 肥後 芳樹, 堀田 圭佑, 楠本 真二, "集約されたメソッドを利用したコードクローンベンチマークの作成," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 508, pages 73-78 2016年3月.
[8] 中島 弘貴, 横山 晴樹, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "開発者と自動プログラム修正手法による修正の差異の調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 508, pages 67-72 2016年3月.
[9] 肥後芳樹, 村上寛明, 楊嘉晨, まつ本真佑, 楠本真二, 三宅武司, 藤波崇志, 石橋昭, 星野隆, "コードクローンメトリクスとプロジェクトデータ間の相関分析 —同一仕様プロジェクト群を対象として—," 電子情報通信学会技術報告, volume 115, number 508, pages 127-132 2016年3月.
[10] 高 良多朗, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "選択的交叉を用いた遺伝的プログラミングに基づく自動修正手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 420, pages 171-175 2016年1月.
[11] 下仲 健斗, 鷲見 創一, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "機械学習を用いた自動生成コードの特定," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 419, pages 165-170 2016年1月.
学位論文
[1] Hiroaki Murakami, "Fast and Precise Token-Based Code Clone Detection," Ph.D. thesis, Osaka University, 2016.
[2] 大谷明央, "コピーアンドペーストを考慮したEdit Scriptの生成," 修士学位論文, 大阪大学, 2016年.
[3] 江川 翔太, "見積もり研究における外的妥当性の調査を目的とした系統的レビューと追試," 修士学位論文, 大阪大学, 2016年.
[4] 下仲 健斗, "機械学習を利用した構文情報に基づく自動生成ファイルの特定 -パーサジェネレータ生成ファイルへの適用-," , 2016年2月.
[5] 山本 将弘, "自動プログラム修正における更新履歴データを用いた挿入候補選択手法," , 2016年2月.
[6] 高 良多朗, "遺伝的プログラミングにおける選択的交叉を用いた自動プログラム修正手法," 修士学位論文, 大阪大学 大学院情報科学研究科, 2016年.
[7] 山田 悠斗, "ISBSGリポジトリを用いた見積もり研究に対する追試," , 2016年2月.
[8] 中島 弘貴, "開発者とGenProgによるソースコード修正の比較調査," , 2016年2月.
2015
論文誌
[1] 江川 翔太, 岡野 浩三, 楠本 真二, "ソフトウェア文書匿名化ツールの試作," 電子情報通信学会論文誌D, volume J98-D, number 11, pages 1419-1422 2015年11月.
[2] Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Classification Model for Code Clones Based on Machine Learning," In Empirical Software Engineering, volume 20, number 4, pages 1095-1125 August 2015.
[3] 山内健二, 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "識別子名を用いたコミットのクラスタリング手法," 電子情報通信学会論文誌D, volume J98-D, number 6, pages 1060-1062 2015年6月.
[4] 今里文香, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "機械学習を利用した危険なコードクローンの予測手法," 電子情報通信学会論文誌D, volume J98-D, number 5, pages 847-850 2015年5月.
[5] 堀田圭佑, 楊嘉晨, 肥後芳樹, 楠本真二, "粗粒度なコードクローン検出手法の精度に関する調査," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 580-592 2015年2月.
[6] 岡本周之,藤原貴之,楠本真二,岡野浩三, "プラットフォーム依存種検索によるソースコードからのプラットフォーム依存部抽出手法," SEC journal, volume 10, number 5, 2015年1月.
表彰・受賞
[1] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "情報処理学会論文賞," , 2015年6月.
[2] 大谷明央, 石原知也, 肥後芳樹, 楠本真二, "電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会研究奨励賞," , 2015年5月.
[3] 今里文香, "平成26年度 大阪大学情報科学研究科賞," , 2015年3月.
[4] 村上寛明, "情報処理学会山下記念研究賞," , 2015年3月.
国際会議
[1] Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Towards Purity-Guided Refactoring in Java," In 31st International Conference on Software Maintenance and Evolution, pages 521-525 October 2015.
[2] Soichi Sumi, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, "Toward Inproving Graftability on Automated Program Repair," 31st International Conference on Software Maintenance and Evolution, pages 511-515 October 2015.
[3] Yoshiki Higo, Akio Ohtani, Shinpei Hayashi, Hideaoki Hata, and Shinji Kusumoto, "Toward Reusing Code Changes," In Proc. of the 12th Working Conference of Mining Software Repositories (MSR 2015), pages 372-376 May 2015.
[4] Yusuke Sabi, Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Reordering Results of Keyword-Based Code Search for Supporting Simultaneous Code Changes," In Proc. of the 23rd IEEE International Conference on Program Comprehension, pages 289-290 May 2015.
[5] Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Clonepacker: a Tool for Clone Set Visualization," In Proc. of the 22nd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2015), pages 474-478 March 2015.
[6] Akio Ohtani, Yoshiki Higo, Tomoya Ishihara, and Shinji Kusumoto, "On the Level of Code Suggestion for Reuse," In Proc. of the 9th International Workshop on Software Clones (IWSC 2015), pages 26-32 March 2015.
[7] Takafumi Ohta, Hiroaki Murakami, Hiroshi Igaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Source Code Reuse Evaluation by Using Real/Potential Copy and Paste," In Proc. of the 9th International Workshop on Software Clones (IWSC 2015), pages 33-39 March 2015.
[8] Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Revealing Purity and Side Effects on Functions for Reusing Java Libraries," In 14th International Conference on Software Reuse, volume LNCS 8919, pages 314-329 January 2015.
[9] Tomoya Ishihara, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "How Often Is Necessary Code Missing? — a Controlled Experiment," In 14th International Conference on Software Reuse, volume LNCS 8919, pages 156-163 January 2015.
国内会議(査読付き)
[1] 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, "Circle Packingを用いたコードクローン可視化手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015, pages 6-16 2015年9月.
[2] 佐飛祐介, 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, "コードクローンとロジカルカップリングを用いた文字列検索ツールの出力順序の並べ替え," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015, pages 115-120 2015年9月.
[3] 肥後 芳樹, "コードクローン研究のこれまでとこれから," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015, page 4 2015年9月.
研究会・全国大会等
[1] 古田雄基, 肥後芳樹, 楠本真二, 工数予測支援ツールe3の実用性評価と機能拡張, ソフトウェア信頼性研究会第11回ワークショップ(FORCE 2015), 2015年.
[2] Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Memoization Refactoring Based on Purity Analysis," 電気情報通信学会技術研究報告, number 248, volume 115, pages 47-52, 電気情報通信学会, October 2015.
[3] 小倉 直徒, 楊 嘉晨, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "Javaメソッドの純粋性の変化と不具合の混入および除去に関する調査," FIT2015 第14回情報科学技術フォーラム 講演論文集, volume 1, pages 187-188 2015年9月.
[4] 古田 雄基, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "工数予測支援ツールe3の機能拡張と追加評価," FIT2015 第14回情報科学技術フォーラム 講演論文集, volume 1, pages 165-166 2015年9月.
[5] 鷲見 創一, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "自動バグ修正における対応可能バグ数の拡充に向けて―大規模データセットを用いるアプローチのフィージビリティ調査―," 電気情報通信学会技術研究報告, number 153, volume 115, pages 131-136, 電気情報通信学会, 2015年7月.
[6] 横山 晴樹, 大田 崇史, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 岡野 浩三, 楠本 真二, "再利用に基づく自動バグ修正における再利用候補の絞込に向けた調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 20, pages 047-052 2015年5月.
[7] 切貫 弘之, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "相関ルールマイニングを用いたソースコードの修正候補の推薦," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 510, pages 67-72 2015年3月.
[8] 楠 野明, 岡野 浩三, 楠本 真二, "シーケンス図が持つメッセージ順序の曖昧性除去手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 510, 2015年3月.
[9] 森脇匠哉, 堀田圭佑, 井垣宏, 井上克郎, 楠本真二, "複数のプロジェクトを対象としたクローンの系譜にもとづくソースコード再利用分析手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 510, pages 61-66 2015年3月.
[10] 肥後芳樹, 堀田圭佑, 村上寛明, 楠本真二, 中村伸裕, 加藤孝則, 牟田幸功, 西川憲二, "派生開発ソフトウェア群に対するコードクローン分析技術の適用事例," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 416, pages 7-12 2015年1月.
[11] 大坂陽, 亀井靖高, 堀田圭佑, 鵜林尚靖, "コードクローン解析に対するスーパーコンピュータ導入に向けた試行実験," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 416, pages 13-18 2015年1月.
学位論文
[1] 切貫弘之, "相関ルールを用いたソースコード修正候補の推薦," 修士学位論文, 大阪大学, 2015年.
[2] 横山 晴樹, "コード片再利用に基づいたプログラム自動修正に対する再利用候補限定に向けた調査," , 2015年2月.
[3] 古田 雄基, "e3の機能拡張と追加評価," , 2015年2月.
[4] 大田 崇史, "指向性ランダム探索によるプログラム自動修正," 修士学位論文, 2015年2月.
[5] 小倉 直徒, "メソッド純粋性の変化に伴う不具合に関する調査," , 2015年2月.
[6] 楠 野明, "非同期モデルのシーケンス図に含まれるメッセージ順序の曖昧性除去手法," 修士学位論文, 大阪大学, 2015年.
[7] 佐飛 祐介, "ソースコード修正漏れ防止を目的とした同時変更箇所検索ツールの出力結果の並べ替え," , 2015年2月.
[8] 今里文香, "構文情報を用いた機械学習に基づくリファクタリング箇所の推薦 ―メソッド抽出リファクタリングへの適用―," 修士学位論文, 大阪大学, 2015年.
[9] 藤田悠矢, "JavaにおけるhashCodeメソッドの整合性検査手法の精度に関する調査および改善案の提案," 修士学位論文, 大阪大学, 2015年.
[10] 溝曽路 貴雅, "リポジトリ解析におけるメソッド追跡精度向上のための正規化手法," 修士学位論文, 大阪大学, 2015年.
2014
論文誌
[1] 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, "ギャップの位置情報を追加した正解クローンの作成," 電子情報通信学会論文誌D, volume J97-D, number 9, pages 1537-1540 2014年9月.
[2] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "CRDを用いたコードクローンの生存期間と修正回数に関する調査," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 2, pages 947-958 2014年2月.
[3] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "Smith-Watermanアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン検出," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 2, 981-993 2014年2月.
[4] 今里文香, 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソースコード中に含まれる繰り返しコードの進化に関する調査," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 2, pages 959-970 2014年2月.
[5] 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, "プログラム文の並べ替えに基づくソースコードの可読性向上の試み," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 2, pages 939-946 2014年2月.
[6] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "生成抑止,分析効率化,不具合検出を中心としたコードクローン管理支援技術に関する研究動向," コンピュータソフトウェア, volume 31, number 1, pages 14-29 2014年2月.
[7] 中村伸裕, 谷本收, 楠本真二, "ソフトウェアプロダクトラインのエンタープライズ・システムへの適用と評価," SEC journal, volume 9, number 4, pages 194-201 2014年1月.
[8] 高先 修平, 井垣 宏, 肥後 芳樹, 楠本 真二 , "タスクボードとオンラインストレージを用いたソフトウェア開発PBLのためのタスク記録支援環境の構築," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 1, pages 199-209 2014年1月.
表彰・受賞
[1] 堀田圭佑, "情報処理学会研究会推薦博士論文," , 2014年7月.
[2] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会研究奨励賞," , 2014年5月.
[3] 村上寛明, "IEEE関西支部学生研究奨励賞," , 2014年2月.
[4] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文," , 2014年2月.
[5] 高先 修平, 井垣 宏, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文," , 2014年1月.
国際会議
[1] Hiroaki Murakami, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Predicting Next Changes at the Fine-Grained Level," In Proceedings of the 21st Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2014), pages 126-133 December 2014.
[2] Ayaka Imazato, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Prediction Risky Clones Based on Machine Learning," In Proc. of the 15th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES2014), pages 294--297 December 2014.
[3] Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, "How Should We Measure Functional Sameness from Program Source Code? an Exploratory Study on Java Methods," In In Proc. of the 22nd International Symposium on the Foundations of Software Engineering (FSE2014), pages 294-305 November 2014.
[4] Kenji Yamauchi, Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Clustering Commits for Understanding the Intents of Implementation," In Proceedings of the 30th International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME 2014), pages 406-410 October 2014.
[5] Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, "Mpanalyzer: a Tool for Finding Unintended Inconsistencies in Program Source Code," In Proc. of the 29th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE2014), pages 843-846 September 2014.
[6] Hiraoki Shimba, Takafumi Ohta, Hiroki Onoue, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Formal Verification Technique for Consistency Checking between Equals and Hashcode Methods in Java," In IWIN2014, September 2014.
[7] Hiroshi Igaki, Naoki Fukuyasu, Sachio Saiki, Shinsuke Matsumoto, and Shinji Kusumoto, "Quantitative Assessment with Using Ticket Driven Development for Teaching Scrum Framework," In Proceedings of the 2014 International Conference on Software Engineering(ICSE2014), June 2014.
[8] Hiroyuki Kirinuki, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, "Hey! Are You Committing Tangled Changes?," In Proceedings of the 22nd International Conference on Program Comprehension(ICPC2014), pages 262-265 June 2014.
[9] Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "A Dataset of Clone References with Gaps," In Proc. of the 11th Working Conference on Mining Software Repositories, pages 412-415 May 2014.
[10] Keisuke Hotta, Jiachen Yang, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "How Accurate Is Coarse-Grained Clone Detection?: Comparison with Fine-Grained Detectors," In Proc. of the 8th International Workshop on Software Clones (IWSC 2014), pages 1-18 February 2014.
[11] Shuhei Kimura, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Does Return Null Matter?," In IEEE Conference on Software Maintenance, Reengineering, and Reverse Engineering (CSMR-WCRE), pages 244-253 February 2014.
[12] Takuya Moriwaki, Yuki Yamanaka, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Towards an Analysis of Who Creates Clone and Who Reuses It," In Proceedings of the 8th International Workshop on Software Clones (IWSC 2014), February 2014.
国内会議(査読付き)
[1] 切貫弘之, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "修正履歴情報を利用したコミット分割支援手法の提案," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014, 2014年9月.
研究会・全国大会等
[1] 江川 翔太, 岡野 浩三, 楠本 真二, ソフトウェア開発ドキュメント匿名化ツールの試作, ソフトウェア信頼性研究会第10回ワークショップ(FORCE 2014), 2014年.
[2] 大坂陽, 亀井靖高, 堀田圭佑, 鵜林尚靖, "ソフトウェア工学研究に対するHPC利用の効果 -コードクローン研究の事例を通して-," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014 ポスターセッション, 2014年9月.
[3] 今里文香, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "機械学習を用いたコードクローンの危険予測," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 127, pages 129-134 2014年7月.
[4] 大田崇史, 井垣宏, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソフトウェア開発におけるコピーアンドペーストで生じたコード片に対する調査," 電子情報学会技術研究報告, volume 114, number 127, 2014年7月.
[5] 江川 翔太, 岡野 浩三, 楠本 真二, ソフトウェア開発ドキュメント匿名化ツールの試作とその評価, ソフトウェア・シンポジウム2014, 2014年.
[6] 高 良多朗, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二, "処理の委譲の有無に基づくリファクタリング支援手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 23, pages 007-012 2014年5月.
[7] 大谷明央, 石原知也, 肥後芳樹, 楠本真二, "再利用実績を持つコード片の再利用におけるプログラム構造を考慮した再利用候補の提示," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 23, pages 31-36 2014年5月.
[8] Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Identifying Cross-Function Side Effects Using Static Analysis," In 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 23, pages 25-30 May 2014.
[9] 堀田圭佑, 楊嘉晨, 肥後芳樹, 楠本真二, "粗粒度なコードクローン検出手法の精度評価," 情報処理学会研究報告, volume 2014-SE-183, number 6, pages 1-8 2014年3月.
[10] 梅川 晃一, 井垣 宏, 吉田 則裕, 井上 克郎, "細粒度作業履歴を用いたTask Level Commit支援手法の提案," 信学技報 SS2013-82, volume 113, number 489, pages 61-66 2014年3月.
[11] 榛葉 浩章, 尾ノ上 博樹, 岡野 浩三, 楠本真二, "JavaにおけるequalsメソッドとhashCodeメソッドの整合性の検査手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 489, pages 19-24 2014年3月.
[12] 木村秀平, 肥後芳樹, 楠本真二, "リポジトリマイニングを用いたリファクタリングが開発に与える影響の測定," 電子情報通信学会技術研究報告, 2014年3月.
[13] 石原知也, 肥後芳樹, 楠本真二, "コードクローンを用いたコード補完手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, 2014年3月.
[14] 山内 健二, 楊 嘉晨, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 楠本真二, "コード内に出現する識別子情報に基づくコミット分類," 電子情報通信学会技術研究報告, 2014年3月.
[15] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソースコードの自動進化に向けて," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 422, 107-112 2014年1月.
[16] 堀田圭佑, "コードクローンの特性に対する開発者の熟練度に関する調査に向けて," ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集, volume 2014, pages 17-18 2014年1月.
[17] 井垣 宏, 福安 直樹, 楠本 真二, "Immutable Infrastructureを利用したソフトウェア工学教育のためのサーバ運用手法の検討," ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集, pages 79-80 2014年1月.
学位論文
[1] 佐々木 幸広, "プログラム解析を目的としたループ実行前後の変数間に成り立つ写像導出," 修士学位論文, 2014年2月.
[2] 尾ノ上 博樹, "JavaにおけるequalsメソッドとhashCodeメソッドの検査ツールの実装と評価," , 2014年2月.
[3] 榛葉 浩章, "JavaにおけるequalsメソッドとhashCodeメソッドの整合性の検査," 修士学位論文, 大阪大学, 2014年.
[4] 木村 秀平, "Evaluating the Effect of Return Null on Maintenance," 修士学位論文, 大阪大学 大学院情報科学研究科, 2014年.
[5] 石原知也, "コードクローンを用いたコード補完," 修士学位論文, 大阪大学, 2014年.
[6] 高 良多朗, "処理の委譲の有無に基づく一貫性が欠如したコードの特定," , 2014年2月.
[7] 大谷 明央, "再利用実績に基づくコード片検索におけるプログラム構造を考慮した検索結果の提示," , 2014年2月.
[8] 山内 健二, "ソースコード中の識別子情報にもとづくコミット分類の提案と評価," , 2014年2月.
[9] 江川 翔太, "ソフトウェア開発ドキュメント匿名化ツールの試作とその評価," , 2014年2月.
[10] 中村伸裕, "エンタープライズ・システム開発における品質・コスト・納期の改善に関する研究," 博士学位論文, 大阪大学, 2014年.
2013
論文誌
[1] 佐々木唯, 石原知也, 堀田圭佑, 畑秀明, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "メトリクス計測の前処理となるソースコード簡略化手法の提案と評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 11, pages 2634-2645 2013年11月.
[2] 長瀬義大, 石原知也, 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "主要処理に着目したメソッド単位のコードクローン検出," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 11, pages 2669-2680 2013年11月.
[3] 小林和貴, 佐々木幸広, 岡野浩三, 楠本真二, "PDGとSMTソルバを利用した表明自動導出手法の提案と評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 11, pages 2657-2668 2013年11月.
[4] 木村秀平, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "メソッド呼び出し履歴のフェイズ分割を用いた Move Method リファクタリング," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 11, pages 2864-2865 2013年11月.
[5] 中村伸裕, 服部悦子, 永田菜生, 楠本真二, "システム価値向上を目的としたScrumの試行・評価," SEC journal, volume 9, number 3, pages 110-117 2013年10月.
[6] 中村伸裕, 高橋覚, 楠本真二, "管理図を用いた欠陥管理システムによる品質改善とその効果," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 10, pages 2214-2225 2013年10月.
[7] 森恵弥佳, 岡野浩三, 楠本真二, "Alloy Analyzerを用いた表明に関する欠陥の検出手法 -JMLによる表明記述に対して-," コンピュータソフトウェア, volume 30, number 3, pages 187-193 2013年8月.
[8] 肥後芳樹, 楠本真二, "コード修正履歴情報を用いた修正漏れの自動検出," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 5, pages 1686-1696 2013年5月.
[9] 小笠原 貴洋, 井垣 宏, 井上 亮文, 星 徹, "屋内位置情報基盤構築支援システムVELSY," ヒューマンインタフェース学会論文誌, volume 15, number 2, pages 131-150 2013年5月.
[10] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "Template Method パターン適用支援手法の類似メソッド群への拡張," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 2, pages 362-364 2013年2月.
[11] 石原 知也, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二 , "大規模なソフトウェア群を対象とするメソッド単位でのコードクローン検出," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 835-844 2013年2月.
[12] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出ツールの実装と評価," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 845-856 2013年2月.
[13] 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "機械学習を用いた類似度に基づく有用なコードクローンの自動特定手法," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 807-819 2013年2月.
[14] 畑秀明, 肥後芳樹, 楠本真二, "リポジトリマイニング可能なコードクローン版管理システムの提案," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 894-902 2013年2月.
[15] 井垣 宏, 齊藤 俊, 井上 亮文, 中村 亮太, 楠本 真二, "プログラミング演習における進捗状況把握のためのコーディング過程可視化システムC3PVの提案," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 1, pages 330-339 2013年1月.
[16] Kentaro Hanada, Hiroaki Shimba, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Implementation of a Prototype Bi-Directional Translation Tool between Ocl and Jml," International Journal of Informatics Society (IJIS), volume 5, 2013.
表彰・受賞
[1] Tetsuo Yamamoto, Norihiro Yoshida, and Yoshiki Higo, "Iwesep2013 Best Paper Award," , December 2013.
[2] 堀田圭佑, "ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013 学生奨励賞," , 2013年9月.
[3] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013 最優秀論文賞," , 2013年9月.
[4] 肥後芳樹, "平成25年度 第2回大阪大学総長奨励賞," , 2013年8月.
[5] 花田健太郎, "平成24年度 大阪大学情報科学研究科賞," , 2013年3月.
[6] 堀田圭佑, "IEEE関西支部学生研究奨励賞," , 2013年2月.
[7] 肥後芳樹, "IEEE関西支部GOLD賞," , 2013年2月.
国際会議
[1] Hiroaki Shimba, Kentaro Hanada, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Bidirectional Translation between Ocl and Jml for Round-Trip Engineering," In 5th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2013), pages 49-54 December 2013.
[2] Noa Kusunoki, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "How Much Do Code Repositories Include Peripheral Modifications?," In 5th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2013), pages 19-24 December 2013.
[3] Tetsuo Yamamoto, Norihiro Yoshida, and Yoshiki Higo, "Seamless Code Reuse Using Source Code Corpus," In Proc. of the 5th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, pages 31-36 December 2013.
[4] Tomoya Ishihara, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Reusing Reused Code," In Proc. of the 20th Working Conference on Reverse Engineering(WCRE2013), pages 457-461 October 2013.
[5] Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, "Enhancement of Crd-Based Clone Tracking," In Proc. of the 13th International Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE2013), pages 28-37 August 2013.
[6] Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, "Identifying Duplicate Code Removal Opportunities Based on Co-Evolution Analysis," In Proc. of the 13th International Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE2013), pages 63-67 August 2013.
[7] Ayaka Imazato, Yui Sasaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "“Improving Process of Source Code Modification Focusing on Repeated Code," In Proc. of the 14th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES2013), pages 298-312 June 2013.
[8] Yui Sasaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Reordering Program Statements for Improving Readability," In proceedings of the 17th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR2013), pages 361-364 March 2013.
[9] Yuko Muto, Yukihiro Sasaki, Takafumi Ohta, Kozo Okano, Shinji Kusumoto, , and Kazuki Yoshioka, "Variable Coverage: a Metric to Evaluate the Exhaustiveness for Program Specifications Based on Dbc," International Workshop on Informatics 2013, pages 123-132 2013.
国内会議(査読付き)
[1] 佐々木 幸広, 岡野 浩三, 楠本 真二, "SMTソルバと統計解析を用いたJavaプログラム解析器の提案," ソフトウェア工学の基礎XX(日本ソフトウェア科学会FOSE 2013), 2013年11月.
[2] 榛葉浩章, 岡野浩三, 楠本真二, "制約記述言語OCLとJMLの双方向変換手法の提案 ," ソフトウェア工学の基礎XX(日本ソフトウェア科学会FOSE 2013), 2013年11月.
[3] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "CRDを用いたコードクローンの生存期間と修正回数に関する調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, F03:1-F03:8 2013年9月.
[4] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "Smith-Watermanアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン検出," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, F10:1-F10:8 2013年9月.
[5] 木村 秀平, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二 , "null返り値が保守作業に与える悪影響の調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, F02:1-F02:8 2013年9月.
[6] 佐々木唯,肥後芳樹,楠本真二, "プログラム文の並び替えに基づくソースコードの可読性向上の試み," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, S03:1-S03:6 2013年9月.
研究会・全国大会等
[1] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "精度向上および高速化を目的としたギャップを含むコードクローン検出手法の提案," ソフトウェア信頼性研究会第9回ワークショップ, 2013年12月.
[2] 石原知也, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "再利用実績に基づいたコード片検索手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 269, pages 61-66 2013年10月.
[3] 切貫弘之, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソースコード中の変数間のデータ依存関係を用いたコミットの分割," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 269, pages 67-72 2013年10月.
[4] 中村匡秀, 井垣宏, 佐伯幸郎, まつ本真佑, 楠本真二, 上原邦昭, 井上克郎, "Cloud Spiralの取り組み," 日本ソ フトウェア科学会 30 回大会 (2013 年度) 講演論文集, 2013年9月.
[5] 佐々木 幸広, 岡野 浩三, 楠本 真二, PDGとSMTソルバを用いたJavaプログラム解析器の提案, SESワークショップ2013, 2013年.
[6] 井垣 宏, 福安 直樹, 佐伯 幸郎, まつ本 真佑, 楠本 真二, "PBL のための Scrum とチケット駆動開発の融合," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 2013 ワークショップ「開発マネジメントにおける産学の問題共有と連携強化」, 2013年8月.
[7] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "CRDの類似度に基づくコードクローン追跡手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 159, pages 127-132 2013年7月.
[8] 肥後芳樹, 楠本真二, "修正実績に基づく重複コード集約支援の試み," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 159, pages 121-126 2013年7月.
[9] 藤田悠矢, 岡野浩三, 楠本真二, "異なるスキーマ間に対応するSQL文の整合性のAlloy Analyzerを用いた一検証手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 159, pages 007-012 2013年7月.
[10] 細合晋太郎, 亀井靖高, 大迫周平, 井垣 宏, 鵜林尚靖, 福田 晃, "PBL への DaaS 開発環境の導入事例," 電子情報通信学会技術研究報告 SS2013-30, volume 113, number 159, pages 103-108 2013年7月.
[11] 伏田享平, 吉田則裕, 井垣宏, 大平雅雄, "第35 回ソフトウェア工学国際会議 (ICSE2013) 参加報告," 情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告, volume 2013-SE-181, number 14, pages 1-2 2013年7月.
[12] 楠 野明, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "修正の分類に基づいたコミット分割手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 24, pages 31-36 2013年5月.
[13] 今里文香, 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソースコード中に含まれる繰り返しコードの進化に関する調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 24, pages 49-54 2013年5月.
[14] 梅川 晃一, 井垣 宏, 吉田 則裕, 井上 克郎, "コーディングにおける細粒度作業履歴を用いた手戻り支援ツールの検討," 電子情報通信学会技術研究報告 SS2013-5, volume 113, number 24, pages 25-30 2013年5月.
[15] 森脇 匠哉, 井垣 宏, 山中 裕樹, 吉田 則裕, 井上 克郎, 楠本 真二, "ソフトウェアリポジトリにおけるコードクローン作成者・利用者関係分析手法とその適用," 電子情報通信学会技術研究報告 SS2013-7, volume 113, number 24, pages 37-42 2013年5月.
[16] 吉岡一樹, 岡野浩三, 楠本真二, "契約記述の変更傾向の開発履歴情報を用いた調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 457, pages 121-126 2013年3月.
[17] 井垣 宏, "ソフトウェアイノベーションプロジェクトにおけるPBL及びPBL教育のためのクラウドコンピューティング活用," 第2回PBLシンポジウム, 2013年3月.
[18] 堀口悟史, 井垣宏, 井上亮文, 星徹, 岡田謙一, "講義進捗状況の可視化によるプログラミング講義リフレクション支援の提案," 情報処理学会研究報告, volume 2013-GN-86, number 17, pages 1-6 2013年1月.
[19] 森恵弥佳, 岡野浩三, 楠本真二, "在庫管理プログラムに対する Alloy Analyzer を用いた検証事例," 情報処理学会シンポジウムシリーズ ウィンターワークショップ2013・イン・那須, volume 2013, number 1, pages 5-6 2013年1月.
学位論文
[1] Keisuke Hotta, "Efficient Code Clone Management Based on Historical Analysis and Refactoring Support," Ph.D. thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, 2013.
[2] 吉岡 一樹, "契約に基づく設計を用いたソフトウェアにおける開発履歴の実証的調査," 修士学位論文, 大阪大学, 2013年.
[3] 佐々木 唯, "プログラム構造に着目したソースコード理解性向上のためのリファクタリング支援手法," , 2013年2月.
[4] 森恵弥佳, "JMLによる仕様記述に対するAlloy Analyzerを用いた 検証手法の提案—在庫管理プログラムに対する適用—," , 2013年2月.
[5] 花田 健太郎, "ラウンドトリップエンジニアリングのためのソフトウェア制約記述言語双方向変換," 修士学位論文, 大阪大学, 2013年.
[6] 長瀬義大, "異常処理除去を追加したメソッドクローン検出手法の提案と評価," 修士学位論文, 大阪大学, 2013年.
[7] Hiroaki MURAKAMI, "Type-3 Code Clone Detection Using the Smith-Waterman Algorithm," Master thesis, Osaka University, 2013.
[8] Jiachen Yang, "Classification Model for Code Clones Based on Machine Learning," , February 2013.
[9] 楠 野明, "修正の分類に基づくリポジトリ再構築手法," , 2013年2月.
[10] 今里文香, ソースコード中に含まれる繰り返しコードの進化に関する調査, 卒業論文, 2013年.
Technical Report
[1] Yoshiki Higo, Hiroaki Murakami, and Shinji Kusumoto, "Revisiting Capabilities of Pdg-Based Clone Detection," Technical Report, Graduate School of Information Science and Techology, Osaka University, November 2013.
2012
解説
[1] 楠本 真二, 肥後 芳樹, "GQMパラダイムを用いたソフトウェアメトリクスの活用," コンピュータソフトウェア, volume 29, number 3, pages 29-38 2012年8月.
論文誌
[1] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いたコードクローンに対するテンプレートメソッドパターン適用支援手法," 電子情報通信学会論文誌D, volume J95-D, number 7, pages 1439-1453 2012年7月.
[2] Takuya Inada, Hiroshi Igaki, Kosuke Ikegami, Shinsuke Matsumoto, Masahide Nakamura, and Shinji Kusumoto, "Detecting Service Chains and Feature Interactions in Sensor-Driven Home Network Services," Sensors, volume 12, number 7, pages 8447-8464 June 2012.
[3] 畑 秀明, 水野 修, 菊野 亨, "開発履歴メトリクスを用いた細粒度な Fault-prone モジュール予測," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 6, 1635–1643 2012年6月.
[4] Keisuke Hotta, Yui Sasaki, Yukiko Sano, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "An Empirical Study on the Impact of Duplicate Code," Advances in Software Engineering, volume 2012, May 2012.
[5] 井垣 宏, 瀬戸 英晴, 福田 将之, まつ本 真佑, 中村 匡秀, "家庭における省エネ促進のための電力消費振り返りサービスの実装と評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J95-D, number 4, 2012年4月.
[6] 肥後芳樹, 植田泰士, 西野稔, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いた増分的なコードクローン検出," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 2, pages 601-611 2012年2月.
[7] 山本哲男, 吉田則裕, 肥後芳樹, "ソースコードコーパスを利用したシームレスなソースコード再利用法," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 2, pages 644-652 2012年2月.
[8] 堀口 悟史, 井垣 宏, 井上 亮文, 山田 誠, 星 徹, 岡田 謙一, "講義資料閲覧ログを用いたプログラミング講義進捗管理手法の提案," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 1, pages 61-71 2012年1月.
[9] 生方克馬, 柿元健, 楠本真二, "期待される精度の比較による適切な工数予測手法の判別を支援する工数予測ツール," 電子情報通信学会論文誌D, volume J95-D, number 4, 2012年.
表彰・受賞
[1] 肥後 芳樹, 楠本 真二, "ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012 最優秀論文賞," , 2012年8月.
[2] 畑秀明, "情報処理学会 2012年度コンピュータサイエンス領域奨励賞," , 2012年8月.
[3] 堀田圭佑, "平成23年度 大阪大学情報科学研究科賞," , 2012年3月.
[4] Kentaro Hanada, "Iwin2012 Student Award," , 2012.
国際会議
[1] Yui Sasaki, Tomoya Ishihara, Keisuke Hotta, Hideaki Hata, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Preprocessing of Metrics Measurement Based on Simplifying Program Structures," In International Workshop on Software Analysis, Testing and Applications, pages 120-127 December 2012.
[2] Norhiro Yoshida, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "An Experience Report on Analyzing Industrial Software Systems Using Code Clone Detection Techniques," In the 19th Asia-Pacific Software Engineering Conference, pages 310-313 December 2012.
[3] Tomoya Ishihara, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Inter-Project Functional Clone Detection Toward Building Libraries - an Empirical Study on 13,000 Projects -," In 19th Working Conference on Reverse Engineering, pages 387-391 October 2012.
[4] Kentaro Hanada, Hiroaki Shimba, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto , "A Bi-Directional Translation Tool between Ocl and Jml Considering Reverse Translation," In The 4th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2012), poster presentation October 2012.
[5] Kentaro Hanada, Hiroaki Shinba, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Implementation of a Prototype Bi-Directinal Translation Tool between Ocl and Jml," International Workshop on Informatics 2012, pages 121-127 September 2012.
[6] Kozo Okano, Toshifusa Sekizawa, Hiroaki Shimba, Hideki Kawai, Kentaro Hanada, Yukihiro Sasaki, and Shinji Kusumoto, "Verification of Safety Property of Line Tracer Program Using Timed Automaton Model," International Workshop on Informatics 2012, pages 136-142 September 2012.
[7] Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, "How Often Do Unintended Inconsistencies Happen? — Deriving Modification Patterns and Detecting Overlooked Code Fragments—," In 28th IEEE International Conference on Software Maintenance, pages 222-231 September 2012.
[8] Hiroaki Murakami, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Folding Repeated Instructions for Improving Token-Based Code Clone Detection," In 12th International Working Conference on Source Code Analysis and Manipulation, pages 64-73 September 2012.
[9] Shuhei Kimura, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Move Code Refactoring with Dynamic Analysis," In 2012 International Conference on Software Maintenance, pages 575-578 September 2012.
[10] Umekawa Kohichi, Hiroshi Igaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "A Study of Student Experience Metrics for Software Development PBL," In Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel Distributed Computing (SNPD), 2012 13th ACIS International Conference on, 465 -469 August 2012.
[11] Naoki Fukuyasu, Sachio Saiki, Hiroshi Igaki, and Yuki Manabe, "Experimental Report of the Exercise Environment for Software Development Pbl," In Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel Distributed Computing (SNPD), 2012 13th ACIS International Conference on, 482 -487 August 2012.
[12] Hideaki Hata, Osamu Mizuno, and Tohru Kikuno, "Bug Prediction Based on Fine-Grained Module Histories," In Proc. of 34th International Conference on Software Engineering (ICSE2012), pages 200-210 June 2012.
[13] Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Filtering Clones for Individual User Based on Machine Learning Analysis," In Proc. of the 6th International Workshop on Software Clones (IWSC2012), pages 76-77 June 2012.
[14] Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "CRat: A Refactoring Support Tool for Form Template Method," In Proc. of the 20th International Conference on Program Comprehension (ICPC2012), pages 250-252 June 2012.
[15] Katsuro Inoue, Yoshiki Higo, Norihiro Yoshida, Eunjong Choi, Shinji Kusumoto, Kyonghwan Kim, Wonjin Park, and Eunha Lee, "Experience of Finding Inconsistently-Changed Bugs in Code Clones of Mobile Software," In the 6th International Workshop on Software Clones (IWSC2012), pages 94-95 June 2012.
[16] Kentaro Hanada, Kozo Okano, Shinji Kusumoto, and Kiyoyuki Miyazawa, "Practical Application of a Translation Tool from Uml/Ocl to Java Skeleton with Jml Annotation," In 14th International Conference on Enterprise Information Systems, pages 389-394 June 2012.
[17] Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Identifying, Tailoring, and Suggesting Form Template Method Refactoring Opportunities with Program Dependence Graph," In Proc. of the 16th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR2012), pages 53-62 March 2012.
国内会議(査読付き)
[1] 福安 直樹, 井垣 宏, 佐伯 幸郎, 眞鍋 雄貴, 楠本 真二, 井上 克郎, "ソフトウェア開発PBLにおけるタスク記録の修正に基づく振り返り手法の提案," ソフトウェア工学の基礎XIX(日本ソフトウェア科学会FOSE 2012), レクチャーノート/ソフトウェア学38, pages 183-188 2012年12月.
[2] 佐々木 幸広, 岡野 浩三, 楠本 真二, "SMTを活用したJava プログラム解析器の設計," ソフトウェア工学の基礎XIX, pages 33-38 2012年12月.
[3] 肥後 芳樹, 楠本 真二, "開発履歴情報を用いた修正漏れの検出," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012, 28:1-28:8 2012年8月.
[4] 畑 秀明, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "リポジトリマイニング可能なコードクローン版管理システムの提案," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012, 20:1-20:8 2012年8月.
[5] 楊 嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "機械学習に基づく有用なコードクローンの自動特定手法," ソフトウェア・エンジニアリングシンポジウム2012, 21:1-21:8 2012年8月.
[6] 吉田則裕, 崔恩瀞, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "産学連携による携帯端末用ソフトウェアに対する 品質改善の取り組み," ソフトウェア・エンジニアリングシンポジウム2012, 9:1-9:6 2012年8月.
[7] 小笠原 貴洋, 井垣 宏, 井上 亮文, 星 徹, "屋内位置情報サービス開発支援環境の構築," インタラクション2012インタラクティブ発表1, pages 331-336 2012年3月.
研究会・全国大会等
[1] 佐伯幸郎, 井垣 宏, 福安直樹, まつ本真佑, 楠本真二, "ソフトウェア開発PBLのためのDaaSを利用した開発環境の構築," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 299, pages 13-18 2012年11月.
[2] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "オープンソースソフトウェアにおけるコードクローンの消失に関する調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 275, pages 111-116 2012年11月.
[3] 長瀬義大, 堀田圭佑, 石原知也, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "異常処理を考慮したメソッド単位のコードクローン検出," ソフトウェア信頼性研究会第8回ワークショップ, 2012年11月.
[4] 谷口 禎英, 堀口悟史, 井上 亮文, 井垣 宏, 星 徹, "書き込みの時間軸表示によるホワイトボードログの振り返り支援システムの実装," 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), volume 2012-GN-85, number 29, pages 1-6 2012年9月.
[5] 小笠原 貴洋, 井垣 宏, 井上 亮文, 星 徹, "屋内位置情報サービス構築支援システムVELSYとその評価," 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), volume 2012-GN-85, number 1, pages 1-8 2012年9月.
[6] 吉岡一樹,岡野浩三,楠本真二, "OCLとの比較を用いた形式仕様記述言語JMLの品質評価メトリクスの提案," ソフトウェアエンヂニアリングシンポジウム2012ワークショップ形式手法の今と未来, 2012年8月.
[7] 眞鍋 雄貴, 井垣 宏, 福安 直樹, 佐伯 幸郎, 楠本 真二, 井上 克郎, "ソフトウェア開発PBLにおける正確な根拠に基づいた振り返りのためのプロジェクトロギングにおけるエラー検出支援," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012ワークショップ「ソフトウェア開発マネジメントの実践と課題」, 2012年8月.
[8] 眞鍋雄貴, 井垣宏, 福安直樹, 佐伯幸郎, 楠本真二, 井上克郎, "細粒度プロジェクトモニタリングのためのDaaS を利用したソフトウェア開発PBL支援環境の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 164, SS2012-22, pages 73-78 2012年7月.
[9] 佐々木唯, 石原知也, 堀田圭佑, 畑秀明, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "プログラム構造の簡略化によるメトリクス計測方法の改善," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 164, pages 85-90 2012年7月.
[10] 木村 秀平, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二, "動的解析を用いたコード移動リファクタリングの支援," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 164, pages 97-102 2012年7月.
[11] 福安 直樹, 佐伯 幸郎, 水谷 泰治, 井垣 宏, 眞鍋 雄貴, "ソフトウェア開発PBLにおけるプロジェクトの可視化に基づく適応的な指導の実現," 教育システム情報学会研究報告, volume 26, number 7, pages 169-176 2012年3月.
[12] 石原知也, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "大規模ソフトウェア群に対するメソッド単位のコードクローン検出," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 111, number 481, pages 31-36 2012年3月.
[13] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 111, number 481, pages 25-30 2012年3月.
[14] 榛葉浩章, 花田健太郎, 岡野浩三, 楠本真二, "制約記述言語OCLとJMLのモデル駆動開発技法に基づいた双方向の変換手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 111, number 481, 2012年3月.
[15] 伏田 享平, 玉田 春昭, 井垣 宏, 藤原 賢二, 吉田 則裕, "プログラミング演習における初学者を対象としたコーディング傾向の分析," 信学技報, volume 111, number 481, pages 67-72 2012年3月.
[16] 齊藤 俊, 山田 誠, 井垣 宏, 楠本 真二, 井上 亮文, 星 徹, "プログラミング演習における受講生支援のためのコーディング過程可視化システムの提案," 電子情報通信学会技術研究報告, 2012年3月.
[17] 佐々木幸広, 小林和貴, 岡野浩三, 楠本真二, "SMTソルバーとPDG作成ツールを用いた Java のテストケース自動導出手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告 , volume 111 , number 481, pages 55-60 2012年2月.
[18] 井垣 宏, 楠本 真二, "ソフトウェアイノベーション先導のためのクラウドコンピューティングを対象とした教育プログラムの検討," 情報処理学会シンポジウムシリーズ ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖, volume 2012, number 1, pages 19-20 2012年1月.
[19] 吉岡一樹, 武藤祐子, 岡野浩三, 楠本真二, "JMLによって記述された契約に対する品質評価手法の在庫管理プログラムへの適用," 情報処理学会シンポジウムシリーズ ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖, volume 2012, number 1, pages 109-110 2012年1月.
[20] 花田 健太郎, 岡野 浩三, 楠本 真二, "OCLからJMLへのDSLを用いた変換ツールの試作型の実装," 情報処理学会シンポジウムシリーズ ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖, volume 2012, number 1, 2012年1月.
学位論文
[1] 梅川晃一, "ソフトウェア開発PBLにおける オンラインストレージを用いた学生評価メトリクスの提案," , 2012年2月.
[2] 小林和貴, "SMTソルバとPDGを利用したJava テストケース自動導出手法," 修士学位論文, 2012年2月.
[3] Keisuke Hotta, "A Refactoring Support for Form Template Method Using PDG-based Code Clone Detection," Master thesis, Osaka University, 2012.
[4] Yuko Muto, "Variable Coverage: a Metric to Evaluate the Exhaustiveness for Program Specifications Based on Dbc," Master thesis, Osaka University, 2012.
[5] 石原知也, "大規模データセットを対象とするメソッド単位でのコードクローン検出," , 2012年2月.
[6] 村上寛明, "ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の実装," , 2012年2月.
[7] 佐々木幸広, "Java の実行パスからパス実行可能性判定式への変換と SMTソルバによる求解," , 2012年2月.
[8] 榛葉浩章, "Java Modeling LanguageからObject Constraint Languageへのモデル変換技法に基づいた変換手法の提案," , 2012年2月.
2011
解説
[1] 肥後芳樹, 吉田則裕, "コードクローンを対象としたリファクタリング," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 4, pages 42-56 2011年11月.
[2] 神谷年洋, 肥後芳樹, 吉田則裕, "コードクローン検出技術の展開," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 3, pages 28-42 2011年8月.
論文誌
[1] 堀田圭佑, 佐野由希子, 肥後芳樹, 楠本真二, "修正頻度の比較に基づくソフトウェア修正作業量に 対する重複コードの影響に関する調査," 情報処理学会論文誌, volume 52, number 9, pages 2788-2798 2011年9月.
[2] Hiroshi Igaki, Takeshi Kakimoto, Yukio Saiki, Naoki Fukuyasu, Shinji Kawaguchi, Yasuhiro Hayase, Naohiro Sakiyama, and Katuro Inoue, "Process Monitoring Environment for Reality-Based Software Development Practice Based on Comparison among Student Groups," The Educational Technology Research Journal, September 2011.
[3] Takuto Edagawa, Teruhiko Akaike, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, Shigeo Hanabusa, and Toshihisa Shibamoto, "Function Point Measurement from Web Application Source Code Based on Screen Transitions and Database Accesses," Journal of Systems and Software, volume 84, number 6, pages 976-984 June 2011.
[4] Takeshi Nagaoka, Akihiko Ito, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Qos Analysis of Real-Time Distributed Systems Based on Hybrid Analysis of Probabilistic Model Checking Technique and Simulation," IEICE Transactions on Information and Systems, volume E94-D, number 5, May 2011.
[5] 宮本敬三, 堀直哉, 岡野浩三, 楠本真二, "Daikon 生成表明改善のためのテストケース自動生成手法とその評価実験," 日本ソフトウェア科学会誌コンピュータソフトウェア, volume Vo.28, number No.4, pp.4-306-4-317 2011年.
[6] Yuko Muto, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "A Visualization Technique for Unit Testing and Static Checking with Caller-Callee Relationships," Journal of Convergences, volume 2, number 2, pages 1-8 2011.
著書
[1] Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, Java in Academia and Research, iConcept Press Ltd., 2011.
表彰・受賞
[1] 山本哲男, 吉田則裕, 肥後芳樹, "ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 優秀論文賞," , 2011年9月.
[2] 肥後芳樹, "平成23年度 国立大学法人大阪大学功績賞," , 2011年8月.
[3] 肥後芳樹, "情報処理学会 平成23年度コンピュータサイエンス領域奨励賞," , 2011年7月.
国際会議
[1] Nobuhiro Nakamura, Shinji Kusumoto, Satoru Takahashi, and Kousuke Nakatsuka, "Approach to Introducing a Statistical Quality Control," In The Joint Conference of the 21st International Workshop on Software Measurement (IWSM) and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (Mensura) , pages 297-301 November 2011.
[2] Yoshiki Higo, Akira Saitoh, Goro Yamada, Tatsuya Miyake, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "A Pluggable Tool for Measuring Software Metrics from Source Code," In Proc. of the Joint Conference of the 21th International Workshop on Software Measurement and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (IWSM/MENSURA2011), pp.3-12 November 2011.
[3] Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, "Repeated Instructions Removal Preprocessing for Lightweight Code Clone Detection," In In Proc. of the 22nd International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE2011), November 2011.
[4] Yuko Muto, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Improvement of a Visualization Technique for the Passage Rate of Unit Testing and Static Checking and Its Evaluation," In Proc. of the Joint Conference of the 21th International Workshop on Software Measurement and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (IWSM/MENSURA2011), pages 279-284 November 2011.
[5] Yui Sasaki, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Is Duplicate Code Good Or Bad? an Empirical Study with Multiple Investigation Methods and Multiple Detection Tools," In The 22nd annual International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE 2011), November 2011.
[6] Yoshiki Higo, Yasushi Ueda, Minoru Nishino, and Shinji Kusumoto, "Incremental Code Clone Detection: a Pdg-Based Approach," In Proc. of 18th Working Conference on Reverse Engineering, pp.3-12 October 2011.
[7] Kiyoyuki Miyazawa, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Lasp - a Learning Assistant System for Formal Proof," In International Workshop on INformatics, IWIN 2011, pages 158-165 September 2011.
[8] Tomoko Kanemitsu, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "A Visualization Method of Program Dependency Graph for Identifying Extract Method Opportunity," In Proc. of the 4th Workshop on Refactoring Tools (WRT2011), pages 8-14 May 2011.
[9] Yuko Muto, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "A Visualization Technique for the Passage Rate of Unit Testing and Static Checking with Caller-Callee Relationships," In International Conference on Advanced Software Engineering, pages 336-341 May 2011.
[10] Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, "Code Clone Detection on Specialized Pdgs with Heuristics," In Proc. of the 15th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR2011), pages 75-84 2011.
国内会議(査読付き)
[1] 武藤 祐子, 岡野 浩三, 楠本 真二, "呼び出し関係を用いた単体テストおよび静的検査の可視化手法の改善とその評価," ソフトウェア工学の基礎XVIII 日本ソフトウェア科学会FOSE2011, pages 163-168 2011年11月.
[2] 山本哲男, 吉田則裕, 肥後芳樹, "ソースコードコーパスを利用したシームレスなソースコード再利用手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011, 2011年9月.
[3] 肥後芳樹, 植田泰士, 西野稔, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いた増分的なコードクローン検出," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011, 2011年9月.
研究会・全国大会等
[1] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いたテンプレートメソッドパターン適用によるリファクタリング支援手法の提案," ソフトウェア信頼性研究会第7回ワークショップ, 2011年11月.
[2] 武藤祐子, 岡野浩三, 楠本真二, "JML によって記述された契約に対する品質評価手法 の提案," 情報処理学会関西支部支部大会, 2011年9月.
[3] 小林和貴, 岡野浩三, 楠本真二, "Daikon を利用した表明動的生成改善手法の実プロ ジェクト教材への適用実験とテストデータ生成改善手法の検討," 平成23 年度情報 処理学会関西支部支部大会,, 2011年9月.
[4] 佐々木唯, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソフトウェア保守におけるコードクローンの影響に関する調査方法の比較," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 111, number 168, pages 25-30 2011年7月.
[5] 小林和貴, 岡野浩三, 楠本真二, "モデル検査器とDaikon を用いた表明動的生成改善 手法のシステム開発実プロジェクト教材への適用と評価," 電子情報通信学会技術報告, 2011年7月.
[6] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いたTemplate Methodパターン適用によるコードクローン集約支援," 情報処理学会研究報告, volume 171, number 14, 2011年3月.
[7] 宮澤清介,花田健太郎,岡野浩三, 楠本真二, "OCL からJML への変換ツールに おける対応クラスの拡張と教務システムに対する適用実験," , 2011年3月.
学位論文
[1] 西野稔, "プログラム依存グラフを用いたコードクローンのインクリメンタルな検出手法," 修士学位論文, 大阪大学, 2011年.
[2] Shinya Yamada, "A Method for Measuring Modifications of Class Diagrams Based on Version Change Information," Master thesis, Osaka University, 2011.
[3] 兼光智子, "プログラム依存グラフを用いたリファクタリング候補の自動特定と可視化," 修士学位論文, 大阪大学, 2011年.
[4] 岡田 良知, "類似性に基づく工数予測へのMoving Windowsの適用とその評価," , 2011年2月.
[5] 佐々木 唯, "ソースコードの重複関係が修正に及ぼす影響の調査 -様々な条件の下で計測を行った結果の比較-," , 2011年2月.
[6] 花田 健太郎, "OCLからJMLへの変換ツールの Eclipse プラグイン化と教務システムを対象とする適用実験," , 2011年2月.
[7] 宮澤清介, "OCLからJMLへの変換ツールの 対応クラスの拡張と実プロジェクトに対する適用," , 2011年2月.
[8] 田中俊彰, "複数反例抽出を用いた時間オートマトンの到達可能性解析手法," 修士学位論文, 大阪大学, 2011年.
[9] Takeshi Nagaoka, "Study on Model Abstraction for Model Checking of Real-Time Systems," Ph.D. thesis, Osaka University, 2011.
2010
解説
[1] 岡野浩三, "時間オートマトン," 電子情報通信学会ハンドブック/知識ベース, volume 7 群1 編3 章3-2, 2010年.
論文誌
[1] 肥後 芳樹, 楠本 真二, "プログラム依存グラフを用いたコードクローン検出法の改善と評価," 情報処理学会論文誌, volume 51, number 12, pages 2149-2168 2010年12月.
[2] 肥後芳樹, 宮崎宏海, 楠本真二, 井上克郎, "グラフマイニングアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン情報の生成," 電子情報通信学会論文誌D, volume J93-D, number 9, pages 1727-1735 2010年9月.
[3] Takeshi Nagaoka, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "An Abstraction Refinement Technique for Timed Automata Based on Counterexample-Guided Abstraction Refinement Loop," IEICE Transactions on Information and Systems, volume E93-D, number 5, pages 994-1005 May 2010.
[4] 尾鷲方志, 岡野浩三, 楠本真二, "メソッドの自動生成を用いたOCLのJMLへの変換," コンピュータソフトウェア, volume 27, number 2, 2010年5月.
[5] 佐野由希子, 肥後芳樹, 楠本真二, "クラス階層構造を利用したコードクローン集約支援手法の改良," 電子情報通信学会論文誌D, volume J93-D, number 1, pages 59-63 2010年1月.
表彰・受賞
[1] 肥後芳樹, 楠本真二, "情報処理学会50周年記念論文賞," , 2010年11月.
[2] Takeshi Nagaoka, Akihiko Ito, Toshiaki Tanaka, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Iwin2010 Best Paper Award," , 2010.
国際会議
[1] Shinya Yamada, Masataka Ugumori, and Shinji Kusumoto, "A Software Tag Generation System to Realize Software Traceability," In Proc. of 17th Asia Pacific Software Engineering Conference (APSEC2010), December 2010.
[2] Takeshi Nagaoka, Akihiko Ito, Toshiaki Tanaka, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Reachability Analysis of Probabilistic Timed Automata Based on an Abstraction Refinement Technique," Proceedings of International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice 2010 (IWESEP 2010), pages 33-38 December 2010.
[3] Keisuke Hotta, Yukiko Sano, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Is Duplicate Code More Frequently Modified than Non-duplicate Code in Software Evolution?: An Emprical Study on Open Source Software," In Proc. of the 4th International Joint ERCIM/IWPSE Symposium on Software Evolution, September 2010.
[4] Takeshi Nagaoka, Akihiko Ito, Toshiaki Tanaka, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Reachability Analysis of Probabilistic Real-Time Systems Based on Cegar for Timed Automata," In Proceedings of International Workshop on Informatics 2010, pages 18-26 September 2010.
[5] Yoshiki Higo, Kensuke Tanaka, and Shinji Kusumoto, "Toward Identifying Inter-Project Clone Sets for Building Useful Libraries," In Proc. of the 4th International Workshop on Software Clones, pp.87-88 2010.
国内会議(査読付き)
[1] 小林和貴, 宮本敬三, 岡野浩三, 楠本真二, "アサーション動的生成を目的としたテストケース制約のESC/Java2を利用した導出," 高田 眞吾, 福田 浩章(編), ソフトウェア工学の基礎XVII, number 36, pages 35-44 2010年11月.
[2] 肥後芳樹, 楠本真二, "コードクローン検出に必要な計算コストの削減を目的としたプログラム依存グラフ頂点集約手法の提案," ソフトウェアエンジニアリング最前線2010(ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010予稿集), pages 127-134 2010年9月.
研究会・全国大会等
[1] 肥後芳樹, 楠本真二, "複数のメソッドにまたがって存在するコードクローンの検出に向けて," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 110, number 336, pages 67-72 2010年12月.
[2] 兼光智子, 肥後芳樹, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いたリファクタリング候補の特定と可視化," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 110, number 336, pages 61-66 2010年12月.
[3] 生方克馬, 柿元健, 楠本真二, "複数の手法による予測結果が比較可能な工数予測ツールの開発と評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 110, number 336, pages 7-12 2010年12月.
[4] 山田慎也, 肥後芳樹, 楠本真二, "改版履歴情報を用いたクラス図の変更量の計測の試み," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 110, number 336, pages 73-78 2010年12月.
[5] 宮澤清介, 岡野浩三, 楠本真二, "OCLのJMLへの変換ツールの実装と評価," number 170, 情報通信学会技術報告, 2010年11月.
[6] 宮澤清介, 岡野浩三, 楠本真二, "数理論理学の形式証明に対する学習支援システムの試作と評価," 情報通信学会技術報告, 2010年9月.
[7] 柿元健, 井垣宏, 川口真司, 福安直樹, 佐伯幸郎, 早瀬康裕, 崎山直洋, "開発プロセスの観察とグループ間比較による実践的ソフトウェア開発演習の支援環境," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 456, pages 13-18 2010年3月.
[8] 伊藤明彦, 長岡武志, 岡野浩三, 楠本真二, "時間抽象を行う洗練手法を用いた確率時間システムの到達可能性解析," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 456, pages 85-90 2010年3月.
[9] 田中健介, 肥後芳樹, 楠本真二, "大規模ソースコード集合を対象とした類似関数集合群の抽出," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 456, pages 49-54 2010年3月.
[10] 佐野由希子, 肥後芳樹, 楠本真二, "重複コードと非重複コードにおける修正頻度の比較," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 456, pages 43-48 2010年3月.
[11] 川口真司, 柿元健, 大森隆行, 王秋時, 南川恭洋, 坂本一憲, 野田訓広, 福島義彦, "第16回アジア太平洋ソフトウェア工学国際会議(APSEC 2009)参加報告," 情報処理学会研究報告, volume 2010-SE-167, number 22, pages 1-8 2010年3月.
[12] 宮澤清介, 岡野浩三, 楠本真二, "OCLのJMLへの変換ツールの実装," number 110, 電子情報通信学会技術報告, 2010年3月.
[13] 中村 哲彬, 柿元 健, 楠本 真二, "類似性に基づく工数予測における予測回避の効果," ソフトウェア信頼性研究会第6回ワークショップ論文集, pages 37-44 2010年3月.
[14] 堀田圭佑, 佐野由希子, 肥後芳樹, 楠本真二, "重複コードと非重複コードに加えられる修正の頻度の比較 -複数の検出ツールを用いた評価-," 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010年3月.
[15] 生方克馬, 柿元健, 楠本真二, "複数の手法による予測結果が比較可能な工数予測ツールの開発," 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010年3月.
[16] 柿元健, "ソフトウェア開発マネージメントのための予測における課題," ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷論文集, pages 101-102 2010年1月.
[17] 川口真司, 肥後芳樹, "プログラム解析技術の普及に向けた取り組と課題," ウインターワークショップ2010・イン・倉敷論文集, pages 25-26 2010年1月.
[18] 肥後芳樹, 川口真司, "プログラム解析技術の普及に向けて -「プログラム解析」セッションの紹介-," ウインターワークショップ2010・イン・倉敷論文集, pages 1-2 2010年1月.
[19] 田中俊彰, 長岡武志, 岡野浩三, 楠本真二, "実時間システムを対象としたCEGARによる抽象洗練の並列化手法," 電子情報通信学会信学技報, volume 110, number 169, pages 35-40 2010年.
[20] 田中俊彰, 長岡武志, 岡野浩三, 楠本真二, "時間システムを対象とした到達可能性解析の高速化手法の提案," 情報処理学会研究報告, volume 170, number 15, 2010年.
学位論文
[1] 宮本敬三, "アサーション動的生成を目的としたテストケース制約のESC/Java2を利用した導出," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.
[2] 武藤 祐子, "クラス間関係を利用した単体テストおよび静的検査の網羅率可視化ツールの試作と評価," , 2010年2月.
[3] 伊藤明彦, "時間抽象を行う洗練手法を用いた確率時間システムの到達可能性解析手法," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.
[4] 佐野由希子, "オープンソースソフトウェアにおける重複コードと非重複コードの修正頻度計測とその比較," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.
[5] 堀田圭佑, "ソースコード修正時におけるコードクローンの影響に関する調査 - 複数の検出ツールを用いて -," , 2010年2月.
[6] 藤川 達也, "新規開発者のためのプログラム依存グラフ可視化によるソフトウェア理解支援手法の提案," , 2010年2月.
[7] 小林和貴, "ESC/Java2の反例出力を利用したJavaメソッド実行パス取得ツールの試作および評価," , 2010年2月.
[8] 鵜久森将隆, "トレーサビリティ実現のためのソフトウェアタグ生成基盤システムの開発," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.
[9] 中村哲彬, "類似性に基づく工数予測における予測回避プロジェクト判別手法の提案とその評価," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.
[10] 田中健介, "ソフトウェア資源の機能整理を目的とした類似関数集合の検出," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.
2009
論文誌
[1] 三宅達也, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "多言語対応メトリクス計測プラグイン開発基盤MASUの開発," 電子情報通信学会論文誌D, volume J92-D, number 9, pages 1518-1531 2009年9月.
[2] Takeshi Nagaoka, Eigo Nagai, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Stepwise Approach to Design of Real-Time Systems Based Uml/Ocl with Formal Verification," International Journal of Informatics Society (IJIS), volume 1, number 2, pages 37-44 September 2009.
[3] 田村晃一, 柿元健, 戸田航史, 角田雅照, 門田暁人, 松本健一, 大杉直樹, "工数予測における類似性に基づく欠損値補完法の実験的評価," コンピュータソフトウェア, volume 26, number 3, pages 44-55 2009年8月.
[4] 柿元健, 門田暁人, 亀井靖高, まつ本真佑, 松本健一, 楠本真二, "Fault-proneモジュール判別におけるテスト工数割り当てとソフトウェア信頼性のモデル化," 情報処理学会論文誌, volume 50, number 7, pages 1716-1724 2009年7月.
[5] 三宅達也, 肥後芳樹, 井上克郎, "メソッド抽出の必要性を評価するソフトウェアメトリックスの提案," 電子情報通信学会論文誌D, volume J92-D, number 7, pages 1071-1073 2009年7月.
[6] 亀井靖高, 角田雅照, 柿元健, 大杉直樹, 門田暁人, 松本健一, "ソフトウェアコンポーネント推薦における協調フィルタリングの効果," 情報処理学会論文誌, volume 50, number 3, pages 1139-1143 2009年3月.
表彰・受賞
[1] 肥後芳樹, "大阪大学大学院情報科学研究科 第三回嵩賞," , 2009年11月.
国際会議
[1] Yoshiki Higo, Ken-ichi Sawa, and Shinji Kusumoto, "Problematic Code Clones Identification Using Multiple Detection Results," In Proc. of the 16th Asia-Pacific Software Engineering Conference, December 2009.
[2] Takeshi Nagaoka, Akihiko Ito, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Qualitative Analysis of Real-Time Distributed Systems Considering Network Congestion by Probabilistic Model Checker Prism," In Proceedings of 2009 International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2009), October 2009.
[3] Takeshi Nagaoka, Akihiko Ito, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Qos Evaluation for Real-Time Distributed Systems Using the Probabilistic Model Checker Prism," In Proceedings of International Workshop on Informatics 2009, pages 60-66 September 2009.
[4] Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, "Enhancing Quality of Code Clone Detection with Program Dependency Graph," In Proc. of the 16th Working Conference on Reverse Engineering, pages 315-316 2009.
国内会議(査読付き)
[1] 宮本敬三, 堀直哉, 岡野浩三, 楠本真二, 西本哲, "アサーション動的生成のためのテストケース自動生成手法の生成アサーションの妥当性評価," ソフトウェア工学の基礎XVI 日本ソフトウェア科学会FOSE2009, pages 183-190 2009年11月.
[2] 尾鷲方志, 岡野浩三, 楠本真二, "メソッドの自動生成を用いたOCLのJMLへの変換ツールの設計," レクチャーノート・ソフトウェア学 35 ソフトウェア工学の基礎XVI, pages 191-198 2009年11月.
[3] 肥後芳樹, 楠本真二, "実規模ソフトウェアへの適用を目的としたプログラム依存グラフに基づくコードクローン検出法," ソフトウェアエンジニアリング最前線2009, 2009年9月.
[4] 肥後芳樹, "集約の観点から見たソースコード類似性の判定," ソースコードの類似性ワークショップ, 2009年9月.
[5] 山田吾郎, 齋藤晃, 三宅達也, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "メトリクス計測Eclipseプラグインの開発," ソフトウェアエンジニアリング最前線2009, page 193 2009年9月.
[6] 宮澤清介, 岡野浩三, 楠本真二 , "フォーマルアプローチの基本技術習得のための学習支援システムの試作," ソフトウェアエンジニアリング最前線2009, pages 69-74 2009年9月.
研究会・全国大会等
[1] 中村哲彬,柿元健,楠本真二, "類似性に基づく工数予測における適切でない予測プロジェクトの判別の試み," 電子情報通信学会技術報告, volume 109, number 170, pages 83-87 2009年8月.
[2] 伊藤明彦, 長岡武志, 岡野浩三, 楠本真二, "確率的モデル検査ツールを用いた実時間ネットワークシステムの 検証手法の提案およびネットワークシミュレータNS-2 との比較," 電子情報通信学会技術報告, volume 109, number 170, pages 37-42 2009年8月.
[3] 兼光智子, 肥後芳樹, 楠本真二, "変数使用に着目したFault-Prone メソッド特定手法の提案と評価," 第8回情報科学技術フォーラム講演論文集, 2009年8月.
[4] 西野稔, 肥後芳樹, 楠本真二, "メトリクス値の変遷を用いたFault-Proneモジュール特定手法の改良," 第8回情報科学技術フォーラム講演論文集, 2009年8月.
[5] 西川倫道, 鵜久森将隆, 山田慎也, 楠本真二, "ソフトウェアタグデータ収集システムの試作," ソフトウェア信頼性研究会第5回ワークショップ論文集, pages 57-65 2009年3月.
[6] 濱田淳司, 内山彰, 山口弘純, 楠本真二, 東野輝夫, "アドホック通信を用いた移動ノードの密度推定法," 情報処理学会研究報告, volume 2009, number 8, pages 17-24 2009年1月.
[7] 田中健介, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソースコードの重複度を用いたオープンソースソフトウェアライセンス違反の検出," ウインターワークショップ2009・イン・宮崎論文集, volume 2009, number 3, pages 11-12 2009年1月.
[8] 山田慎也, 西川倫道, 鵜久森将隆, 楠本真二, "実プロジェクトデータからのソフトウェアタグ作成とその分析," 情報処理学会, 2009年.
学位論文
[1] 西川倫道, ソフトウェアタグデータ収集システムの設計とその試作, 2009年.
[2] 枝川拓人, "静的解析によるWeb アプリケーションからの ファンクションポイント自動計測手法の改善とその実験的評価," 修士学位論文, 大阪大学, 2009年.
[3] 兼光 智子, "変数使用とメソッド呼び出しに着目したFault-Prone メソッド特定手法の提案と評価," , 2009年.
2008
解説
[1] 岡野浩三, "上位設計におけるシステムの振る舞い検証技術," システム/制御/情報, volume Vol. 52, number No. 9, pp.328-333 2008年9月.
論文誌
[1] 村尾憲冶, 肥後芳樹, 井上克郎, "ソフトウェアメトリクス値の変遷に基づいた注力すべきモジュールを特定する手法の提案," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 12, pages 2915-2925 2008年12月.
[2] Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "A Metric-Based Approach to Identifying Refactoring Opportunities for Merging Code Clones in a Java Software System," Journal of Software Maintenance and Evolution: Research and Practice, volume 20, number 6, pages 435-461 November 2008.
[3] 尾鷲方志, 岡野浩三, 楠本真二, "在庫管理プログラムに対するJML記述とESC/Java2を用いた検証の事例報告," 電子情報通信学会論文誌 VOL.J91-D NO.11, volume 91-D, number 11, pages 2719-2720 2008年11月.
[4] 宮本敬三, 岡野浩三, 楠本真二, "Javaに対するループインバリアントを含むDaikon生成アサーションの妥当性評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 11, pages 2721-2723 2008年11月.
[5] 馬場慎太郎, 吉田則裕, 楠本真二, 井上克郎, "Fault-Proneモジュール予測へのコードクローン情報の適用," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 10, 2008年10月.
[6] 森崎修司, 吉田則裕, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, 佐々木健介, 村上浩二, 松井恭, "コードクローン検索による類似不具合検出の実証的評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 10, 2008年10月.
[7] 柿元健, 門田暁人, 角田雅照, 松本健一, 菊地奈穂美, "規模・工期・要員数・工数の関係の定量的導出," SEC journal, number 14, pages 6-11 2008年9月.
[8] 瀧進也, 戸田航史, 門田暁人, 柿元健, 角田雅照, 大杉直樹, 松本健一, "プロジェクト類似性に基づく工数見積もりに適した変数選択法," 情報処理学会論文誌, volume 49, number 7, pages 2338-2348 2008年7月.
[9] 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "コードクローン検出とその関連技術," 電子情報通信学会論文誌D, volume 91-D, number 6, pages 1465-1481 2008年6月.
[10] 津田道夫, 楠本真二, 松川文一, 山村知弘, 井上克郎, 英繁雄, 前川祐介, "ユースケースポイント計測におけるアクタとユースケースの自動分類の試みと支援ツールの試作," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 4, pages 956-965 2008年4月.
[11] リビエリシモネ, 肥後芳樹, 松下誠, 井上克郎, "コードクローン検出技術を用いたLinuxカーネル進化の調査," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 2, pages 509-511 2008年2月.
表彰・受賞
[1] 柿元健, 門田暁人, 角田雅照, 松本健一, 菊地奈穂美, "「SEC journal」 論文発表会 優秀賞," , 2008年10月.
[2] 長岡武志, 岡野浩三, 楠本真二, "組込みシステムシンポジウム2008 奨励賞," , 2008年10月.
[3] 肥後芳樹, 吉田則裕, 楠本真二, 井上克郎, "平成19年度 情報処理学会論文賞," , 2008年5月.
国際会議
[1] Koichi Tamura, Takeshi Kakimoto, Koji Toda, Masateru Tsunoda, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, "Empirical Evaluation of Missing Data Techniques for Effort Estimation," In Proc. of International Workshop on Software Productivity Analysis And Cost Estimation (SPACE2008), pages 4-9 December 2008.
[2] Shinji Kusumoto, Takuto Edagawa, and Yoshiki Higo, "On an Automatic Function Point Measurement from Source Codes," In 2nd Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE2008), pages 27-28 December 2008.
[3] Takeshi Nagaoka, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Stepwise Approach to Design of Real-Time Systems Based Uml/Ocl with Formal Verification," In Proceedings of International Workshop on Informatics, pages 98-105 September 2008.
[4] Yoshiki Higo, Kenji Murao, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Predicting Fault-Prone Modules Based on Metrics Transitions," In Proc. of the International Workshop on Defects in Large Software Systems (DEFECTS2008), pages 6-10 July 2008.
[5] Tatsuya Miyake, Yoshiki Higo, and Katsuro Inoue, "A Metric-Based Approach for Reconstructing Methods in Object-Oriented Systems," In Proc. of the 6th Workshop of Software Quality (WoSQ2008), pages 53-58 May 2008.
[6] Yoshiki Higo, Yoshihiro Matsumoto, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Refactoring Effect Estimation Based on Complexity Metrics," In Proc. of the 19th Australian Software Engineering Conference (ASWEC2008), pages 219-228 March 2008.
国内会議(査読付き)
[1] 柿元健, 亀井靖高, まつ本真佑, 門田暁人, 松本健一, 楠本真二, "バグ予測で信頼性はどれだけ向上するのか?-テスト工数割り当ての観点からの従来研究の評価," 松下 誠, 川口 真司(編), ソフトウェア工学の基礎XV 日本ソフトウェア科学会FOSE2008, pages 63-68 2008年11月.
[2] 堀直哉, 岡野浩三, 楠本真二, "モデル検査技術を用いたインバリアント被覆テスト ケースの自動生成によるDaikon出力の改善," 松下 誠, 川口 真司(編), ソフトウェア工学の基礎XV 日本ソフトウェア科学会FOSE2008, pages 41-50 2008年11月.
[3] 長岡武志, 岡野浩三, 楠本真二, "時間オートマトンを対象としたコンポーネント部分合成による抽象化洗練手法の改良," 組込みシステムシンポジウム2008 論文集, volume 2008, number 9, pages 141-150 2008年10月.
[4] 三宅達也, 肥後芳樹, 井上克郎, "メトリクス計測プラグインプラットフォームMASUの開発," ソフトウェアエンジニアリング最前線2008, pages 63-70 2008年9月.
[5] 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, "コードクローンの複雑度メトリクスを用いた開発者の特徴分析," ソフトウェアエンジニアリング最前線2008, pages 103-106 2008年9月.
研究会・全国大会等
[1] 佐野由希子, 肥後芳樹, 楠本真二, "クラス階層構造を利用したリファクタリング支援手法の改良," 情報処理学会関西支部 支部大会講演論文集, pages 63-66 2008年10月.
[2] 宮本敬三, 堀直哉, 岡野浩三, 楠本真二, "Javaに対するDaikonを用いたインバリアント自動生成のための汎用基盤ツール," 第7回情報科学技術フォーラム講演論文集, 2008年8月.
[3] 枝川拓人, 赤池輝彦, 肥後芳樹, 楠本真二, "画面遷移とデータベース処理を考慮したトランザクションファンクション識別手法の詳細化と実装," 電子情報通信学会技術報告, volume 108, number 173, pages 25-30 2008年7月.
[4] 澤健一, 肥後芳樹, 楠本真二, "コードクローン検出ツールを用いた不具合検出手法の提案と評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 108, number 173, pages 67-72 2008年7月.
[5] 村尾憲冶, 肥後芳樹, 井上克郎, "メトリクス値の変遷に基づくソフトウェアの特性分析手法の提案と実装," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 107, number 505, pages 91-96 2008年3月.
[6] Takeshi Nagaoka, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Abstraction of Timed Automata Based on Counterexample-Guided Abstraction Refinement Loop," IEICE Technical Report, volume 107, number 505, pages 103-108 March 2008.
[7] 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, "コードクローンのメトリクス値と開発者の相関の調査," 情報処理学会第70回全国大会講演論文集第5分冊, 2008年3月.
[8] 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, "コードクローンのメトリクス値と開発者の相関の調査," 情報処理学会第70回全国大会講演論文集第5分冊, 2008年3月.
[9] 西川倫道, 肥後芳樹, 森崎修司, 楠本真二, "履歴データからの有用プロダクトデータの抽出," 電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集, 2008年3月.
[10] 澤健一, 肥後芳樹, 楠本真二, "複数のコードクローン検出ツールによって検出されるコードクローンの差異を用いた不具合検出手法," 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, 2008年3月.
学位論文
[1] Takeshi Nagaoka, "Model Abstraction of Timed Automata Based on Counterexample-Guided Abstraction Refinement Loop," Master thesis, 大阪大学, 2008.
[2] 佐野由希子, クラス階層内のコードクローン間距離を評価するメトリクスDCHの改良, 2008年.
Technical Report
[1] Takeshi Nagaoka, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "An Abstraction Refinement Technique for Timed Automata Based on Counterexample-Guided Abstraction Refinement Loop," Techinical Report of Software Design Lab in Osaka Univ. SDL-Sep-3-2008, 2008.
2007
論文誌
[1] 肥後芳樹, リビエリシモネ, 松下誠, 井上克郎, "大規模ソースコードを対象としたコードクローンの検出と可視化," 情報処理学会論文誌, volume 48, number 11, pages 3510-3519 2007年11月.
[2] Yoshiki Higo, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Method and Implementation for Investigating Code Clones in a Software System," Information and Software Technology, volume 49, number 9-10, pages 985-998 September 2007.
国際会議
[1] Yoshiki Higo, Yasushi Ueda, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Simultaneous Modification Support Based on Code Clone Analysis," In Proc. of the 14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2007), pages 262-269 December 2007.
[2] Yuki Manabe, Yoshiki Higo, and Katsuro Inoue, "Toward Efficient Code Clone Detection on Grid Environment," In Proc. of the 1st Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE2007), pages 49-50 December 2007.
[3] Simone Livieri, Yoshiki Higo, Makoto Matsushita, and Katsuro Inoue, "Analysis of the Linux Kernel Evolution Using Code Clone Coverage," In Proc. of the International Workshop on Mining Software Repositories (MSR2007), May 2007.
[4] Simone Livieri, Yoshiki Higo, Makoto Matsushita, and Katsuro Inoue, "Very-Large Scale Code Clone Analysis and Visualization of Open Source Programs Using Distributed Ccfinder: D-Ccfinder," In Proc of the 29the IEEE International Conference on Software Engineering (ICSE2007), pages 106-115 May 2007.
研究会・全国大会等
[1] 服部剛之, 吉田則裕, 早瀬康裕, 肥後芳樹, 松下誠, 楠本真二, 井上克郎, "識別子の共起関係に基づく類似コード検索法の提案と欠陥検出への適用," 電子情報通信学会技術研究報告, volume SS2007, number 47, pages 55-60 2007年12月.
[2] 肥後芳樹, 植田康士, 楠本真二, 井上克郎, "AGMアルゴリズムを用いたギャップを含むコードクローン情報の生成," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 107, number 392, pages 61-66 2007年12月.
[3] 長岡武志, 岡野浩三, 楠本真二, "UPPAAL拡張時間オートマトンの反例に基づく抽象化改良ループによるモデル抽象化手法," 電子情報通信学会技術報告, volume 107, number 176, pages 77-82 2007年8月.
[4] 尾鷲方志, 岡野浩三, 楠本真二, "JMLを用いた在庫管理プログラムの設計とESC/Java2 を用いた検証," 電子情報通信学会技術報告, volume 107, number 176, pages 37-42 2007年8月.
[5] 濱田淳司, 孫為華, 山口弘純, 楠本真二, "車車間アドホックルーティングプロトコルGVGridの実装と評価," マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム, pages 540-547 2007年7月.
[6] 枝川拓人, 谷口孝治, 楠本真二, 井上克郎, "実行履歴から得られたトランザクションファンクション候補の類似判定手法," ソフトウェア信頼性研究会第4回ワークショップ論文集, 2007年6月.
学位論文
[1] , 実行履歴から抽出されたトランザクションファンクション候補の分類手法の提案と実装, 2007.
[2] , 仕様記述言語JMLとAlloy を用いた在庫管理プログラムの設計に対するモデル検査ツールによる検証事例, 2007.
[3] , 車車間ルーティングプロトコルGVGridにおける経路修復機能の実装と評価, 2007.
2004
著書
[1] Harry Foster, Adam Krolnik, and David Lacey, "アサーションベース設計 原書第2 版," 丸善, 2004.