石原知也, 肥後芳樹, 楠本真二, "コードクローンを用いたコード補完手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, 2014年3月.
ID 351
分類 研究会・全国大会等
タグ Code Clone Code Completion Source Code Reuse
表題 (title) コードクローンを用いたコード補完手法の提案
表題 (英文) Code Completion with Code Clones
著者名 (author) 石原知也,肥後芳樹,楠本真二
英文著者名 (author) Tomoya Ishihara,Yoshiki Higo,Shinji Kusumoto
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Tomoya Ishihara,Yoshiki Higo,Shinji Kusumoto
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume)
号数 (number)
ページ範囲 (pages)
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) 3
出版年 (year) 2014
採択率 (acceptance)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) ソースコードの実装を効率化する手段の1つにコード補完がある.コード補完は開発者が途中まで実装し
たコードの不足部分を補完する機能であり,近年ではソースコードの再利用支援を目的としたコード補完手法も提案
されている.しかし,既存のコード補完手法は途中まで実装されたソースコードの後に続く部分のみを補完するにと
どまり,開発者が実装途中に書き漏らしたコードを補完することはできない.本研究では,書き漏らしたコードの発生
状況を調べ,書き漏らしコードの補完が有効であるかを調査する.また,書き漏らしコードの補完も実現するために,
コードクローンを用いたコード補完手法を提案して調査に用いる.提案する手法は途中まで実装されたソースコードの
Type-3 コードクローンを見つけることで,そのソースコードの後に続く部分だけでなく書き漏らしたコードを特定し
補完することが可能になる.本論文では,被験者実験を行いコードの書き漏らしについて調査を行った.調査の結果,
多くの被験者の実装において書き漏らしが発生しており,書き漏らしコードの補完は有益であることが確認された.
論文電子ファイル sigss.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@inproceedings{id351,
         title = {コードクローンを用いたコード補完手法の提案},
        author = {石原知也 and 肥後芳樹 and 楠本真二},
     booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
         month = {3},
          year = {2014},
}