解説
[1] 楠本 真二, 肥後 芳樹, "GQMパラダイムを用いたソフトウェアメトリクスの活用," コンピュータソフトウェア, volume 29, number 3, pages 29-38 2012年8月.
論文誌
[1] 佐々木唯, 石原知也, 堀田圭佑, 畑秀明, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "メトリクス計測の前処理となるソースコード簡略化手法の提案と評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 11, pages 2634-2645 2013年11月.
[2] 畑 秀明, 水野 修, 菊野 亨, "開発履歴メトリクスを用いた細粒度な Fault-prone モジュール予測," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 6, 1635–1643 2012年6月.
[3] 三宅達也, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "多言語対応メトリクス計測プラグイン開発基盤MASUの開発," 電子情報通信学会論文誌D, volume J92-D, number 9, pages 1518-1531 2009年9月.
[4] 三宅達也, 肥後芳樹, 井上克郎, "メソッド抽出の必要性を評価するソフトウェアメトリックスの提案," 電子情報通信学会論文誌D, volume J92-D, number 7, pages 1071-1073 2009年7月.
[5] 村尾憲冶, 肥後芳樹, 井上克郎, "ソフトウェアメトリクス値の変遷に基づいた注力すべきモジュールを特定する手法の提案," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 12, pages 2915-2925 2008年12月.
国際会議
[1] Umekawa Kohichi, Hiroshi Igaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "A Study of Student Experience Metrics for Software Development PBL," In Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel Distributed Computing (SNPD), 2012 13th ACIS International Conference on, 465 -469 August 2012.
[2] Yoshiki Higo, Akira Saitoh, Goro Yamada, Tatsuya Miyake, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "A Pluggable Tool for Measuring Software Metrics from Source Code," In Proc. of the Joint Conference of the 21th International Workshop on Software Measurement and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (IWSM/MENSURA2011), pp.3-12 November 2011.
[3] Yoshiki Higo, Kenji Murao, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Predicting Fault-Prone Modules Based on Metrics Transitions," In Proc. of the International Workshop on Defects in Large Software Systems (DEFECTS2008), pages 6-10 July 2008.
[4] Yoshiki Higo, Yoshihiro Matsumoto, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Refactoring Effect Estimation Based on Complexity Metrics," In Proc. of the 19th Australian Software Engineering Conference (ASWEC2008), pages 219-228 March 2008.
国内会議(査読付き)
[1] 山田吾郎, 齋藤晃, 三宅達也, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "メトリクス計測Eclipseプラグインの開発," ソフトウェアエンジニアリング最前線2009, page 193 2009年9月.
[2] 三宅達也, 肥後芳樹, 井上克郎, "メトリクス計測プラグインプラットフォームMASUの開発," ソフトウェアエンジニアリング最前線2008, pages 63-70 2008年9月.
研究会・全国大会等
[1] 齊藤 俊, 山田 誠, 井垣 宏, 楠本 真二, 井上 亮文, 星 徹, "プログラミング演習における受講生支援のためのコーディング過程可視化システムの提案," 電子情報通信学会技術研究報告, 2012年3月.
[2] 兼光智子, 肥後芳樹, 楠本真二, "変数使用に着目したFault-Prone メソッド特定手法の提案と評価," 第8回情報科学技術フォーラム講演論文集, 2009年8月.
[3] 西野稔, 肥後芳樹, 楠本真二, "メトリクス値の変遷を用いたFault-Proneモジュール特定手法の改良," 第8回情報科学技術フォーラム講演論文集, 2009年8月.
[4] 村尾憲冶, 肥後芳樹, 井上克郎, "メトリクス値の変遷に基づくソフトウェアの特性分析手法の提案と実装," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 107, number 505, pages 91-96 2008年3月.
[5] 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, "コードクローンのメトリクス値と開発者の相関の調査," 情報処理学会第70回全国大会講演論文集第5分冊, 2008年3月.
[6] 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, "コードクローンのメトリクス値と開発者の相関の調査," 情報処理学会第70回全国大会講演論文集第5分冊, 2008年3月.
[7] 西川倫道, 肥後芳樹, 森崎修司, 楠本真二, "履歴データからの有用プロダクトデータの抽出," 電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集, 2008年3月.
学位論文
[1] 佐々木 唯, "プログラム構造に着目したソースコード理解性向上のためのリファクタリング支援手法," , 2013年2月.
[2] Yuko Muto, "Variable Coverage: a Metric to Evaluate the Exhaustiveness for Program Specifications Based on Dbc," Master thesis, Osaka University, 2012.
[3] 武藤 祐子, "クラス間関係を利用した単体テストおよび静的検査の網羅率可視化ツールの試作と評価," , 2010年2月.
[4] 中村哲彬, "類似性に基づく工数予測における予測回避プロジェクト判別手法の提案とその評価," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.
[5] 兼光 智子, "変数使用とメソッド呼び出しに着目したFault-Prone メソッド特定手法の提案と評価," , 2009年.