切貫弘之, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソースコード中の変数間のデータ依存関係を用いたコミットの分割," 電子情報通信学会技術研究報告, 113(269), pp. 67-72 2013年10月.
ID 310
分類 研究会・全国大会等
タグ program dependency graph commit version control system
表題 (title) ソースコード中の変数間のデータ依存関係を用いたコミットの分割
表題 (英文) Partitioning Commits Using Data Dependency among Variables in Source Code
著者名 (author) 切貫弘之,堀田圭佑,肥後芳樹,楠本真二
英文著者名 (author) Kirinuki Hiroyuki,Keisuke Hotta,Yoshiki Higo,Shinji Kusumoto
キー (key) Kirinuki Hiroyuki,Keisuke Hotta,Yoshiki Higo,Shinji Kusumoto
定期刊行物名 (journal) 電子情報通信学会技術研究報告
定期刊行物名 (英文)
巻数 (volume) 113
号数 (number) 269
ページ範囲 (pages) 67-72
刊行月 (month) 10
出版年 (year) 2013
Impact Factor (JCR)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 1 つの修正に対して1 つのコミットが行われるべきであるが,開発者はしばしば、複数の修正を含んだコミットを行ってしまう.このようなコミットは,リポジトリ分析の精度を下げることが知られている.この研究では,まず,ソースコード中の変数間のデータ依存関係を用いて,修正された箇所をいくつかのグループにまとめる.そして,1 つのグループを1 つの修正とみなすことで,そのようなコミットを解消できることを示す.
論文電子ファイル sigss.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@article{id310,
         title = {ソースコード中の変数間のデータ依存関係を用いたコミットの分割},
        author = {切貫弘之 and 堀田圭佑 and 肥後芳樹 and 楠本真二},
       journal = {電子情報通信学会技術研究報告},
        volume = {113},
        number = {269},
         pages = {67-72},
         month = {10},
          year = {2013},
}