論文誌
[1] 田村晃一, 柿元健, 戸田航史, 角田雅照, 門田暁人, 松本健一, 大杉直樹, "工数予測における類似性に基づく欠損値補完法の実験的評価," コンピュータソフトウェア, volume 26, number 3, pages 44-55 2009年8月.
[2] 柿元健, 門田暁人, 角田雅照, 松本健一, 菊地奈穂美, "規模・工期・要員数・工数の関係の定量的導出," SEC journal, number 14, pages 6-11 2008年9月.
[3] 瀧進也, 戸田航史, 門田暁人, 柿元健, 角田雅照, 大杉直樹, 松本健一, "プロジェクト類似性に基づく工数見積もりに適した変数選択法," 情報処理学会論文誌, volume 49, number 7, pages 2338-2348 2008年7月.
国際会議
[1] Koichi Tamura, Takeshi Kakimoto, Koji Toda, Masateru Tsunoda, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, "Empirical Evaluation of Missing Data Techniques for Effort Estimation," In Proc. of International Workshop on Software Productivity Analysis And Cost Estimation (SPACE2008), pages 4-9 December 2008.
[2] Yoshiki Higo, Yoshihiro Matsumoto, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Refactoring Effect Estimation Based on Complexity Metrics," In Proc. of the 19th Australian Software Engineering Conference (ASWEC2008), pages 219-228 March 2008.
研究会・全国大会等
[1] 山田 悠斗, 江川 翔太, 角田 雅照, 楠本 真二, ISBSGデータを用いた見積もり研究に対するIPA/SECデータを用いた追試, ソフトウェア・シンポジウム2016, 2016年.
[2] 古田雄基, 肥後芳樹, 楠本真二, 工数予測支援ツールe3の実用性評価と機能拡張, ソフトウェア信頼性研究会第11回ワークショップ(FORCE 2015), 2015年.
[3] 古田 雄基, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "工数予測支援ツールe3の機能拡張と追加評価," FIT2015 第14回情報科学技術フォーラム 講演論文集, volume 1, pages 165-166 2015年9月.
[4] 生方克馬, 柿元健, 楠本真二, "複数の手法による予測結果が比較可能な工数予測ツールの開発と評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 110, number 336, pages 7-12 2010年12月.
[5] 中村 哲彬, 柿元 健, 楠本 真二, "類似性に基づく工数予測における予測回避の効果," ソフトウェア信頼性研究会第6回ワークショップ論文集, pages 37-44 2010年3月.
[6] 生方克馬, 柿元健, 楠本真二, "複数の手法による予測結果が比較可能な工数予測ツールの開発," 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010年3月.
[7] 柿元健, "ソフトウェア開発マネージメントのための予測における課題," ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷論文集, pages 101-102 2010年1月.
学位論文
[1] 古田雄基, "ソフトウェア開発PBLにおけるタスクの作業時間の見積もり手法に関する調査と改善," 修士学位論文, 大阪大学, 2017年.
[2] 江川 翔太, "見積もり研究における外的妥当性の調査を目的とした系統的レビューと追試," 修士学位論文, 大阪大学, 2016年.
[3] 山田 悠斗, "ISBSGリポジトリを用いた見積もり研究に対する追試," , 2016年2月.
[4] 中村哲彬, "類似性に基づく工数予測における予測回避プロジェクト判別手法の提案とその評価," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.