堀口, 井垣, 井上, 山田, 星, 岡田, "講義資料閲覧ログを用いたプログラミング講義進捗管理手法の提案," 情報処理学会論文誌, 53(1), pp. 61-71 2012年1月.
ID 202
分類 論文誌
タグ mining
表題 (title) 講義資料閲覧ログを用いたプログラミング講義進捗管理手法の提案
表題 (英文)
著者名 (author) 堀口 悟史,井垣 宏,井上 亮文,山田 誠,星 徹,岡田 謙一
英文著者名 (author) Satoshi Horiguchi,Hiroshi Igaki,Akifumi Inoue,Makoto Yamada,Tohru Hoshi,Ken-ichi Okada
キー (key) Satoshi Horiguchi,Hiroshi Igaki,Akifumi Inoue,Makoto Yamada,Tohru Hoshi,Ken-ichi Okada
定期刊行物名 (journal) 情報処理学会論文誌
定期刊行物名 (英文)
巻数 (volume) 53
号数 (number) 1
ページ範囲 (pages) 61-71
刊行月 (month) 1
出版年 (year) 2012
Impact Factor (JCR)
URL https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=79945&item_no=1&page_id=13&block_id=8
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) HTML講義資料を用いるプログラミング講義では受講生が講義資料に自由にアクセスできるため,講師の意図した順序やタイミングで資料を閲覧させることが困難である.講師の意図したとおりに資料を閲覧させることができなければ,結果として受講生の講義内容に対する理解が不足してしまう可能性がある.本稿では,受講生個別の講義資料へのアクセス状況を閲覧ログとして収集・分析する授業進捗管理システムを提案する.授業進捗管理システムは閲覧ログに基づいて受講生がどのような状態にあるかを分析し,講師に提示する.実際にプログラミング講義において我々のシステムを利用したところ,遅れているのべ73%の受講生を検出できることが確認できた.

In lectures of programming which use HTML resources, it is difficult to make students browse the resources as a lecturer intended. If a lecturer cant recognize the browsing status of each student, the students may have lack of understanding about the lecture. In this paper, we propose Progress Management System for Programming Education to collect and analyze access logs to HTML learning resources by each student. Our system extracts students who cant keep up with the progress in the lecture with using our proposed metrics. Some experiments showed that our system can detect about 73% of students which have problems in a lecture actually.
論文電子ファイル 12-C027Satoshi_Horiguchi.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@article{id202,
         title = {講義資料閲覧ログを用いたプログラミング講義進捗管理手法の提案},
        author = {堀口 悟史 and 井垣 宏 and 井上 亮文 and 山田 誠 and 星 徹 and 岡田 謙一},
       journal = {情報処理学会論文誌},
        volume = {53},
        number = {1},
         pages = {61-71},
         month = {1},
          year = {2012},
}