論文誌
[1] 肥後芳樹, 宮崎宏海, 楠本真二, 井上克郎, "グラフマイニングアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン情報の生成," 電子情報通信学会論文誌D, volume J93-D, number 9, pages 1727-1735 2010年9月.
[2] 三宅達也, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "多言語対応メトリクス計測プラグイン開発基盤MASUの開発," 電子情報通信学会論文誌D, volume J92-D, number 9, pages 1518-1531 2009年9月.
[3] 三宅達也, 肥後芳樹, 井上克郎, "メソッド抽出の必要性を評価するソフトウェアメトリックスの提案," 電子情報通信学会論文誌D, volume J92-D, number 7, pages 1071-1073 2009年7月.
[4] 村尾憲冶, 肥後芳樹, 井上克郎, "ソフトウェアメトリクス値の変遷に基づいた注力すべきモジュールを特定する手法の提案," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 12, pages 2915-2925 2008年12月.
[5] Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "A Metric-Based Approach to Identifying Refactoring Opportunities for Merging Code Clones in a Java Software System," Journal of Software Maintenance and Evolution: Research and Practice, volume 20, number 6, pages 435-461 November 2008.
[6] 馬場慎太郎, 吉田則裕, 楠本真二, 井上克郎, "Fault-Proneモジュール予測へのコードクローン情報の適用," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 10, 2008年10月.
[7] 森崎修司, 吉田則裕, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, 佐々木健介, 村上浩二, 松井恭, "コードクローン検索による類似不具合検出の実証的評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 10, 2008年10月.
[8] 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "コードクローン検出とその関連技術," 電子情報通信学会論文誌D, volume 91-D, number 6, pages 1465-1481 2008年6月.
[9] 津田道夫, 楠本真二, 松川文一, 山村知弘, 井上克郎, 英繁雄, 前川祐介, "ユースケースポイント計測におけるアクタとユースケースの自動分類の試みと支援ツールの試作," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 4, pages 956-965 2008年4月.
[10] リビエリシモネ, 肥後芳樹, 松下誠, 井上克郎, "コードクローン検出技術を用いたLinuxカーネル進化の調査," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 2, pages 509-511 2008年2月.
[11] 肥後芳樹, リビエリシモネ, 松下誠, 井上克郎, "大規模ソースコードを対象としたコードクローンの検出と可視化," 情報処理学会論文誌, volume 48, number 11, pages 3510-3519 2007年11月.
[12] Yoshiki Higo, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Method and Implementation for Investigating Code Clones in a Software System," Information and Software Technology, volume 49, number 9-10, pages 985-998 September 2007.
著書
[1] Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, Java in Academia and Research, iConcept Press Ltd., 2011.
表彰・受賞
[1] 肥後芳樹, 吉田則裕, 楠本真二, 井上克郎, "平成19年度 情報処理学会論文賞," , 2008年5月.
国際会議
[1] Takuya Moriwaki, Yuki Yamanaka, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Towards an Analysis of Who Creates Clone and Who Reuses It," In Proceedings of the 8th International Workshop on Software Clones (IWSC 2014), February 2014.
[2] Norhiro Yoshida, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "An Experience Report on Analyzing Industrial Software Systems Using Code Clone Detection Techniques," In the 19th Asia-Pacific Software Engineering Conference, pages 310-313 December 2012.
[3] Katsuro Inoue, Yoshiki Higo, Norihiro Yoshida, Eunjong Choi, Shinji Kusumoto, Kyonghwan Kim, Wonjin Park, and Eunha Lee, "Experience of Finding Inconsistently-Changed Bugs in Code Clones of Mobile Software," In the 6th International Workshop on Software Clones (IWSC2012), pages 94-95 June 2012.
[4] Yoshiki Higo, Akira Saitoh, Goro Yamada, Tatsuya Miyake, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "A Pluggable Tool for Measuring Software Metrics from Source Code," In Proc. of the Joint Conference of the 21th International Workshop on Software Measurement and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (IWSM/MENSURA2011), pp.3-12 November 2011.
[5] Yoshiki Higo, Kenji Murao, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Predicting Fault-Prone Modules Based on Metrics Transitions," In Proc. of the International Workshop on Defects in Large Software Systems (DEFECTS2008), pages 6-10 July 2008.
[6] Tatsuya Miyake, Yoshiki Higo, and Katsuro Inoue, "A Metric-Based Approach for Reconstructing Methods in Object-Oriented Systems," In Proc. of the 6th Workshop of Software Quality (WoSQ2008), pages 53-58 May 2008.
[7] Yoshiki Higo, Yoshihiro Matsumoto, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Refactoring Effect Estimation Based on Complexity Metrics," In Proc. of the 19th Australian Software Engineering Conference (ASWEC2008), pages 219-228 March 2008.
[8] Yoshiki Higo, Yasushi Ueda, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Simultaneous Modification Support Based on Code Clone Analysis," In Proc. of the 14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2007), pages 262-269 December 2007.
[9] Yuki Manabe, Yoshiki Higo, and Katsuro Inoue, "Toward Efficient Code Clone Detection on Grid Environment," In Proc. of the 1st Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE2007), pages 49-50 December 2007.
[10] Simone Livieri, Yoshiki Higo, Makoto Matsushita, and Katsuro Inoue, "Analysis of the Linux Kernel Evolution Using Code Clone Coverage," In Proc. of the International Workshop on Mining Software Repositories (MSR2007), May 2007.
[11] Simone Livieri, Yoshiki Higo, Makoto Matsushita, and Katsuro Inoue, "Very-Large Scale Code Clone Analysis and Visualization of Open Source Programs Using Distributed Ccfinder: D-Ccfinder," In Proc of the 29the IEEE International Conference on Software Engineering (ICSE2007), pages 106-115 May 2007.
国内会議(査読付き)
[1] 福安 直樹, 井垣 宏, 佐伯 幸郎, 眞鍋 雄貴, 楠本 真二, 井上 克郎, "ソフトウェア開発PBLにおけるタスク記録の修正に基づく振り返り手法の提案," ソフトウェア工学の基礎XIX(日本ソフトウェア科学会FOSE 2012), レクチャーノート/ソフトウェア学38, pages 183-188 2012年12月.
[2] 吉田則裕, 崔恩瀞, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "産学連携による携帯端末用ソフトウェアに対する 品質改善の取り組み," ソフトウェア・エンジニアリングシンポジウム2012, 9:1-9:6 2012年8月.
[3] 山田吾郎, 齋藤晃, 三宅達也, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "メトリクス計測Eclipseプラグインの開発," ソフトウェアエンジニアリング最前線2009, page 193 2009年9月.
[4] 三宅達也, 肥後芳樹, 井上克郎, "メトリクス計測プラグインプラットフォームMASUの開発," ソフトウェアエンジニアリング最前線2008, pages 63-70 2008年9月.
[5] 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, "コードクローンの複雑度メトリクスを用いた開発者の特徴分析," ソフトウェアエンジニアリング最前線2008, pages 103-106 2008年9月.
研究会・全国大会等
[1] 森脇匠哉, 堀田圭佑, 井垣宏, 井上克郎, 楠本真二, "複数のプロジェクトを対象としたクローンの系譜にもとづくソースコード再利用分析手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 510, pages 61-66 2015年3月.
[2] 梅川 晃一, 井垣 宏, 吉田 則裕, 井上 克郎, "細粒度作業履歴を用いたTask Level Commit支援手法の提案," 信学技報 SS2013-82, volume 113, number 489, pages 61-66 2014年3月.
[3] 中村匡秀, 井垣宏, 佐伯幸郎, まつ本真佑, 楠本真二, 上原邦昭, 井上克郎, "Cloud Spiralの取り組み," 日本ソ フトウェア科学会 30 回大会 (2013 年度) 講演論文集, 2013年9月.
[4] 梅川 晃一, 井垣 宏, 吉田 則裕, 井上 克郎, "コーディングにおける細粒度作業履歴を用いた手戻り支援ツールの検討," 電子情報通信学会技術研究報告 SS2013-5, volume 113, number 24, pages 25-30 2013年5月.
[5] 森脇 匠哉, 井垣 宏, 山中 裕樹, 吉田 則裕, 井上 克郎, 楠本 真二, "ソフトウェアリポジトリにおけるコードクローン作成者・利用者関係分析手法とその適用," 電子情報通信学会技術研究報告 SS2013-7, volume 113, number 24, pages 37-42 2013年5月.
[6] 眞鍋 雄貴, 井垣 宏, 福安 直樹, 佐伯 幸郎, 楠本 真二, 井上 克郎, "ソフトウェア開発PBLにおける正確な根拠に基づいた振り返りのためのプロジェクトロギングにおけるエラー検出支援," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012ワークショップ「ソフトウェア開発マネジメントの実践と課題」, 2012年8月.
[7] 眞鍋雄貴, 井垣宏, 福安直樹, 佐伯幸郎, 楠本真二, 井上克郎, "細粒度プロジェクトモニタリングのためのDaaS を利用したソフトウェア開発PBL支援環境の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 164, SS2012-22, pages 73-78 2012年7月.
[8] 村尾憲冶, 肥後芳樹, 井上克郎, "メトリクス値の変遷に基づくソフトウェアの特性分析手法の提案と実装," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 107, number 505, pages 91-96 2008年3月.
[9] 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, "コードクローンのメトリクス値と開発者の相関の調査," 情報処理学会第70回全国大会講演論文集第5分冊, 2008年3月.
[10] 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, "コードクローンのメトリクス値と開発者の相関の調査," 情報処理学会第70回全国大会講演論文集第5分冊, 2008年3月.
[11] 服部剛之, 吉田則裕, 早瀬康裕, 肥後芳樹, 松下誠, 楠本真二, 井上克郎, "識別子の共起関係に基づく類似コード検索法の提案と欠陥検出への適用," 電子情報通信学会技術研究報告, volume SS2007, number 47, pages 55-60 2007年12月.
[12] 肥後芳樹, 植田康士, 楠本真二, 井上克郎, "AGMアルゴリズムを用いたギャップを含むコードクローン情報の生成," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 107, number 392, pages 61-66 2007年12月.
[13] 枝川拓人, 谷口孝治, 楠本真二, 井上克郎, "実行履歴から得られたトランザクションファンクション候補の類似判定手法," ソフトウェア信頼性研究会第4回ワークショップ論文集, 2007年6月.