石原, 堀田, 肥後, 井垣, 楠本, "大規模なソフトウェア群を対象とするメソッド単位でのコードクローン検出," 情報処理学会論文誌, 54(2), pp. 835-844 2013年2月.
ID 260
分類 論文誌
タグ clone detection large method number software systems
表題 (title) 大規模なソフトウェア群を対象とするメソッド単位でのコードクローン検出
表題 (英文) Method Clone Detection for a Large Number of Software Systems
著者名 (author) 石原 知也 , 堀田 圭佑 , 肥後 芳樹 , 井垣 宏 , 楠本 真二
英文著者名 (author) Tomoya Ishihara,Keisuke Hotta,Yoshiki Higo,Hiroshi Igaki,Shinji Kusumoto
キー (key) Tomoya Ishihara,Keisuke Hotta,Yoshiki Higo,Hiroshi Igaki,Shinji Kusumoto
定期刊行物名 (journal) 情報処理学会論文誌
定期刊行物名 (英文)
巻数 (volume) 54
号数 (number) 2
ページ範囲 (pages) 835-844
刊行月 (month) 2
出版年 (year) 2013
Impact Factor (JCR)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) ソフトウェア間にまたがるコードクローンを検出することは,多くのプロジェクトに頻出する処理
のライブラリ化による開発効率の向上やライセンスに違反したソースコード流用の特定などの観点から有
益である.しかし,既存の研究ではこのようなコードクローンの検出に多大な時間を必要とし,また高速
に検出を行うファイル単位の検出手法でもファイルの一部がコードクローンである場合は検出できないと
いう問題点を抱えている.本研究では,大規模なソフトウェア群からメソッド単位のコードクローンを高
速に検出する手法を提案する.実験の結果,提案手法は約3 億6 千万行のソースコードから約4.45 時間で
コードクローン検出を終了し,検出したコードクローンの40%はファイル単位の手法では検出できないこ
とが確認できた.
論文電子ファイル 利用できません.
BiBTeXエントリ
@article{id260,
         title = {大規模なソフトウェア群を対象とするメソッド単位でのコードクローン検出},
        author = {石原 知也  and  堀田 圭佑  and  肥後 芳樹  and  井垣 宏  and  楠本 真二 },
       journal = {情報処理学会論文誌},
        volume = {54},
        number = {2},
         pages = {835-844},
         month = {2},
          year = {2013},
}