田中俊彰, 長岡武志, 岡野浩三, 楠本真二, "時間システムを対象とした到達可能性解析の高速化手法の提案," 情報処理学会研究報告, 170(15), 2010年.
ID 133
分類 研究会・全国大会等
タグ cegar uppaal
表題 (title) 時間システムを対象とした到達可能性解析の高速化手法の提案
表題 (英文) Fast Method of Reachability Analysis for Timed Systems
著者名 (author) 田中俊彰,長岡武志,岡野浩三,楠本真二
英文著者名 (author) Toshiaki Tanaka,Takeshi Nagaoka,Kozo Okano,Shinji Kusumoto
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Toshiaki Tanaka,Takeshi Nagaoka,Kozo Okano,Shinji Kusumoto
書籍・会議録表題 (booktitle) 情報処理学会研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 170
号数 (number) 15
ページ範囲 (pages)
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) 0
出版年 (year) 2010
採択率 (acceptance)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract)
論文電子ファイル SIGSE201011Ver08.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@inproceedings{id133,
         title = {時間システムを対象とした到達可能性解析の高速化手法の提案},
        author = {田中俊彰 and 長岡武志 and 岡野浩三 and 楠本真二},
     booktitle = {情報処理学会研究報告},
        volume = {170},
        number = {15},
         month = {0},
          year = {2010},
}