論文誌
[1] 今里文香, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "機械学習を利用した危険なコードクローンの予測手法," 電子情報通信学会論文誌D, volume J98-D, number 5, pages 847-850 2015年5月.
[2] 今里文香, 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソースコード中に含まれる繰り返しコードの進化に関する調査," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 2, pages 959-970 2014年2月.
表彰・受賞
[1] 今里文香, "平成26年度 大阪大学情報科学研究科賞," , 2015年3月.
国際会議
[1] Ayaka Imazato, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, "Finding Extract Method Refactoring Opportunities by Analyzing Development History," In the 41st IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software and Applications, pages 190-195 July 2017.
[2] Ayaka Imazato, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Prediction Risky Clones Based on Machine Learning," In Proc. of the 15th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES2014), pages 294--297 December 2014.
[3] Ayaka Imazato, Yui Sasaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "“Improving Process of Source Code Modification Focusing on Repeated Code," In Proc. of the 14th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES2013), pages 298-312 June 2013.
研究会・全国大会等
[1] 今里文香, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "機械学習を用いたコードクローンの危険予測," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 127, pages 129-134 2014年7月.
[2] 今里文香, 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソースコード中に含まれる繰り返しコードの進化に関する調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 24, pages 49-54 2013年5月.
学位論文
[1] 今里文香, "構文情報を用いた機械学習に基づくリファクタリング箇所の推薦 ―メソッド抽出リファクタリングへの適用―," 修士学位論文, 大阪大学, 2015年.
[2] 今里文香, ソースコード中に含まれる繰り返しコードの進化に関する調査, 卒業論文, 2013年.