堀直哉, 岡野浩三, 楠本真二, "モデル検査技術を用いたインバリアント被覆テスト ケースの自動生成によるDaikon出力の改善," 松下 誠, 川口 真司(編), ソフトウェア工学の基礎XV 日本ソフトウェア科学会FOSE2008, pp. 41-50 2008年11月.
ID 41
分類 国内会議(査読付き)
タグ improving daikons output automated generation test suites invariant coverage model checking techniques
表題 (title) モデル検査技術を用いたインバリアント被覆テスト ケースの自動生成によるDaikon出力の改善
表題 (英文) Improving Daikons Output with Automated Generation of Test Suites Based on Invariant Coverage and Model Checking Techniques
著者名 (author) 堀直哉,岡野浩三,楠本真二
英文著者名 (author) Naoya Hori,Kozo Okano,Shinji Kusumoto
編者名 (editor) 松下 誠, 川口 真司
編者名 (英文)
キー (key) Naoya Hori,Kozo Okano,Shinji Kusumoto
書籍・会議録表題 (booktitle) ソフトウェア工学の基礎XV 日本ソフトウェア科学会FOSE2008
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume)
号数 (number)
ページ範囲 (pages) 41-50
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) 11
出版年 (year) 2008
採択率 (acceptance)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) Daikon dynamically detects program invariants. Considering its effectiveness and outputs’ qualities, Daikon is a useful tool. It, however, has a problem that its outputs depend on the test suites used for the dynamic analysis. This paper proposes an automated generation method of the test suites based on invariant coverage and model checking techniques. Applying the method to an example shows that the proposed method improves quality of the test suites as well as Daikon’s
generating invariants.
論文電子ファイル 0 (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@inproceedings{id41,
         title = {モデル検査技術を用いたインバリアント被覆テスト ケースの自動生成によるDaikon出力の改善},
        author = {堀直哉 and 岡野浩三 and 楠本真二},
        editor = {松下 誠, 川口 真司},
     booktitle = {ソフトウェア工学の基礎XV 日本ソフトウェア科学会FOSE2008},
         pages = {41-50},
         month = {11},
          year = {2008},
}