解説
[1] 肥後芳樹, 吉田則裕, "コードクローンを対象としたリファクタリング," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 4, pages 42-56 2011年11月.
[2] 神谷年洋, 肥後芳樹, 吉田則裕, "コードクローン検出技術の展開," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 3, pages 28-42 2011年8月.
論文誌
[1] 山本哲男, 吉田則裕, 肥後芳樹, "ソースコードコーパスを利用したシームレスなソースコード再利用法," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 2, pages 644-652 2012年2月.
[2] 馬場慎太郎, 吉田則裕, 楠本真二, 井上克郎, "Fault-Proneモジュール予測へのコードクローン情報の適用," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 10, 2008年10月.
[3] 森崎修司, 吉田則裕, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, 佐々木健介, 村上浩二, 松井恭, "コードクローン検索による類似不具合検出の実証的評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 10, 2008年10月.
表彰・受賞
[1] Tetsuo Yamamoto, Norihiro Yoshida, and Yoshiki Higo, "Iwesep2013 Best Paper Award," , December 2013.
[2] 山本哲男, 吉田則裕, 肥後芳樹, "ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 優秀論文賞," , 2011年9月.
[3] 肥後芳樹, 吉田則裕, 楠本真二, 井上克郎, "平成19年度 情報処理学会論文賞," , 2008年5月.
国際会議
[1] Takuya Moriwaki, Yuki Yamanaka, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Towards an Analysis of Who Creates Clone and Who Reuses It," In Proceedings of the 8th International Workshop on Software Clones (IWSC 2014), February 2014.
[2] Tetsuo Yamamoto, Norihiro Yoshida, and Yoshiki Higo, "Seamless Code Reuse Using Source Code Corpus," In Proc. of the 5th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, pages 31-36 December 2013.
[3] Norhiro Yoshida, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "An Experience Report on Analyzing Industrial Software Systems Using Code Clone Detection Techniques," In the 19th Asia-Pacific Software Engineering Conference, pages 310-313 December 2012.
[4] Katsuro Inoue, Yoshiki Higo, Norihiro Yoshida, Eunjong Choi, Shinji Kusumoto, Kyonghwan Kim, Wonjin Park, and Eunha Lee, "Experience of Finding Inconsistently-Changed Bugs in Code Clones of Mobile Software," In the 6th International Workshop on Software Clones (IWSC2012), pages 94-95 June 2012.
国内会議(査読付き)
[1] 吉田則裕, 崔恩瀞, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "産学連携による携帯端末用ソフトウェアに対する 品質改善の取り組み," ソフトウェア・エンジニアリングシンポジウム2012, 9:1-9:6 2012年8月.
[2] 山本哲男, 吉田則裕, 肥後芳樹, "ソースコードコーパスを利用したシームレスなソースコード再利用手法," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011, 2011年9月.
研究会・全国大会等
[1] 梅川 晃一, 井垣 宏, 吉田 則裕, 井上 克郎, "細粒度作業履歴を用いたTask Level Commit支援手法の提案," 信学技報 SS2013-82, volume 113, number 489, pages 61-66 2014年3月.
[2] 伏田享平, 吉田則裕, 井垣宏, 大平雅雄, "第35 回ソフトウェア工学国際会議 (ICSE2013) 参加報告," 情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告, volume 2013-SE-181, number 14, pages 1-2 2013年7月.
[3] 梅川 晃一, 井垣 宏, 吉田 則裕, 井上 克郎, "コーディングにおける細粒度作業履歴を用いた手戻り支援ツールの検討," 電子情報通信学会技術研究報告 SS2013-5, volume 113, number 24, pages 25-30 2013年5月.
[4] 森脇 匠哉, 井垣 宏, 山中 裕樹, 吉田 則裕, 井上 克郎, 楠本 真二, "ソフトウェアリポジトリにおけるコードクローン作成者・利用者関係分析手法とその適用," 電子情報通信学会技術研究報告 SS2013-7, volume 113, number 24, pages 37-42 2013年5月.
[5] 伏田 享平, 玉田 春昭, 井垣 宏, 藤原 賢二, 吉田 則裕, "プログラミング演習における初学者を対象としたコーディング傾向の分析," 信学技報, volume 111, number 481, pages 67-72 2012年3月.
[6] 服部剛之, 吉田則裕, 早瀬康裕, 肥後芳樹, 松下誠, 楠本真二, 井上克郎, "識別子の共起関係に基づく類似コード検索法の提案と欠陥検出への適用," 電子情報通信学会技術研究報告, volume SS2007, number 47, pages 55-60 2007年12月.