解説
[1] 肥後芳樹, 吉田則裕, "コードクローンを対象としたリファクタリング," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 4, pages 42-56 2011年11月.
[2] 神谷年洋, 肥後芳樹, 吉田則裕, "コードクローン検出技術の展開," コンピュータソフトウェア, volume 28, number 3, pages 28-42 2011年8月.
論文誌
[1] 佐飛祐介, 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, "コードクローンとロジカルカップリングを用いた文字列検索ツールの出力順序の並べ替え," コンピュータソフトウェア, volume 33, number 3, pages 74-80 2016年8月.
[2] 堀田圭佑, 楊嘉晨, 肥後芳樹, 楠本真二, "粗粒度なコードクローン検出手法の精度に関する調査," 情報処理学会論文誌, volume 56, number 2, pages 580-592 2015年2月.
[3] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "Smith-Watermanアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン検出," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 2, 981-993 2014年2月.
[4] 今里文香, 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソースコード中に含まれる繰り返しコードの進化に関する調査," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 2, pages 959-970 2014年2月.
[5] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "生成抑止,分析効率化,不具合検出を中心としたコードクローン管理支援技術に関する研究動向," コンピュータソフトウェア, volume 31, number 1, pages 14-29 2014年2月.
[6] 長瀬義大, 石原知也, 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "主要処理に着目したメソッド単位のコードクローン検出," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 11, pages 2669-2680 2013年11月.
[7] 石原 知也, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二 , "大規模なソフトウェア群を対象とするメソッド単位でのコードクローン検出," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 835-844 2013年2月.
[8] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出ツールの実装と評価," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 845-856 2013年2月.
[9] 畑秀明, 肥後芳樹, 楠本真二, "リポジトリマイニング可能なコードクローン版管理システムの提案," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 894-902 2013年2月.
[10] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いたコードクローンに対するテンプレートメソッドパターン適用支援手法," 電子情報通信学会論文誌D, volume J95-D, number 7, pages 1439-1453 2012年7月.
[11] 肥後芳樹, 植田泰士, 西野稔, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いた増分的なコードクローン検出," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 2, pages 601-611 2012年2月.
[12] 肥後 芳樹, 楠本 真二, "プログラム依存グラフを用いたコードクローン検出法の改善と評価," 情報処理学会論文誌, volume 51, number 12, pages 2149-2168 2010年12月.
[13] 肥後芳樹, 宮崎宏海, 楠本真二, 井上克郎, "グラフマイニングアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン情報の生成," 電子情報通信学会論文誌D, volume J93-D, number 9, pages 1727-1735 2010年9月.
[14] 佐野由希子, 肥後芳樹, 楠本真二, "クラス階層構造を利用したコードクローン集約支援手法の改良," 電子情報通信学会論文誌D, volume J93-D, number 1, pages 59-63 2010年1月.
[15] 馬場慎太郎, 吉田則裕, 楠本真二, 井上克郎, "Fault-Proneモジュール予測へのコードクローン情報の適用," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 10, 2008年10月.
[16] 森崎修司, 吉田則裕, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, 佐々木健介, 村上浩二, 松井恭, "コードクローン検索による類似不具合検出の実証的評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 10, 2008年10月.
[17] 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, "コードクローン検出とその関連技術," 電子情報通信学会論文誌D, volume 91-D, number 6, pages 1465-1481 2008年6月.
[18] リビエリシモネ, 肥後芳樹, 松下誠, 井上克郎, "コードクローン検出技術を用いたLinuxカーネル進化の調査," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 2, pages 509-511 2008年2月.
[19] 肥後芳樹, リビエリシモネ, 松下誠, 井上克郎, "大規模ソースコードを対象としたコードクローンの検出と可視化," 情報処理学会論文誌, volume 48, number 11, pages 3510-3519 2007年11月.
国際会議
[1] Yusuke Sabi, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Rearranging the Order of Program Statements for Code Clone Detection," In Proc. of the 11th IEEE International Workshop on Software Clones, pages 15-21 February 2017.
[2] Yusuke Yuki, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, "Generating Clone References with Less Human Subjectivity," In Proc. of the 24th IEEE International Conference on Program Comprehension, May 2016.
[3] Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Clonepacker: a Tool for Clone Set Visualization," In Proc. of the 22nd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2015), pages 474-478 March 2015.
[4] Akio Ohtani, Yoshiki Higo, Tomoya Ishihara, and Shinji Kusumoto, "On the Level of Code Suggestion for Reuse," In Proc. of the 9th International Workshop on Software Clones (IWSC 2015), pages 26-32 March 2015.
[5] Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "A Dataset of Clone References with Gaps," In Proc. of the 11th Working Conference on Mining Software Repositories, pages 412-415 May 2014.
[6] Keisuke Hotta, Jiachen Yang, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "How Accurate Is Coarse-Grained Clone Detection?: Comparison with Fine-Grained Detectors," In Proc. of the 8th International Workshop on Software Clones (IWSC 2014), pages 1-18 February 2014.
[7] Takuya Moriwaki, Yuki Yamanaka, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Towards an Analysis of Who Creates Clone and Who Reuses It," In Proceedings of the 8th International Workshop on Software Clones (IWSC 2014), February 2014.
[8] Tomoya Ishihara, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Reusing Reused Code," In Proc. of the 20th Working Conference on Reverse Engineering(WCRE2013), pages 457-461 October 2013.
[9] Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, "Enhancement of Crd-Based Clone Tracking," In Proc. of the 13th International Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE2013), pages 28-37 August 2013.
[10] Norhiro Yoshida, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "An Experience Report on Analyzing Industrial Software Systems Using Code Clone Detection Techniques," In the 19th Asia-Pacific Software Engineering Conference, pages 310-313 December 2012.
[11] Hiroaki Murakami, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Folding Repeated Instructions for Improving Token-Based Code Clone Detection," In 12th International Working Conference on Source Code Analysis and Manipulation, pages 64-73 September 2012.
[12] Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Identifying, Tailoring, and Suggesting Form Template Method Refactoring Opportunities with Program Dependence Graph," In Proc. of the 16th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR2012), pages 53-62 March 2012.
[13] Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, "Repeated Instructions Removal Preprocessing for Lightweight Code Clone Detection," In In Proc. of the 22nd International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE2011), November 2011.
[14] Yoshiki Higo, Yasushi Ueda, Minoru Nishino, and Shinji Kusumoto, "Incremental Code Clone Detection: a Pdg-Based Approach," In Proc. of 18th Working Conference on Reverse Engineering, pp.3-12 October 2011.
[15] Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, "Code Clone Detection on Specialized Pdgs with Heuristics," In Proc. of the 15th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR2011), pages 75-84 2011.
[16] Yoshiki Higo, Kensuke Tanaka, and Shinji Kusumoto, "Toward Identifying Inter-Project Clone Sets for Building Useful Libraries," In Proc. of the 4th International Workshop on Software Clones, pp.87-88 2010.
[17] Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, "Enhancing Quality of Code Clone Detection with Program Dependency Graph," In Proc. of the 16th Working Conference on Reverse Engineering, pages 315-316 2009.
[18] Yoshiki Higo, Yasushi Ueda, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Simultaneous Modification Support Based on Code Clone Analysis," In Proc. of the 14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2007), pages 262-269 December 2007.
[19] Yuki Manabe, Yoshiki Higo, and Katsuro Inoue, "Toward Efficient Code Clone Detection on Grid Environment," In Proc. of the 1st Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE2007), pages 49-50 December 2007.
[20] Simone Livieri, Yoshiki Higo, Makoto Matsushita, and Katsuro Inoue, "Analysis of the Linux Kernel Evolution Using Code Clone Coverage," In Proc. of the International Workshop on Mining Software Repositories (MSR2007), May 2007.
[21] Simone Livieri, Yoshiki Higo, Makoto Matsushita, and Katsuro Inoue, "Very-Large Scale Code Clone Analysis and Visualization of Open Source Programs Using Distributed Ccfinder: D-Ccfinder," In Proc of the 29the IEEE International Conference on Software Engineering (ICSE2007), pages 106-115 May 2007.
国内会議(査読付き)
[1] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "Smith-Watermanアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン検出," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, F10:1-F10:8 2013年9月.
[2] 畑 秀明, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "リポジトリマイニング可能なコードクローン版管理システムの提案," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012, 20:1-20:8 2012年8月.
[3] 肥後芳樹, 植田泰士, 西野稔, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いた増分的なコードクローン検出," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011, 2011年9月.
[4] 肥後芳樹, 楠本真二, "コードクローン検出に必要な計算コストの削減を目的としたプログラム依存グラフ頂点集約手法の提案," ソフトウェアエンジニアリング最前線2010(ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010予稿集), pages 127-134 2010年9月.
[5] 肥後芳樹, 楠本真二, "実規模ソフトウェアへの適用を目的としたプログラム依存グラフに基づくコードクローン検出法," ソフトウェアエンジニアリング最前線2009, 2009年9月.
[6] 肥後芳樹, "集約の観点から見たソースコード類似性の判定," ソースコードの類似性ワークショップ, 2009年9月.
研究会・全国大会等
[1] 森脇匠哉, 堀田圭佑, 井垣宏, 井上克郎, 楠本真二, "複数のプロジェクトを対象としたクローンの系譜にもとづくソースコード再利用分析手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 510, pages 61-66 2015年3月.
[2] 堀田圭佑, 楊嘉晨, 肥後芳樹, 楠本真二, "粗粒度なコードクローン検出手法の精度評価," 情報処理学会研究報告, volume 2014-SE-183, number 6, pages 1-8 2014年3月.
[3] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "CRDの類似度に基づくコードクローン追跡手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 159, pages 127-132 2013年7月.
[4] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "オープンソースソフトウェアにおけるコードクローンの消失に関する調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 275, pages 111-116 2012年11月.
[5] 石原知也, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "大規模ソフトウェア群に対するメソッド単位のコードクローン検出," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 111, number 481, pages 31-36 2012年3月.
[6] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いたTemplate Methodパターン適用によるコードクローン集約支援," 情報処理学会研究報告, volume 171, number 14, 2011年3月.
[7] 肥後芳樹, 楠本真二, "複数のメソッドにまたがって存在するコードクローンの検出に向けて," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 110, number 336, pages 67-72 2010年12月.
[8] 田中健介, 肥後芳樹, 楠本真二, "大規模ソースコード集合を対象とした類似関数集合群の抽出," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 456, pages 49-54 2010年3月.
[9] 澤健一, 肥後芳樹, 楠本真二, "コードクローン検出ツールを用いた不具合検出手法の提案と評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 108, number 173, pages 67-72 2008年7月.
[10] 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, "コードクローンのメトリクス値と開発者の相関の調査," 情報処理学会第70回全国大会講演論文集第5分冊, 2008年3月.
[11] 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, "コードクローンのメトリクス値と開発者の相関の調査," 情報処理学会第70回全国大会講演論文集第5分冊, 2008年3月.
[12] 澤健一, 肥後芳樹, 楠本真二, "複数のコードクローン検出ツールによって検出されるコードクローンの差異を用いた不具合検出手法," 情報処理学会第70回全国大会講演論文集, 2008年3月.
[13] 肥後芳樹, 植田康士, 楠本真二, 井上克郎, "AGMアルゴリズムを用いたギャップを含むコードクローン情報の生成," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 107, number 392, pages 61-66 2007年12月.
学位論文
[1] 幸 佑亮, "多粒度コードクローン検出ツールDecrescendoの実装と評価," 修士学位論文, 大阪大学, 2017年.
[2] 佐飛 祐介, "プログラム依存グラフと抽象構文木を用いたコードクローン検出のための正規化," 修士学位論文, 大阪大学, 2017年.
[3] Hiroaki Murakami, "Fast and Precise Token-Based Code Clone Detection," Ph.D. thesis, Osaka University, 2016.
[4] Keisuke Hotta, "Efficient Code Clone Management Based on Historical Analysis and Refactoring Support," Ph.D. thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, 2013.
[5] Hiroaki MURAKAMI, "Type-3 Code Clone Detection Using the Smith-Waterman Algorithm," Master thesis, Osaka University, 2013.
[6] Keisuke Hotta, "A Refactoring Support for Form Template Method Using PDG-based Code Clone Detection," Master thesis, Osaka University, 2012.
[7] 石原知也, "大規模データセットを対象とするメソッド単位でのコードクローン検出," , 2012年2月.
[8] 西野稔, "プログラム依存グラフを用いたコードクローンのインクリメンタルな検出手法," 修士学位論文, 大阪大学, 2011年.
[9] 佐野由希子, "オープンソースソフトウェアにおける重複コードと非重複コードの修正頻度計測とその比較," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.
[10] 堀田圭佑, "ソースコード修正時におけるコードクローンの影響に関する調査 - 複数の検出ツールを用いて -," , 2010年2月.
[11] 田中健介, "ソフトウェア資源の機能整理を目的とした類似関数集合の検出," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.
Technical Report
[1] Yoshiki Higo, Hiroaki Murakami, and Shinji Kusumoto, "Revisiting Capabilities of Pdg-Based Clone Detection," Technical Report, Graduate School of Information Science and Techology, Osaka University, November 2013.