国際会議
[1] Haruki Yokoyama, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Evaluating Automated Program Repair Using Characteristics of Defects," In The 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP), March 2017.
[2] Hiroki Nakajima, Yoshiki Higo, Haruki Yokoyama, and Shinji Kusumoto, "Toward Developer-like Automated Program Repair ―Modification Comparisons between GenProg and Developers―," In Proceedings of the 23rd Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2016), pages 241-248 December 2016.
[3] Haruki Yokoyama, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, Takafumi Ohta, Kozo Okano, , and Shinji Kusumoto, "Toward Improving Ability to Repair Bugs Automatically –A Patch Candidate Location Mechanism Using Code Similarity–," In 31st ACM Symposium on Applied Computing, pages 1364-1370 April 2016.
研究会・全国大会等
[1] 谷門 照斗, 横山 晴樹, 鷲見 創一, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "再利用に基づく自動プログラム修正における更新順および類似度順の実装と評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 512, pages 19-24 2017年3月.
[2] 横山 晴樹, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "欠陥の特徴を用いた自動欠陥修正の評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 425, pages 129-134 2017年1月.
[3] 山本将弘, 横山晴樹, 肥後芳樹, 楠本真二, "再利用に基づく自動プログラム修正における更新順を用いた挿入候補の絞込の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 508, pages 79--84 2016年3月.
[4] 中島 弘貴, 横山 晴樹, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "開発者と自動プログラム修正手法による修正の差異の調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 508, pages 67-72 2016年3月.
[5] 横山 晴樹, 大田 崇史, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 岡野 浩三, 楠本 真二, "再利用に基づく自動バグ修正における再利用候補の絞込に向けた調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 20, pages 047-052 2015年5月.
学位論文
[1] 横山 晴樹, "バグの特徴を用いた自動プログラム修正ツールの比較," 修士学位論文, 大阪大学, 2017年.
[2] 横山 晴樹, "コード片再利用に基づいたプログラム自動修正に対する再利用候補限定に向けた調査," , 2015年2月.