論文誌
[1] 鷲見創一, 肥後芳樹, 堀田圭佑, 楠本真二, "自動プログラム修正の修正可能バグ数に関する考察," コンピュータソフトウェア, volume 33, number 3, pages 81-87 2016年8月.
国際会議
[1] Haruki Yokoyama, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Evaluating Automated Program Repair Using Characteristics of Defects," In The 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP), March 2017.
[2] Haruki Yokoyama, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, Takafumi Ohta, Kozo Okano, , and Shinji Kusumoto, "Toward Improving Ability to Repair Bugs Automatically –A Patch Candidate Location Mechanism Using Code Similarity–," In 31st ACM Symposium on Applied Computing, pages 1364-1370 April 2016.
[3] Ryotaro Kou, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "A Capable Crossover Technique on Automatic Program Repair," In Ryotaro Kou, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, editor, Proc. of 7th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP), pages 045-050 March 2016.
[4] Soichi Sumi, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, "Toward Inproving Graftability on Automated Program Repair," 31st International Conference on Software Maintenance and Evolution, pages 511-515 October 2015.
研究会・全国大会等
[1] 鷲見 創一, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "ソースコードの変更予測手法による自動プログラム修正の高速化," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 116, number 277, pages 73-78 2016年10月.
[2] 鷲見 創一, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "自動バグ修正における対応可能バグ数の拡充に向けて―大規模データセットを用いるアプローチのフィージビリティ調査―," 電気情報通信学会技術研究報告, number 153, volume 115, pages 131-136, 電気情報通信学会, 2015年7月.
学位論文
[1] 横山 晴樹, "バグの特徴を用いた自動プログラム修正ツールの比較," 修士学位論文, 大阪大学, 2017年.
[2] 谷門 照斗, "再利用に基づく自動プログラム修正における再利用候補の絞り込み手法の実装と評価," , 2017年2月.
[3] 山本 将弘, "自動プログラム修正における更新履歴データを用いた挿入候補選択手法," , 2016年2月.
[4] 高 良多朗, "遺伝的プログラミングにおける選択的交叉を用いた自動プログラム修正手法," 修士学位論文, 大阪大学 大学院情報科学研究科, 2016年.
[5] 中島 弘貴, "開発者とGenProgによるソースコード修正の比較調査," , 2016年2月.
[6] 横山 晴樹, "コード片再利用に基づいたプログラム自動修正に対する再利用候補限定に向けた調査," , 2015年2月.
[7] 大田 崇史, "指向性ランダム探索によるプログラム自動修正," 修士学位論文, 2015年2月.