論文誌
[1] 高 良多朗, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二, "複数メソッド上に解離したコードクローンの検出手法," 電子情報通信学会論文誌D, volume J99-D, number 6, 2016年6月.
[2] Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Classification Model for Code Clones Based on Machine Learning," In Empirical Software Engineering, volume 20, number 4, pages 1095-1125 August 2015.
[3] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "Smith-Watermanアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン検出," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 2, 981-993 2014年2月.
[4] 高先 修平, 井垣 宏, 肥後 芳樹, 楠本 真二 , "タスクボードとオンラインストレージを用いたソフトウェア開発PBLのためのタスク記録支援環境の構築," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 1, pages 199-209 2014年1月.
[5] 佐々木唯, 石原知也, 堀田圭佑, 畑秀明, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "メトリクス計測の前処理となるソースコード簡略化手法の提案と評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 11, pages 2634-2645 2013年11月.
[6] 長瀬義大, 石原知也, 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "主要処理に着目したメソッド単位のコードクローン検出," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 11, pages 2669-2680 2013年11月.
[7] 木村秀平, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "メソッド呼び出し履歴のフェイズ分割を用いた Move Method リファクタリング," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 11, pages 2864-2865 2013年11月.
[8] 小笠原 貴洋, 井垣 宏, 井上 亮文, 星 徹, "屋内位置情報基盤構築支援システムVELSY," ヒューマンインタフェース学会論文誌, volume 15, number 2, pages 131-150 2013年5月.
[9] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "Template Method パターン適用支援手法の類似メソッド群への拡張," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 2, pages 362-364 2013年2月.
[10] 石原 知也, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二 , "大規模なソフトウェア群を対象とするメソッド単位でのコードクローン検出," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 835-844 2013年2月.
[11] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出ツールの実装と評価," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 845-856 2013年2月.
[12] 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "機械学習を用いた類似度に基づく有用なコードクローンの自動特定手法," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 807-819 2013年2月.
[13] 井垣 宏, 齊藤 俊, 井上 亮文, 中村 亮太, 楠本 真二, "プログラミング演習における進捗状況把握のためのコーディング過程可視化システムC3PVの提案," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 1, pages 330-339 2013年1月.
[14] Takuya Inada, Hiroshi Igaki, Kosuke Ikegami, Shinsuke Matsumoto, Masahide Nakamura, and Shinji Kusumoto, "Detecting Service Chains and Feature Interactions in Sensor-Driven Home Network Services," Sensors, volume 12, number 7, pages 8447-8464 June 2012.
[15] 井垣 宏, 瀬戸 英晴, 福田 将之, まつ本 真佑, 中村 匡秀, "家庭における省エネ促進のための電力消費振り返りサービスの実装と評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J95-D, number 4, 2012年4月.
[16] 堀口 悟史, 井垣 宏, 井上 亮文, 山田 誠, 星 徹, 岡田 謙一, "講義資料閲覧ログを用いたプログラミング講義進捗管理手法の提案," 情報処理学会論文誌, volume 53, number 1, pages 61-71 2012年1月.
[17] Hiroshi Igaki, Takeshi Kakimoto, Yukio Saiki, Naoki Fukuyasu, Shinji Kawaguchi, Yasuhiro Hayase, Naohiro Sakiyama, and Katuro Inoue, "Process Monitoring Environment for Reality-Based Software Development Practice Based on Comparison among Student Groups," The Educational Technology Research Journal, September 2011.
表彰・受賞
[1] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "情報処理学会論文賞," , 2015年6月.
[2] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文," , 2014年2月.
[3] 高先 修平, 井垣 宏, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文," , 2014年1月.
[4] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013 最優秀論文賞," , 2013年9月.
国際会議
[1] Takafumi Ohta, Hiroaki Murakami, Hiroshi Igaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Source Code Reuse Evaluation by Using Real/Potential Copy and Paste," In Proc. of the 9th International Workshop on Software Clones (IWSC 2015), pages 33-39 March 2015.
[2] Hiroshi Igaki, Naoki Fukuyasu, Sachio Saiki, Shinsuke Matsumoto, and Shinji Kusumoto, "Quantitative Assessment with Using Ticket Driven Development for Teaching Scrum Framework," In Proceedings of the 2014 International Conference on Software Engineering(ICSE2014), June 2014.
[3] Shuhei Kimura, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Does Return Null Matter?," In IEEE Conference on Software Maintenance, Reengineering, and Reverse Engineering (CSMR-WCRE), pages 244-253 February 2014.
[4] Takuya Moriwaki, Yuki Yamanaka, Hiroshi Igaki, Norihiro Yoshida, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Towards an Analysis of Who Creates Clone and Who Reuses It," In Proceedings of the 8th International Workshop on Software Clones (IWSC 2014), February 2014.
[5] Yui Sasaki, Tomoya Ishihara, Keisuke Hotta, Hideaki Hata, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Preprocessing of Metrics Measurement Based on Simplifying Program Structures," In International Workshop on Software Analysis, Testing and Applications, pages 120-127 December 2012.
[6] Tomoya Ishihara, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Inter-Project Functional Clone Detection Toward Building Libraries - an Empirical Study on 13,000 Projects -," In 19th Working Conference on Reverse Engineering, pages 387-391 October 2012.
[7] Hiroaki Murakami, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Folding Repeated Instructions for Improving Token-Based Code Clone Detection," In 12th International Working Conference on Source Code Analysis and Manipulation, pages 64-73 September 2012.
[8] Shuhei Kimura, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Move Code Refactoring with Dynamic Analysis," In 2012 International Conference on Software Maintenance, pages 575-578 September 2012.
[9] Umekawa Kohichi, Hiroshi Igaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "A Study of Student Experience Metrics for Software Development PBL," In Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel Distributed Computing (SNPD), 2012 13th ACIS International Conference on, 465 -469 August 2012.
[10] Naoki Fukuyasu, Sachio Saiki, Hiroshi Igaki, and Yuki Manabe, "Experimental Report of the Exercise Environment for Software Development Pbl," In Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel Distributed Computing (SNPD), 2012 13th ACIS International Conference on, 482 -487 August 2012.
[11] Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Filtering Clones for Individual User Based on Machine Learning Analysis," In Proc. of the 6th International Workshop on Software Clones (IWSC2012), pages 76-77 June 2012.
[12] Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "CRat: A Refactoring Support Tool for Form Template Method," In Proc. of the 20th International Conference on Program Comprehension (ICPC2012), pages 250-252 June 2012.
国内会議(査読付き)
[1] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "Smith-Watermanアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン検出," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, F10:1-F10:8 2013年9月.
[2] 木村 秀平, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二 , "null返り値が保守作業に与える悪影響の調査," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, F02:1-F02:8 2013年9月.
[3] 福安 直樹, 井垣 宏, 佐伯 幸郎, 眞鍋 雄貴, 楠本 真二, 井上 克郎, "ソフトウェア開発PBLにおけるタスク記録の修正に基づく振り返り手法の提案," ソフトウェア工学の基礎XIX(日本ソフトウェア科学会FOSE 2012), レクチャーノート/ソフトウェア学38, pages 183-188 2012年12月.
[4] 楊 嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "機械学習に基づく有用なコードクローンの自動特定手法," ソフトウェア・エンジニアリングシンポジウム2012, 21:1-21:8 2012年8月.
[5] 小笠原 貴洋, 井垣 宏, 井上 亮文, 星 徹, "屋内位置情報サービス開発支援環境の構築," インタラクション2012インタラクティブ発表1, pages 331-336 2012年3月.
研究会・全国大会等
[1] 森脇匠哉, 堀田圭佑, 井垣宏, 井上克郎, 楠本真二, "複数のプロジェクトを対象としたクローンの系譜にもとづくソースコード再利用分析手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 510, pages 61-66 2015年3月.
[2] 大田崇史, 井垣宏, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソフトウェア開発におけるコピーアンドペーストで生じたコード片に対する調査," 電子情報学会技術研究報告, volume 114, number 127, 2014年7月.
[3] 高 良多朗, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二, "処理の委譲の有無に基づくリファクタリング支援手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 23, pages 007-012 2014年5月.
[4] 梅川 晃一, 井垣 宏, 吉田 則裕, 井上 克郎, "細粒度作業履歴を用いたTask Level Commit支援手法の提案," 信学技報 SS2013-82, volume 113, number 489, pages 61-66 2014年3月.
[5] 井垣 宏, 福安 直樹, 楠本 真二, "Immutable Infrastructureを利用したソフトウェア工学教育のためのサーバ運用手法の検討," ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集, pages 79-80 2014年1月.
[6] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "精度向上および高速化を目的としたギャップを含むコードクローン検出手法の提案," ソフトウェア信頼性研究会第9回ワークショップ, 2013年12月.
[7] 中村匡秀, 井垣宏, 佐伯幸郎, まつ本真佑, 楠本真二, 上原邦昭, 井上克郎, "Cloud Spiralの取り組み," 日本ソ フトウェア科学会 30 回大会 (2013 年度) 講演論文集, 2013年9月.
[8] 井垣 宏, 福安 直樹, 佐伯 幸郎, まつ本 真佑, 楠本 真二, "PBL のための Scrum とチケット駆動開発の融合," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 2013 ワークショップ「開発マネジメントにおける産学の問題共有と連携強化」, 2013年8月.
[9] 細合晋太郎, 亀井靖高, 大迫周平, 井垣 宏, 鵜林尚靖, 福田 晃, "PBL への DaaS 開発環境の導入事例," 電子情報通信学会技術研究報告 SS2013-30, volume 113, number 159, pages 103-108 2013年7月.
[10] 伏田享平, 吉田則裕, 井垣宏, 大平雅雄, "第35 回ソフトウェア工学国際会議 (ICSE2013) 参加報告," 情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告, volume 2013-SE-181, number 14, pages 1-2 2013年7月.
[11] 梅川 晃一, 井垣 宏, 吉田 則裕, 井上 克郎, "コーディングにおける細粒度作業履歴を用いた手戻り支援ツールの検討," 電子情報通信学会技術研究報告 SS2013-5, volume 113, number 24, pages 25-30 2013年5月.
[12] 森脇 匠哉, 井垣 宏, 山中 裕樹, 吉田 則裕, 井上 克郎, 楠本 真二, "ソフトウェアリポジトリにおけるコードクローン作成者・利用者関係分析手法とその適用," 電子情報通信学会技術研究報告 SS2013-7, volume 113, number 24, pages 37-42 2013年5月.
[13] 井垣 宏, "ソフトウェアイノベーションプロジェクトにおけるPBL及びPBL教育のためのクラウドコンピューティング活用," 第2回PBLシンポジウム, 2013年3月.
[14] 堀口悟史, 井垣宏, 井上亮文, 星徹, 岡田謙一, "講義進捗状況の可視化によるプログラミング講義リフレクション支援の提案," 情報処理学会研究報告, volume 2013-GN-86, number 17, pages 1-6 2013年1月.
[15] 佐伯幸郎, 井垣 宏, 福安直樹, まつ本真佑, 楠本真二, "ソフトウェア開発PBLのためのDaaSを利用した開発環境の構築," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 299, pages 13-18 2012年11月.
[16] 長瀬義大, 堀田圭佑, 石原知也, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "異常処理を考慮したメソッド単位のコードクローン検出," ソフトウェア信頼性研究会第8回ワークショップ, 2012年11月.
[17] 谷口 禎英, 堀口悟史, 井上 亮文, 井垣 宏, 星 徹, "書き込みの時間軸表示によるホワイトボードログの振り返り支援システムの実装," 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), volume 2012-GN-85, number 29, pages 1-6 2012年9月.
[18] 小笠原 貴洋, 井垣 宏, 井上 亮文, 星 徹, "屋内位置情報サービス構築支援システムVELSYとその評価," 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), volume 2012-GN-85, number 1, pages 1-8 2012年9月.
[19] 眞鍋 雄貴, 井垣 宏, 福安 直樹, 佐伯 幸郎, 楠本 真二, 井上 克郎, "ソフトウェア開発PBLにおける正確な根拠に基づいた振り返りのためのプロジェクトロギングにおけるエラー検出支援," ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012ワークショップ「ソフトウェア開発マネジメントの実践と課題」, 2012年8月.
[20] 眞鍋雄貴, 井垣宏, 福安直樹, 佐伯幸郎, 楠本真二, 井上克郎, "細粒度プロジェクトモニタリングのためのDaaS を利用したソフトウェア開発PBL支援環境の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 164, SS2012-22, pages 73-78 2012年7月.
[21] 佐々木唯, 石原知也, 堀田圭佑, 畑秀明, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "プログラム構造の簡略化によるメトリクス計測方法の改善," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 164, pages 85-90 2012年7月.
[22] 木村 秀平, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二, "動的解析を用いたコード移動リファクタリングの支援," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 112, number 164, pages 97-102 2012年7月.
[23] 福安 直樹, 佐伯 幸郎, 水谷 泰治, 井垣 宏, 眞鍋 雄貴, "ソフトウェア開発PBLにおけるプロジェクトの可視化に基づく適応的な指導の実現," 教育システム情報学会研究報告, volume 26, number 7, pages 169-176 2012年3月.
[24] 石原知也, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "大規模ソフトウェア群に対するメソッド単位のコードクローン検出," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 111, number 481, pages 31-36 2012年3月.
[25] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 111, number 481, pages 25-30 2012年3月.
[26] 伏田 享平, 玉田 春昭, 井垣 宏, 藤原 賢二, 吉田 則裕, "プログラミング演習における初学者を対象としたコーディング傾向の分析," 信学技報, volume 111, number 481, pages 67-72 2012年3月.
[27] 齊藤 俊, 山田 誠, 井垣 宏, 楠本 真二, 井上 亮文, 星 徹, "プログラミング演習における受講生支援のためのコーディング過程可視化システムの提案," 電子情報通信学会技術研究報告, 2012年3月.
[28] 井垣 宏, 楠本 真二, "ソフトウェアイノベーション先導のためのクラウドコンピューティングを対象とした教育プログラムの検討," 情報処理学会シンポジウムシリーズ ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖, volume 2012, number 1, pages 19-20 2012年1月.
[29] 柿元健, 井垣宏, 川口真司, 福安直樹, 佐伯幸郎, 早瀬康裕, 崎山直洋, "開発プロセスの観察とグループ間比較による実践的ソフトウェア開発演習の支援環境," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 109, number 456, pages 13-18 2010年3月.