村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, 111(481), pp. 25-30 2012年3月.
ID 186
分類 研究会・全国大会等
タグ Code Clone Program Analysis Software Maintenance
表題 (title) ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の提案
表題 (英文) Code Clone Detection Method Designed for Information of Repetition in Source Code
著者名 (author) 村上寛明,堀田圭佑,肥後芳樹,井垣宏,楠本真二
英文著者名 (author) Hiroaki Murakami,Keisuke Hotta,Yoshiki Higo,Hiroshi Igaki,Shinji Kusumoto
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Hiroaki Murakami,Keisuke Hotta,Yoshiki Higo,Hiroshi Igaki,Shinji Kusumoto
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 111
号数 (number) 481
ページ範囲 (pages) 25-30
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) 3
出版年 (year) 2012
採択率 (acceptance)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) コードクローンとはソースコード中の一致,または類似したコード片の組を表す.コードクローンはソフトウェアの保守を困難にする要因の1 つであり,これまでに様々な検出手法が提案されている.しかし,既存の検出手法では,ソースコード中の繰り返し部分で冗長なコードクローンを検出してしまう問題がある.本論文では,繰り返し部分を折りたたむという前処理を行うことで,冗長なコードクローンの検出を抑制する手法を提案する.また,提案手法を組み込んだ検出ツールを実装し,オープンソースソフトウェアに対して評価実験を行う.
論文電子ファイル sigss2012.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@inproceedings{id186,
         title = {ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の提案},
        author = {村上寛明 and 堀田圭佑 and 肥後芳樹 and 井垣宏 and 楠本真二},
     booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
        volume = {111},
        number = {481},
         pages = {25-30},
         month = {3},
          year = {2012},
}