中島弘貴, 松尾裕幸, まつ本真佑, 楠本真二, "Web広告が閲覧デバイスに与える副作用の実証的調査," 電子情報通信学会技術研究報告, 116(287), pp. 39-44 2016年11月.
ID 465
分類 研究会・全国大会等
タグ
表題 (title) Web広告が閲覧デバイスに与える副作用の実証的調査
表題 (英文)
著者名 (author) 中島弘貴,松尾裕幸,まつ本真佑,楠本真二
英文著者名 (author) Hiroki Nakajima,Hiroyuki Matsuo,Shinsuke Matsumoto,Shinji Kusumoto
キー (key) Hiroki Nakajima,Hiroyuki Matsuo,Shinsuke Matsumoto,Shinji Kusumoto
定期刊行物名 (journal) 電子情報通信学会技術研究報告
定期刊行物名 (英文)
巻数 (volume) 116
号数 (number) 287
ページ範囲 (pages) 39-44
刊行月 (month) 11
出版年 (year) 2016
Impact Factor (JCR)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 近年,Web のユーザにとって望ましくない「煩わしい」広告が増えている.例えばGIF アニメーションを用いた広告や,画面のスクロール動作に追従する広告などである.これらの広告は,コンテンツの読みやすさやユーザビリティの低下といった人への影響だけでなく,バッテリー消費量やページの初期ロード時間,ネットワーク通信量の増加といった,閲覧デバイスへの影響も少なからず発生させる.一方で,「煩わしい」広告の回避を目的とした広告ブロック技術も普及しつつある.仮にあらゆるユーザがこれらの技術を利用すれば,コンテンツの提供/享受と広告の掲示/閲覧によって成り立つWeb のエコシステムは崩壊する恐れがある.本研究の長期的な目的はWeb のエコシステムの持続であり,そのための手段としてユーザに受け入れられやすい広告について検討することである.本稿ではそのような広告が持つ性質のうち,閲覧デバイスに与える影響に着目し,その影響の程度を調査する.
論文電子ファイル h-nakajm_20161104.pdf (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@article{id465,
         title = {Web広告が閲覧デバイスに与える副作用の実証的調査},
        author = {中島弘貴 and 松尾裕幸 and まつ本真佑 and 楠本真二},
       journal = {電子情報通信学会技術研究報告},
        volume = {116},
        number = {287},
         pages = {39-44},
         month = {11},
          year = {2016},
}