論文誌
[1] 中村伸裕, 服部悦子, 永田菜生, 楠本真二, "システム価値向上を目的としたScrumの試行・評価," SEC journal, volume 9, number 3, pages 110-117 2013年10月.
[2] 中村伸裕, 高橋覚, 楠本真二, "管理図を用いた欠陥管理システムによる品質改善とその効果," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 10, pages 2214-2225 2013年10月.
[3] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出ツールの実装と評価," 情報処理学会論文誌, volume 54, number 2, pages 845-856 2013年2月.
[4] 肥後 芳樹, 楠本 真二, "プログラム依存グラフを用いたコードクローン検出法の改善と評価," 情報処理学会論文誌, volume 51, number 12, pages 2149-2168 2010年12月.
[5] 宮本敬三, 岡野浩三, 楠本真二, "Javaに対するループインバリアントを含むDaikon生成アサーションの妥当性評価," 電子情報通信学会論文誌D, volume J91-D, number 11, pages 2721-2723 2008年11月.
国際会議
[1] Takafumi Ohta, Hiroaki Murakami, Hiroshi Igaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "Source Code Reuse Evaluation by Using Real/Potential Copy and Paste," In Proc. of the 9th International Workshop on Software Clones (IWSC 2015), pages 33-39 March 2015.
[2] Takeshi Nagaoka, Akihiko Ito, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, "Qos Evaluation for Real-Time Distributed Systems Using the Probabilistic Model Checker Prism," In Proceedings of International Workshop on Informatics 2009, pages 60-66 September 2009.
[3] Koichi Tamura, Takeshi Kakimoto, Koji Toda, Masateru Tsunoda, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, "Empirical Evaluation of Missing Data Techniques for Effort Estimation," In Proc. of International Workshop on Software Productivity Analysis And Cost Estimation (SPACE2008), pages 4-9 December 2008.
国内会議(査読付き)
[1] 宮本敬三, 堀直哉, 岡野浩三, 楠本真二, 西本哲, "アサーション動的生成のためのテストケース自動生成手法の生成アサーションの妥当性評価," ソフトウェア工学の基礎XVI 日本ソフトウェア科学会FOSE2009, pages 183-190 2009年11月.
研究会・全国大会等
[1] 古田雄基, 肥後芳樹, 楠本真二, 工数予測支援ツールe3の実用性評価と機能拡張, ソフトウェア信頼性研究会第11回ワークショップ(FORCE 2015), 2015年.
[2] 古田 雄基, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "工数予測支援ツールe3の機能拡張と追加評価," FIT2015 第14回情報科学技術フォーラム 講演論文集, volume 1, pages 165-166 2015年9月.
[3] 生方克馬, 柿元健, 楠本真二, "複数の手法による予測結果が比較可能な工数予測ツールの開発と評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 110, number 336, pages 7-12 2010年12月.
[4] 中村 哲彬, 柿元 健, 楠本 真二, "類似性に基づく工数予測における予測回避の効果," ソフトウェア信頼性研究会第6回ワークショップ論文集, pages 37-44 2010年3月.
[5] 澤健一, 肥後芳樹, 楠本真二, "コードクローン検出ツールを用いた不具合検出手法の提案と評価," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 108, number 173, pages 67-72 2008年7月.
[6] 濱田淳司, 孫為華, 山口弘純, 楠本真二, "車車間アドホックルーティングプロトコルGVGridの実装と評価," マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム, pages 540-547 2007年7月.
学位論文
[1] 幸 佑亮, "多粒度コードクローン検出ツールDecrescendoの実装と評価," 修士学位論文, 大阪大学, 2017年.
[2] 岡田 良知, "類似性に基づく工数予測へのMoving Windowsの適用とその評価," , 2011年2月.
[3] 中村哲彬, "類似性に基づく工数予測における予測回避プロジェクト判別手法の提案とその評価," 修士学位論文, 大阪大学, 2010年.