論文誌
[1] 江川 翔太, 岡野 浩三, 楠本 真二, "ソフトウェア文書匿名化ツールの試作," 電子情報通信学会論文誌D, volume J98-D, number 11, pages 1419-1422 2015年11月.
国際会議
[1] Yui Sasaki, Tomoya Ishihara, Keisuke Hotta, Hideaki Hata, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "Preprocessing of Metrics Measurement Based on Simplifying Program Structures," In International Workshop on Software Analysis, Testing and Applications, pages 120-127 December 2012.
研究会・全国大会等
[1] 山田 悠斗, 江川 翔太, 角田 雅照, 楠本 真二, ISBSGデータを用いた見積もり研究に対するIPA/SECデータを用いた追試, ソフトウェア・シンポジウム2016, 2016年.
[2] 横山 晴樹, 大田 崇史, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 岡野 浩三, 楠本 真二, "再利用に基づく自動バグ修正における再利用候補の絞込に向けた調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 20, pages 047-052 2015年5月.
[3] 江川 翔太, 岡野 浩三, 楠本 真二, ソフトウェア開発ドキュメント匿名化ツールの試作, ソフトウェア信頼性研究会第10回ワークショップ(FORCE 2014), 2014年.
[4] 江川 翔太, 岡野 浩三, 楠本 真二, ソフトウェア開発ドキュメント匿名化ツールの試作とその評価, ソフトウェア・シンポジウム2014, 2014年.
[5] 高 良多朗, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二, "処理の委譲の有無に基づくリファクタリング支援手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 23, pages 007-012 2014年5月.
[6] 今里文香, 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソースコード中に含まれる繰り返しコードの進化に関する調査," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 24, pages 49-54 2013年5月.
[7] 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 111, number 481, pages 25-30 2012年3月.
[8] 佐々木唯, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "ソフトウェア保守におけるコードクローンの影響に関する調査方法の比較," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 111, number 168, pages 25-30 2011年7月.
[9] 中村 哲彬, 柿元 健, 楠本 真二, "類似性に基づく工数予測における予測回避の効果," ソフトウェア信頼性研究会第6回ワークショップ論文集, pages 37-44 2010年3月.
[10] 中村哲彬,柿元健,楠本真二, "類似性に基づく工数予測における適切でない予測プロジェクトの判別の試み," 電子情報通信学会技術報告, volume 109, number 170, pages 83-87 2009年8月.
学位論文
[1] 江川 翔太, "見積もり研究における外的妥当性の調査を目的とした系統的レビューと追試," 修士学位論文, 大阪大学, 2016年.
[2] 山田 悠斗, "ISBSGリポジトリを用いた見積もり研究に対する追試," , 2016年2月.
[3] 佐飛 祐介, "ソースコード修正漏れ防止を目的とした同時変更箇所検索ツールの出力結果の並べ替え," , 2015年2月.
[4] 高 良多朗, "処理の委譲の有無に基づく一貫性が欠如したコードの特定," , 2014年2月.
[5] 江川 翔太, "ソフトウェア開発ドキュメント匿名化ツールの試作とその評価," , 2014年2月.
[6] 村上寛明, "ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の実装," , 2012年2月.