長岡武志, 岡野浩三, 楠本真二, "UPPAAL拡張時間オートマトンの反例に基づく抽象化改良ループによるモデル抽象化手法," 電子情報通信学会技術報告, 107(176), pp. 77-82 2007年8月.
ID 17
分類 研究会・全国大会等
タグ abstraction extended timed automata uppaal counterexample-guided abstraction refinement loop
表題 (title) UPPAAL拡張時間オートマトンの反例に基づく抽象化改良ループによるモデル抽象化手法
表題 (英文) Abstraction of Extended Timed Automata for Uppaal Based on Counterexample-Guided Abstraction Refinement Loop
著者名 (author) 長岡武志,岡野浩三,楠本真二
英文著者名 (author) Takeshi Nagaoka,Kozo Okano,Shinji Kusumoto
キー (key) Takeshi Nagaoka,Kozo Okano,Shinji Kusumoto
定期刊行物名 (journal) 電子情報通信学会技術報告
定期刊行物名 (英文) IEICE Technical Report
巻数 (volume) 107
号数 (number) 176
ページ範囲 (pages) 77-82
刊行月 (month) 8
出版年 (year) 2007
Impact Factor (JCR)
URL
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract)
論文電子ファイル 0 (application/pdf) [一般閲覧可]
BiBTeXエントリ
@article{id17,
         title = {UPPAAL拡張時間オートマトンの反例に基づく抽象化改良ループによるモデル抽象化手法},
        author = {長岡武志 and 岡野浩三 and 楠本真二},
       journal = {電子情報通信学会技術報告},
        volume = {107},
        number = {176},
         pages = {77-82},
         month = {8},
          year = {2007},
}