論文誌
[1] 高 良多朗, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二, "複数メソッド上に解離したコードクローンの検出手法," 電子情報通信学会論文誌D, volume J99-D, number 6, 2016年6月.
国際会議
[1] Ryotaro Kou, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, "A Capable Crossover Technique on Automatic Program Repair," In Ryotaro Kou, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, editor, Proc. of 7th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP), pages 045-050 March 2016.
研究会・全国大会等
[1] 高 良多朗, 肥後 芳樹, 楠本 真二, "選択的交叉を用いた遺伝的プログラミングに基づく自動修正手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 115, number 420, pages 171-175 2016年1月.
[2] 高 良多朗, 堀田 圭佑, 肥後 芳樹, 井垣 宏, 楠本 真二, "処理の委譲の有無に基づくリファクタリング支援手法," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 114, number 23, pages 007-012 2014年5月.
学位論文
[1] 高 良多朗, "遺伝的プログラミングにおける選択的交叉を用いた自動プログラム修正手法," 修士学位論文, 大阪大学 大学院情報科学研究科, 2016年.
[2] 高 良多朗, "処理の委譲の有無に基づく一貫性が欠如したコードの特定," , 2014年2月.