論文誌
[1] 高先 修平, 井垣 宏, 肥後 芳樹, 楠本 真二 , "タスクボードとオンラインストレージを用いたソフトウェア開発PBLのためのタスク記録支援環境の構築," 情報処理学会論文誌, volume 55, number 1, pages 199-209 2014年1月.
[2] 小笠原 貴洋, 井垣 宏, 井上 亮文, 星 徹, "屋内位置情報基盤構築支援システムVELSY," ヒューマンインタフェース学会論文誌, volume 15, number 2, pages 131-150 2013年5月.
[3] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, "Template Method パターン適用支援手法の類似メソッド群への拡張," 電子情報通信学会論文誌D, volume J96-D, number 2, pages 362-364 2013年2月.
国際会議
[1] Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, "CRat: A Refactoring Support Tool for Form Template Method," In Proc. of the 20th International Conference on Program Comprehension (ICPC2012), pages 250-252 June 2012.
[2] Yoshiki Higo, Yasushi Ueda, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, "Simultaneous Modification Support Based on Code Clone Analysis," In Proc. of the 14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2007), pages 262-269 December 2007.
研究会・全国大会等
[1] 肥後芳樹, 楠本真二, "修正実績に基づく重複コード集約支援の試み," 電子情報通信学会技術研究報告, volume 113, number 159, pages 121-126 2013年7月.
[2] 堀口悟史, 井垣宏, 井上亮文, 星徹, 岡田謙一, "講義進捗状況の可視化によるプログラミング講義リフレクション支援の提案," 情報処理学会研究報告, volume 2013-GN-86, number 17, pages 1-6 2013年1月.
[3] 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, "プログラム依存グラフを用いたTemplate Methodパターン適用によるコードクローン集約支援," 情報処理学会研究報告, volume 171, number 14, 2011年3月.
学位論文
[1] Keisuke Hotta, "Efficient Code Clone Management Based on Historical Analysis and Refactoring Support," Ph.D. thesis, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, 2013.