楠本研究室

SES2023

開地 竜之介さん、吉岡 遼さん、久保 光生さんが東京で開催されたソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2023に参加しました。

開地 竜之介さんは、“<a href="//sdl.ist.osaka-u.ac.jp/pman/pman3.cgi?D=804" className="not-prose underline text-lime-500 hover:text-red-600">文法誤り訂正手法の転用によるデコンパイラの歪み修正手法の提案</a>”というタイトルで発表しました。
開地 竜之介さんは、“<a href="//sdl.ist.osaka-u.ac.jp/pman/pman3.cgi?D=804" className="not-prose underline text-lime-500 hover:text-red-600">文法誤り訂正手法の転用によるデコンパイラの歪み修正手法の提案</a>”というタイトルで発表しました。

開地 竜之介さんは、“文法誤り訂正手法の転用によるデコンパイラの歪み修正手法の提案”というタイトルで発表しました。

吉岡 遼さんは、“<a href="//sdl.ist.osaka-u.ac.jp/pman/pman3.cgi?D=797" className="not-prose underline text-lime-500 hover:text-red-600">例外処理を検査するテストが実行経路に基づく欠陥限局手法に与える影響の調査</a>”というタイトルで発表しました。
吉岡 遼さんは、“<a href="//sdl.ist.osaka-u.ac.jp/pman/pman3.cgi?D=797" className="not-prose underline text-lime-500 hover:text-red-600">例外処理を検査するテストが実行経路に基づく欠陥限局手法に与える影響の調査</a>”というタイトルで発表しました。

吉岡 遼さんは、“例外処理を検査するテストが実行経路に基づく欠陥限局手法に与える影響の調査”というタイトルで発表しました。