Publications

The right figures present words included in the titles in my English publications and co-authors of them. The figures well summarize the contents of my publications and who are my collaborators.   The figures were made based on the publication list at the end of 2016. I used the service provided at http://www.jasondavies.com/wordcloud/ to make the figures.

Journals/論文誌

  1. 肥後芳樹, 大谷明央, 楠本真二, “編集スクリプトへのコピーアンドペースト操作の導入によるコード差分の理解向上の試み”, 情報処理学会論文誌, Vol.58, No.4, pp.833–844, 2017年4月.
  2. 下仲健斗, 鷲見創一, 肥後芳樹, 楠本真二, “機械学習を利用した構文情報に基づく自動生成ファイルの特定”, 情報処理学会論文誌, Vol.58, No.4, pp.861–870, 2017年4月.
  3. 鷲見創一, 肥後芳樹, 堀田圭佑, 楠本真二, “自動プログラム修正の修正可能バグ数に関する考察”, コンピュータソフトウェア, Vol.33, pp.81–87, 2016年8月.
  4. 佐飛祐介, 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, “コードクローンとロジカルカップリングを用いた文字列検索ツールの出力順序の並び替え”, コンピュータソフトウェア, Vol.33, pp.74–80, 2016年8月.
  5. 高良多朗, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “複数メソッドに解離したコードクローンの検出手法”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J99-D, No.6, pp.630–633, 2016年6月.
  6. 石原知也, 肥後芳樹, 楠本真二, “書き忘れたコードに対するコード補完について”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.99-D, No.4, pp.415–427, 2016年4月.
  7. Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, “Classification Model for Code Clones Based on Machine Learning”, Journal of Empirical Software Engineering (ESE), Volume 20, Issue 4, pp.1095–1125, August 2015.
  8. 山内健二, 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “識別子名を用いたコミットのクラスタリング手法”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J98-D, No.6, pp.1060–1062, 2015年6月.
  9. 今里文香, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “機械学習を利用した危険なコードクローンの予測手法”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J98-D, No.5, pp.847–850, 2015年5月.
  10. 堀田圭佑, 楊嘉晨, 肥後芳樹, 楠本真二, “粗粒度なコードクローン検出手法の精度に関する調査”, 情報処理学会論文誌, Vol.56, No.2, pp.580–592, 2015年2月.
  11. Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, and Katsuro Inoue, “Proposing and Evaluating Clone Detection Approaches with Preprocessing Input Source Files”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E98-D, No.2, pp.325–333, February 2015.
  12. 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, “ギャップの位置情報を追加した正解クローンの生成”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J97-D, No.8, pp.1537–1540, 2014年9月.
  13. 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “生成抑止,分析効率化,不具合検出を中心としたコードクローン管理支援技術に関する研究動向”, コンピュータソフトウェア, Vol.31, No.1, pp.14–29, 2014年2月.
  14. 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, “プログラム文の並び替えに基づくソースコードの可読性向上の試み”, 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.2, pp.939–946, 2014年2月.
  15. 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “CRDを用いたコードクローンの生存期間と修正回数に関する調査”, 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.2, pp.947–958, 2014年2月.
  16. 今里文香, 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, “繰り返しコードの進化に関する調査”, 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.2, pp.959–970, 2014年2月.
  17. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “Smith-Watermanアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン検出”, 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.2, pp.981–993, 2014年2月. 情報処理学会論文賞! 情報処理学会特選論文!
  18. 高先修平, 井垣宏, 肥後芳樹, 楠本真二, “タスクボードとオンラインストレージを用いたソフトウェア開発PBLのためのタスク記録支援環境の構築”, 情報処理学会論文誌, Vol.55, pp.199–209, No.1, 2014年1月. 情報処理学会特選論文!
  19. 佐々木唯, 石原知也, 堀田圭佑, 畑秀明, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “メトリクス計測の前処理となるソースコード簡略化手法の提案と評価”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J96-D, No.11, pp.2634–2645, 2013年11月.
  20. 長瀬義大, 石原知也, 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “主要処理に着目したメソッド単位のコードクローン検出”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J96-D, No.11, pp.2669–2680, 2013年11月.
  21. 木村秀平, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “メソッド呼び出し履歴のフェイズ分割を用いたMove Method リファクタリング”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J96-D, No.11, pp.2864–2865, 2013年11月.
  22. 肥後芳樹, 楠本真二, “コード修正履歴情報を用いた修正漏れの自動検出”, 情報処理学会論文誌, Vol.54, No.5, pp.1686–1696, 2013年5月.
  23. 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “Template Method パターン適用支援手法の類似メソッド群への拡張”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J96-D, No.2, pp.362–364, 2013年2月.
  24. 畑秀明, 肥後芳樹, 楠本真二, “リポジトリマイニング可能なコードクローン版管理システムの提案”, 情報処理学会論文誌, Vol.54, No.2, pp.894–902, 2013年2月.
  25. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出ツールの実装と評価”, 情報処理学会論文誌, Vol.54, No.2, pp.845–856, 2013年2月.
  26. 石原知也, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “大規模なソフトウェア群を対象とするメソッド単位でのコードクローン検出”, 情報処理学会論文誌, Vol.54, No.2, pp.835–844, 2013年2月.
  27. 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “機械学習を用いた類似度に基づく有用なコードクローンの自動特定手法”, 情報処理学会論文誌, Vol.54, No.2, pp.807–819, 2013年2月.
  28. 楠本真二, 肥後芳樹, “GQMパラダイムを用いたソフトウェアメトリクスの活用”, コンピュータソフトウェア, Vol.29, No.3, pp.29-38, 2012年8月.
  29. Dotri Quoc, Kazuo Kobori, Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, and Katsuro Inoue, “Modi Checker : Accessibility Excessiveness Analysis Tool for Java Program”, コンピュータソフトウェア, Vol. 29, No.3, pp.212–218, 2012年8月.
  30. 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “プログラム依存グラフを用いたコードクローンに対するテンプレートメソッドパターン適用支援手法”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J95-D, No.7, pp.1439–1453, 2012年7月.
  31. Keisuke Hotta, Yui Sasaki, Yukiko Sano, Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, “An Empirical Study on the Impact of Duplicate Code”, Advances in Software Engineering, May 2012.
  32. 山本哲男, 吉田則裕, 肥後芳樹, “ソースコードコーパスを利用したシームレスなソースコード再利用手法”, 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.2, pp.644–652, 2012年2月.
  33. 肥後芳樹, 植田泰士, 西野稔, 楠本真二, “プログラム依存グラフを用いた増分的なコードクローン検出”, 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.2, pp.601-611, 2012年2月.
  34. 肥後芳樹, 吉田則裕, “コードクローンを対象としたリファクタリング”, コンピュータソフトウェア, Vol.28, No.4, pp.43–56, 2011年11月.
  35. 堀田圭佑, 佐野由紀子, 肥後芳樹, 楠本真二, “修正頻度の比較に基づくソフトウェア修正作業量に対する重複コードの影響に関する調査”, 情報処理学会論文誌, Vol.52, No.9, pp.2788–2798, 2011年9月.
  36. 神谷年洋, 肥後芳樹, 吉田則裕, “コードクローン検出技術の展開”, コンピュータソフトウェア, Vol.28, No.3, pp.29–42, 2011年8月.
  37. Takuto Edagawa, Teruhiko Akaike, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, Shigeo Hanabusa, and Toshihisa Shibamoto, “Function Point Measurement from Web Application Source Code Based on Screen Transitions and Database Accesses”, Journal of Systems and Software, Vol.84, Issue.6, pp.976–984, June, 2011.
  38. 肥後芳樹, 楠本真二, “プログラム依存グラフを用いたコードクローン検出法の改良と評価”, 情報処理学会論文誌, Vol.51, No.12, pp.2149–2168, 2010年12月. 情報処理学会50周年記念論文賞!
  39. 肥後芳樹, 宮崎宏海, 楠本真二, 井上克郎, “グラフマイニングアルゴリズムを用いたギャップを含むコードクローン情報の生成”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J93-D, No.9, pp.1727–1735, 2010年9月.
  40. 佐野由希子, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “クラス階層構造を利用したコードクローン集約支援手法の改良”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J93-D, No.1, pp.59–63, 2010年1月.
  41. 三宅達也, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “多言語対応メトリクス計測プラグイン開発基盤MASUの開発”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J92-D, No.9, pp.1518–1531, 2009年9月.
  42. 三宅達也, 肥後芳樹, 井上克郎, “メソッド抽出の必要性を評価するソフトウェアメトリックスの提案”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J92-D, No.7, pp.1071–1073, 2009年7月.
  43. 村尾憲冶, 肥後芳樹, 井上克郎, “ソフトウェアメトリクス値の変遷に基づいた注力すべきモジュールを特定する手法の提案”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J91-D, No.12, pp.2915–2925, 2008年12月.
  44. Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “A Metric-based Approach to Identifying Refactoring Opportunities for Merging Code Clones in a Java Software System”, Journal of Software Maintenance and Evolution: Research and Practice, Volume 20, Issue 6, pp.435–461, November, 2008.
  45. 森崎修司, 吉田則裕, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, 佐々木健介, 村上浩二, 松井恭, “コードクローン検索による類似不具合検出の実証的評価”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J91-D, No.10, pp.2466–2477, 2008年10月.
  46. 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローン検出とその関連技術”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.91-D, No.6, pp.1465–1481, 2008年6月.
  47. リビエリシモネ, 肥後芳樹, 松下誠, 井上克郎, “コードクローン検出技術を用いたLinuxカーネル進化の調査”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J91-D, No.2, pp.509–511, 2008年2月.
  48. Yoshiki Mitani, Nahomi Kikuchi, Tomoko Matsumura, Naoki Ohsugi, Akito Monden,Yoshiki Higo, Katsuro Inoue, Mike Barker, and Ken-ichi Matsumoto, “A Proposal for Analysis and Prediction for Software Projects Using In-Process Measurements and Collaborative Filtering of a Benchmarks Database”, International Journal of Software Measurement, Vol.I, No.I, pp.1–11, November, 2007.
  49. 肥後芳樹, リビエリシモネ, 松下誠, 井上克郎, “大規模ソースコードを対象としたコードクローンの検出と可視化”, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.11, pp.3510–3519, 2007年11月.
  50. Yoshiki Higo, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “Method and Implementation for Investigating Code Clones in a Software System”, Information and Software Technology, vol.49, no.9-10, pp.985–998, September, 2007.
  51. 吉田則裕, 肥後芳樹, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローン間の依存関係に基づくリファクタリング支援”, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.3, pp.1431–1442, 2007年3月.
  52. 肥後芳樹, 吉田則裕, 楠本真二, 井上克郎, “産学連携に基づいたコードクローン可視化手法の改良と実装”, 情報処理学会論文誌, Vol.48, No.2, pp.811–822, 2007年2月. 情報処理学会度論文賞!
  53. 肥後芳樹, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローンを対象としたリファクタリング支援環境”, 電子情報通信学会論文誌D-I, Vol.J88-D-I, No.2, pp.186–195, 2005年2月. 電子情報通信学会情報・システムソサイエティ論文賞!(計5報による連作論文としての受賞)
  54. 佐々木亨, 肥後芳樹, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “プログラム変更支援を目的としたコードクローン情報付加ツールの実装と評価”, 電子情報通信学会論文誌D-I, Vol.J87-D-I, No.9, pp.868–870, 2004年9月. 電子情報通信学会情報・システムソサイエティ論文賞!(計5報による連作論文としての受賞)
  55. 肥後芳樹, 植田泰士, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローン解析に基づくリファクタリングの試み”, 情報処理学会論文誌, Vol.45, No.5, pp1357–1366, 2004年5月.

 

International Conferences, Workshops/国際会議,ワークショップ

  1. Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Flattening Code For Metrics Measurement and Analysis”, accepted by the 33rd IEEE International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME2017), Shanghai, China, September 20-22, 2017.
  2. Akito Tanikado, Haruki Yokoyama, Masahiro Yamamoto, Sumi Soichi, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “New Strategies for Selecting Reuse Candidates on Automated Program Repair”, In Proc. of the 41st IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software and Applications (COMPSAC2017), pp.266–267, Torino, Italy, July 4–8, 2017.
  3. Ryo Arima, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Investigation and Detection of Split Commit”, In Proc. of the 41st IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software and Applications (COMPSAC2017), pp.268–269, Torino, Italy, July 4–8, 2017.
  4. Ayaka Imazato, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, “Finding Extract Method Refactoring Opportunities by Analyzing Development History”, In Proc. of by  the 41st IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software and Applications (COMPSAC2017), pp.190–195, Torino, Italy, July 4–8, 2017.
  5. Haruki Yokoyama, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Evaluating Automated Program Repair Using Metrics of Defects”, In Proc. of the 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, pp.47–52, Tokyo, Japan, March 13, 2017.
  6. Yusuke Yuki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “A Technique to Detect Multiple-grained Code Clones”, In Proc. of the 11th Internal Workshop on Software Clones, pp.54–60, Klagenfurt, Austria, February 21, 2017.
  7. Yusuke Sabi, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Rearranging the Order of Program Statements for Code Clone Detection”, In Proc. of the 11th Internal Workshop on Software Clones, pp.15–21, Klagenfurt, Austria, February 21, 2017.
  8. Shamsa Abid, Yoshiki Higo, Salman Javed, Momna Naseem, Suleman Shahid, and Hamid Abdul Basit, “CodeEase: Harnessing Method Clone Structures for Reuse”, In Proc. of the 11th Internal Workshop on Software Clones, pp.24–30, Klagenfurt, Austria, February 21, 2017.
  9. Hiroki Nakajima, Yoshiki Higo, Haruki Yokoyama, and Shinji Kusumoto, “Toward Developer-like Automated Program Repair”, In Proc. of the 23rd Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2016), pp.241–248, Hamilton, New Zealand, December 6–9, 2016.
  10. Hiroyuki Kirinuki, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, “Splitting Commits via Past Code Changes”, In Proc. of the 23rd Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2016), pp.129–136, Hamilton, New Zealand, December 6–9, 2016.
  11. Naoto Ogura, Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, “Hey! Are You Injecting Side Effect?: A Tool for Detecting Purity Changes in Java Methods”, In Proc. of the 24th International Conference on Program Comprehension (ICPC2016), Austin, Texas, May 16–17, 2016.
  12. Yusuke Yuki, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, “Generating Clone References without Human’s Subjectivity”, In Proc. of the 24th International Conference on Program Comprehension (ICPC2016), Austin, Texas, May 16–17, 2016.
  13. Haruki Yokoyama, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, Takafumi Ohta, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto, “Toward Improving Ability to Repair Bugs Automatically —A Patch Candidate Location Mechanism Using Code Similarity—“, In Proc. of the 31st ACM Symposium on Applied Computing (SAC2016), pp.1364–1370, Pisa, Italy, April 4–8, 2016.
  14. Ryotaro Kou, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “A Capable Crossover Technique on Automatic Program Repair”, In Proc. of the 7th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2016), pp.45–50, Osaka, Japan, March 13, 2016.
  15. Kento Shimonaka, Soichi Sumi, Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, “Identifying Generated Code by Using Machine Learning Techniques”, In Proc. of the 7th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2016), pp.18–23, Osaka, Japan, March 13, 2016.
  16. Soichi Sumi, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, “Toward Improving Graftability on Automated Program Repair”, In Proc. of the 31st IEEE International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME2015), pp.511–515, Bremen, Germany, September 29 — October 1, 2015.
  17. Jiachan Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Towards Purity-Guided Refactoring in Java”, In Proc. of the 31st IEEE International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME2015), pp.521–525, Bremen, Germany, September 29 — October 1, 2015.
  18. Yusuke Sabi, Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Reordering Results of Keyword-based Code Search for Supporting Simultaneous Code Changes”, In Proc. of the 23rd IEEE International Conference on Program Comprehension (ICPC2015), pp.289–290, Florence, Italy, May 18–19, 2015.
  19. Yoshiki Higo, Akio Ohtani, Shinpei Hayashi, Hideaki Hata, and Shinji Kusumoto, “Toward Reusing Code Changes”, In Proc. of the 12th Working Conference on Mining Software Repositories (MSR2015), pp.372–376, Florence, Italy, May 16–17, 2015.
  20. Takahumi Ohta, Hiroaki Murakami, Hiroshi Igaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Identifying Real/Potential Copy and Paste for Reuse-Based Software Engineering Education”, In Proc. of the 9th International Workshop on Software Clones (IWSC2015), pp.33–39, Montreal, Canada, March 6, 2015.
  21. Akio Ohtani, Yoshiki Higo, Tomoya Ishihara, and Shinji Kusumoto, “On the Level of Code Suggestion for Reuse”, In Proc. of the 9th International Workshop on Software Clones (IWSC2015), pp.26–32, Montreal, Canada, March 6, 2015.
  22. Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “ClonePacker: a Tool for Clone Set Visualization”, In Proc. of the 22nd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER2015), pp.474–478, Montreal, Canada, March 2–6, 2015.
  23. Tomoya Ishihara, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “How Often Are Necessary Code Missing? — A Controlled Experiment —“, In Proc. of the 14th International Conference on Software Reuse (ICSR2015), pp.156–163, Miami, Florida, USA, January 4–6, 2015.
  24. Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Revealing Purity and Side Effects on Functions for Reusing Java Libraries”, In Proc. of the 14th International Conference on Software Reuse (ICSR2015), pp.314–329, Miami, Florida, USA, January 4–6, 2015.
  25. Ayaka Imazato, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Predicting Risky Clones Based on Machine Learning”, In Proc. of the 15th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement (PROFES2014), pp.294–297, Helsinki, Finland, December 10–12, 2014.
  26. Hiroaki Murakami, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Predicting Next Changes at the Fine-Grained Level”, In Proc. of the 21st Asia-pacific Software Engineering Conference (APSEC2014), pp.126–133, Jeju, Korea, December 1–4, 2014.
  27. Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, “How Should We Measure Functional Sameness from Program Source Code?  — An Exploratory Study on Java Methods —“, In Proc. of the 22nd International Symposium on the Foundations of Software Engineering (FSE2014), pp.294–305, Hong Kong, November 16–22, 2014.
  28. Kenji Yamauchi, Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, “Clustering Commits for Understanding the Intents of Implementation”, In Proc. of the 30th International Conference on Software Maintenance and Evolution (ICSME2014), pp.406–410, British Columbia, Canada, September 28 — October 3, 2014.
  29. Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, “MPAnalyzer: A Tool for Finding Unintended Inconsistencies in Program Source Code”, In Proc. of the 29th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE2014), pp.843–846, Vasteras, Sweden, September 15–19, 2014.
  30. Hiroyuki Kirinuki, Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, Shinji Kusumoto, “Hey! Are you Committing Tangled Changes?”, In Proc. of the 22nd International Conference on Program Comprehension (ICPC2014), pp.262–265, Hyderabad, India, June 2–3, 2014.
  31. Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, “A Dataset of Clone References with Gaps”, In Proc. of the 11th Working Conference on Mining Software Repositories (MSR2014), pp.412–415, Hyderabad, India. May 31 — June 1, 2014.
  32. Shuhei Kimura, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, “Does Return Null Matter”, In Proc. of the IEEE CSMR/WCRE 2014 Software Evolution Week (CSMRWCRE2014), pp.244–253, Antwerp, Belgium, February 3–7, 2014.
  33. Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “How Accurate Is Coarse-grained Clone Detection?: Comparison with Fine-grained Detectors”, In Proc. of the 8th International Workshop of Software Clones (IWSC2014), pp.1–18, Antwerp, Belgium, February 3, 2014.
  34. Noa Kusunoki, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “How Much Do Code Repositories Include Peripheral Modifications?”, In Proc. of the 5th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2013), pp.19–24, Bangkok, Thailand, December 2, 2013.
  35. Tetsuo Yamamoto, Norihiro Yoshida, and Yoshiki Higo, “Seamless Code Reuse using Source Code Corpus”, In Proc. of the 5th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2013), pp.31–36, Bangkok, Thailand, December 2, 2013. Best Paper Award!
  36. Tomoya Ishihara, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Reusing Reused Code”, In Proc. of the 20th Working Conference on Reverse Engineering (WCRE2013), pp.457–461, Koblenz, Germany, October 14–17, 2013.
  37. Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Identifying Duplicate Code Removal Opportunities Based on Co-evolution Analysis”, In Proc. of the 13th International Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE2013), pp.63–67, Saint Petersburg, Russia, August 19–20, 2013.
  38. Yoshiki Higo, Keisuke Hotta, and Shinji Kusumoto, “Enhancement of CRD-based Clone Tracking”, In Proc. of the 13th International Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE2013), pp.28–37, Saint Petersburg, Russia, August 19–20, 2013.
  39. Ayaka Imazato, Yui Sasaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Improving Process of Source Code Modification Focusing on Repeated Code”, In Proc. of the 14th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES2013), pp.298–312, Paphos, Cyprus, June 12–14, 2013.
  40. Hiroaki Murakami, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, “Gapped Code Clone Detection with Lightweight Source Code Analysis”, In Proc. of the 21st International Conference on Program Comprehension (ICPC2013), pp.93–102, San Francisco, California, May 20–21, 2013.
  41. Yui Sasaki, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Reordering Program Statements for Improving Readability”, In Proc. of the 17th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR2013), pp.361–364, Genova, Italy, March 5–8, 2013.
  42. Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “An Experience Report on Analyzing Industrial Software Systems Using Code Clone Detection Techniques”, In Proc. of the 19th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2012), pages 310–313, Hongkong, December 4–7, 2012.
  43. Yui Sasaki, Tomoya Ishihara, Keisuke Hotta, Hideaki Hata, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, “Preprocessing of Metrics Measurement Based on Simplifying Program Structures”, In Proc. of International Workshop on Software Analysis, Testing and Applications (SATA2012), pages 120–127, Hongkong, December 4, 2012.
  44. Tomoya Ishihara, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, “Inter-Project Functional Clone Detection toward Building Libraries – An Empirical Study on 13,000 Projects -“, In Proc. of 19th Working Conference on Reverse Engineering (WCRE2012), pages 387–391, Canada, Kingston, October 15–18, 2012.
  45. Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “How Often Do Unintended Inconsistencies Happen? —Deriving Modification Patterns and Detecting Overlooked Code Fragments—”, In Proc. of 28th International Conference on Software Maintenance (ICSM2012), pages 222–231, Italy, Riva del Garda, September 25–27, 2012.
  46. Shuhei Kimura, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, “Move Code Refactoring with Dynamic Analysis”, In Proc. of 28th International Conference on Software Maintenance (ICSM2012), pages 575–578, September 25–27, 2012.
  47. Hiroaki Murakami, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki and Shinji Kusumoto, “Folding Repeated Instructions for Improving Token-Based Code Clone Detection”, In Proc. of 12th International Working Conference on Source Code Analysis and Manipulation (SCAM2012), pages 64–73, Italy, Riva del Garda, September 23–24, 2012.
  48. Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, “CRat: A Refactoring Support Tool for Form Template Method”, In Proc. of the 20th International Conference on Program Comprehension (ICPC2012), pages 250–252, Germany, Passau, June 11–13, 2012.
  49. Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki, and Shinji Kusumoto, “Filtering Clones for Individual User Based on Machine Learning Analysis”, In Proc. of the 6th International Workshop on Software Clones (IWSC2012), pages 76–77, Zurich, Switzerland, June 4, 2012.
  50. Katsuro Inoue, Yoshiki Higo, Norihiro Yoshida, Eunjong Choi, Shinji Kusumoto, Kyonghwan Kim, Wonjin Park, and Eunha Lee, “Experience of Finding Inconsistently-Changed Bugs in Code Clones of Mobile Software”, In the 6th International Workshop on Software Clones (IWSC2012), pages 94–95, Zurich, Switzerland, June 4, 2012.
  51. Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Identifying, Tailoring, and Suggesting Form Template Method Refactoring Opportunities with Program Dependence Graph”, In Proc. of the 16th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR2012), pp.53–62, Szeged, Hungary, March 27–30, 2012.
  52. Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Repeated Instructions Removal Preprocessing for Lightweight Code Clone Detection”, Proc. of the 22nd International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE2011), Hiroshima, Japan, November 29 — December 2, 2011.
  53. Yui Sasaki, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Is Duplicate Code Good or Bad? An Empirical Study with Multiple Investigation Methods and Multiple Detection Tools”, Proc. of the 22nd International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE2011), Hiroshima, Japan, November 29 — December 2, 2011.
  54. Yoshiki Higo, Akira Saitoh, Goro Yamada, Tatsuya Miyake, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “A Pluggable Tool for Measuring Software Metrics from Source Code”, Proc. of the Joint Conference of the 21th International Workshop on Software Measurement and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (IWSM/MENSURA2011), pp.3–12, Nara, Japan, November 3–4, 2011.
  55. Masakazu Ioka, Norihiro Yoshida, Tomoo Masai, Yoshiki Higo, Katsuro Inoue, “A Tool Support to Merge Similar Methods with a Cohesion Metric COB”, Proc. of the 3rd International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2011), pp.23–24, Nara, Japan, November 1, 2011.
  56. Yoshiki Higo, Yasushi Ueda, Minoru Nishino, and Shinji Kusumoto, “Incremental Code Clone Detection: A PDG-based Approach”, Proc. of the 18th Working Conference on Reverse Engineering (WCRE2011), pp.3–12, Limerick, Ireland, October 17–20, 2011.
  57. Tomoko Kanemitsu, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “A Visualization Method of Program Dependency Graph for Identifying Extract Method Opportunity”, Proc. of the 4th Workshop on Refactoring Tools (WRT2011), pp.8–14, Honolulu, Hawaii, May 22, 2011.
  58. Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Code Clone Detection on Specialized PDGs with Heuristics”, Proc. of the 15th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR2011), pp.75–84, Oldenburg, Germany, March 1–4, 2011.
  59. Keisuke Hotta, Yukiko Sano, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Is Duplicate Code More Frequently Modified Than Non-duplicate Code in Software Evolution?: An Empirical Study on Open Source Software”, Proc. of the 11th International Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE-EVOL2010), pp.73–82, Antwerp, Belgium, September 20–21, 2010.
  60. Yoshiki Higo, Kensuke Tanaka, and Shinji Kusumoto, “Toward Identifying Inter-project Clone Set for Building Useful Libraries”, Proc. of the 4th International Workshop on Software Clones (IWSC2010), pp.87–88, Cape Town, South Africa, May 8, 2010.
  61. Yoshiki Higo, Ken-ichi Sawa, and Shinji Kusumoto, “Problematic Code Clones Identification using Multiple Detection Results”, Proc. of the 16th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2009), pp.365–372, Penang, Malaysia, December 1–3, 2009.
  62. Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Enhancing Quality of Code Clone Detection with Program Dependency Graph”, In Proc. of the 16th Working Conference on Reverse Engineering, pp.315–316, October 13–16, 2009.
  63. Shinji Kusumoto, Takuto Edagawa, and Yoshiki Higo, “On an Automatic Function Point Measurement from Source Code”, Proc. of the 2nd Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE2008), pp.27–28, December 2008.
  64. Yoshiki Higo, Kenji Murao, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “Predicting Fault-Prone Modules Based on Metrics Transitions”, Proc. of the International Workshop on Defects in Large Software Systems (DEFECTS2008), pp.6–10, Seattle, USA, July 20, 2008.
  65. Tatsuya Miyake, Yoshiki Higo, and Katsuro Inoue, “A Metric-based Approach for Reconstructing Methods in Object-Oriented Systems”, Proc. of the 6th Workshop of Software Quality (WoSQ2008), pp.53–58, Leipzig, Germany, May 10, 2008.
  66. Yoshiki Higo, Yoshihiro Matsumoto, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “Refactoring Effect Estimation based on Complexity Metrics”, Proc. of the 19th Australian Software Engineering Conference, Perth, Australia (ASWEC2008), pp.219–228, March 26–28, 2008.
  67. Yoshiki Higo, Yasushi Ueda, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “Simultaneous Modification Support based on Code Clone Analysis”, Proc. of the 14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2007), pp.262–269, Nagoya, Japan, December 5–7, 2007.
  68. Yuki Manabe, Yoshiki Higo, and Katsuro Inoue, “Toward Efficient Code Clone Detection on Grid Environment”, Proc. of the 1st Workshop on Accountability and Traceability in Global Software Engineering (ATGSE2007), pp.49–50, Nagoya, Japan, December 3, 2007.
  69. Simone Livieri, Yoshiki Higo, Makoto Matsushita, and Katsuro Inoue, “Analysis of the Linux Kernel Evolution Using Code Clone Coverage”, Proc. of the International Workshop on Mining Software Repositories (MSR2007), Minneapolis, USA, May 18–19, 2007.
  70. Simone Livieri, Yoshiki Higo, Makoto Matsushita, and Katsuro Inoue, “Very-Large Scale Code Clone Analysis and Visualization of Open Source Programs Using Distributed CCFinder: D-CCFinder”, Proc of the 29th IEEE International Conference on Software Engineering (ICSE2007), pp.106–115, Minneapolis, USA, May 23–25, 2007.
  71. Yoshiki Mitani, Nahomi Kikuchi, Tomoko Matsumura, Naoki Ohsugi, Akito Monden,Yoshiki Higo, Katsuro Inoue, Mike Barker, and Ken-ichi Matsumoto, “A Proposal for Analysis and Prediction for Software Projects Using Collaborative Filtering In-Process Measurements and A Benchmarks Database”, Proc. of the 1st International Conference on Software Process and Product Measurement, pp.98–107, Cadiz, Spain, November 6–8, 2006. MENSURA2006 Best paper Award!
  72. Yoshiki Mitani, Nahomi Kikuchi, Tomoko Matsumura, Naoki Ohsugi, Akito Monden,Yoshiki Higo, Katsuro Inoue, Mike Barker, and Ken-ichi Matsumoto, “A Proposed Method for Building a Database of Project Measurements and Applying it Using Collaborative Filtering”, Proc. of the ACM-IEEE International Symposium on Empirical Software Engineering (ISESE2006) vol.2, pp.15–17, Rio de Janeiro, Brazil, September 21–22, 2006.
  73. Yoshiki Mitani, Nahomi Kikuchi, Tomoko Matsumura, Satoshi Iwamura, Yoshiki Higo, Katsuro Inoue, Mike Barker, and Ken-ichi Matsumoto, “Effects of software industry structure on a research framework for empirical software engineering”, Proc. of the 28th IEEE International Conference on Software Engineering (ICSE2006), pp.616–619, Shanghai, China, May 20–28, 2006.
  74. Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “On Refactoring Support Based on Code Clone Dependency Relation”, Proc. of the 11th IEEE International Software Metrics Symposium (METRICS2005), Como, Italy, September 19–22, 2005.
  75. Yoshiki Higo, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “ARIES: Refactoring Support Tool for Code Clone”, Proc. of the 3rd Workshop of Software Quality (WoSQ2005), pp.53–56, ST. Louis, USA, May 17, 2005.
  76. Yoshiki Higo, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “ARIES: Refactoring Support Environment Based on Code Clone Analysis”, Proc. of the 8th IASTED International Conference on Software Engineering and Applications (SEA2004), pp.222–229, Cambridge, USA, November 9–11, 2004.
  77. Yoshiki Higo, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “Refactoring Support Based on Code Clone Analysis”, Proc. of the 5th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES2004), pp.220–233, Kyoto-Nara, Japan, April 5–8, 2004.
  78. Yoshiki Higo, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, Katsuro Inoue, and Yoshio Kataoka, “On Refactoring for Open Source Java Program”, Proc. of the 9th IEEE International Software Metrics Symposium (METRICS2003), pp.247–251, Sydney, Australia, September 3–5, 2003.
  79. Yoshiki Higo, Yasushi Ueda, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “On Software Maintenance Process Improvement Based on Code Clone Analysis”, Proc. of the 4th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES2002), pp.185–197, Rovaniemi, Finland, December 9–11, 2002.
  80. Yasushi Ueda, Yoshiki Higo, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “Gemini: Code Clone Analysis Tool”, Proc. of the ACM-IEEE International Symposium on Empirical Software Engineering (ISESE2002) vol.2, pp.31–32, Nara, Japan, October 3–4, 2002.

 

招待講演・チュートリアル等/Invited Talk・Tutorial etc.

  1. 肥後芳樹, “ソフトウェア自動進化への挑戦”, IPSJ-ONE2017
  2. 肥後芳樹, “コードクローン研究のこれまでとこれから”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015 チュートリアル

 

本/Book

  1. Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “Identifying Refactoring Opportunities for Removing Code Clones with A Metrics-based Approach”, Java in Academia and Research, iConcept Press Ltd.

 

Domestic Symposium/国内会議等

  1. 幸佑亮, 肥後芳樹, 楠本真二, “多粒度コードクローンの検出と評価”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017(採録決定).
  2. 鷲見創一, 肥後芳樹, 楠本真二, “ソースコードの変更予測手法を用いた自動プログラム修正の高速化”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017(採録決定)
  3. 肥後芳樹, 柗本真佑, 楠本真二, 三宅武司, 藤波崇志, 石橋昭, 星野隆, “同一仕様プロジェクトを対象としたコードクローンメトリクスとプロジェクトデータ間の相関分析”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2017(採録決定)
  4. 肥後芳樹, 楠本真二, “メトリクス計測や解析のためのソースコード平坦化”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.117, No.136, pp.61–66, 2017年7月.
  5. 有馬諒, 肥後芳樹, 楠本真二, “バージョン管理システムにおけるスプリットコミットの調査およびその検出手法の提案”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.116, No.512, pp.43–48, 2017年3月.
  6. 谷門照斗, 横山晴樹, 鷲見創一, 肥後芳樹, 楠本真二, “再利用に基づく自動プログラム修正における更新順および類似度順の実装と評価”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.116, No.512, pp.19–24, 2017年3月.
  7. 佐飛祐介, 肥後芳樹, 楠本真二, “コードクローン検出のためのソースコードに対する前処理”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.116, No.425, pp.135–140, 2017年1月.
  8. 横山晴樹, 肥後芳樹, 楠本真二, “欠陥の特徴を用いた自動欠陥修正の評価”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.116, No.425, pp.129–134, 2017年1月.
  9. 鷲見創一, 肥後芳樹, 楠本真二, “ソースコードの変更予測手法による自動プログラム修正の高速化”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.116, No.277, pp.73–78, 2016年10月.
  10. 幸佑亮, 肥後芳樹, 楠本真二, “多粒度コードクローン検出手法の提案”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.116, No.277, pp.67–72, 2016年10月. ソフトウェアサイエンス研究会研究奨励賞!
  11. 下仲健斗, 鷲見創一, 肥後芳樹, 楠本真二, “機械学習を利用した構文情報に基づく自動生成ファイルの特定”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016, pp.86–93, 2016年9月.
  12. 大谷明央, 肥後芳樹, 楠本真二, “編集スクリプトへのコピーアンドペースト操作の導入によるコード差分の理解向上の試み”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016, pp.4–13, 2016年9月. SES2016最優秀論文賞!
  13. 肥後芳樹, 村上寛明, 楊嘉晨, まつ本真佑, 楠本真二, 三宅武司, 藤波崇志, 石橋昭, 星野隆, “コードクローンメトリクスとプロジェクトデータ間の相関分析 —同一仕様プロジェクト群を対象として—“, 電子情報通信学会技術報告, Vol.115, No.508, pp.127–132, 2016年3月.
  14. 山本将弘, 横山晴樹, 肥後芳樹, 楠本真二, “再利用に基づく自動プログラム修正における更新順を用いた挿入候補の絞込の提案”,電子情報通信学会技術報告,  Vol.115, No.508, pp.79–84, 2016年3月
  15. 幸佑亮, 肥後芳樹, 堀田圭佑, 楠本真二, “集約されたメソッドを利用したコードクローンベンチマークの作成”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.115, No.508, pp.73–78, 2016年3月.
  16. 中島弘貴, 横山晴樹, 肥後芳樹, 楠本真二, “開発者と自動プログラム修正手法による修正の差異の調査”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.115, No.508, pp.67–72, 2016年3月.
  17. 高良多朗, 肥後芳樹, 楠本真二, “選択的交叉を用いた遺伝的プログラミングに基づく自動修正手法”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.115, No.419, pp.171–175, 2016年1月.
  18. 下仲健斗, 鷲見創一, 肥後芳樹, 楠本真二, “機会学習を用いた自動生成コードの特定”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.115, No.419, pp.165–170, 2016年1月.
  19. Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, “Memoization Refactoring Based on Purity Analysis”, IEICE Technical Report, Vol.115, No.248, pp.47–52, October 2015.
  20. 小倉直徒, 楊嘉晨, 肥後芳樹, 楠本真二, “Javaメソッドの純粋性の変化と不具合の混入および除去に関する調査”, 第14回科学技術フォーラム, 2015年9年
  21. 古田雄基, 肥後芳樹, 楠本真二, “工数支援ツールe3の機能拡張と追加評価”, 第14回科学技術フォーラム, 2015年9月.
  22. 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, “Circle Packingを用いたコードクローン可視化手法”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015, pp.6–16, 2015年9月.
  23. 佐飛祐介, 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, “コードクローンとロジカルカップリングを用いた文字列検索ツールの出力順序の並び替え”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015, pp.115–120, 2015年9月.
  24. 鷲見創一, 肥後芳樹, 楠本真二, “自動バグ修正における対応可能バグ数の拡充に向けて —大規模データセットを用いるフィージビリティ調査—“, 電子情報通信学会技術報告, Vol.115, No.153, pp.131–136, 2015年7月.
  25. 横山晴樹, 大田崇史, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 岡野浩三, 楠本真二, “再利用に基づく自動バグ修正における再利用候補の絞込に向けた調査”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.115, No.20, pp.47–52, 2015年5月.
  26. 切貫弘之, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “相関ルールマイニングを用いたソースコードの修正候補の推薦”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.114, No.510, pp.67–72, 2015年3月.
  27. 肥後芳樹, 堀田圭佑, 村上寛明, 楠本真二, 中村伸裕, 加藤孝則, 牟田幸功, 西川賢二, “派生開発ソフトウェア群に対するコードクローン分析技術の適用事例”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.114, No.415, pp.7–12, 2015年1月.
  28. 切貫弘之, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “修正履歴情報を利用したTask Level Commit支援手法の提案”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014, pp.85–94, 2014年9月.
  29. 大田崇史, 井垣宏, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “ソフトウェア開発におけるコピーアンドペーストによって生じたコード片に対する調査”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.114, No.128, pp.135–140, 2014年7月.
  30. 今里文香, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “機械学習を用いたコードクローンの危険予測手法”, 電子情報通信学会技術報告, Vol.114, No.128, pp.129–134, 2014年7月.
  31. 大谷明央, 石原知也, 肥後芳樹, 楠本真二, “再利用実績を持つコード片の再利用におけるプログラム構造を考慮した再利用候補の提示”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.23, pp.31–36, 2014年5月.
  32. Jiachen Yang, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Shinji Kusumoto, “Identifying Cross-Function Side Effects Using Static Analysis”, IEICE Technical Report, Vol.114, No.23, pp.25–30, May 2014.
  33. 高良多朗, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “処理の委譲の有無に基づくリファクタリング支援手法”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.114, No.23, pp.7–12, 2014年5月.
  34. 山内健二, 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “コード内に出現する識別子情報に基づくコミット分類”, 電子情報通信学会技術研究報告, 2014年3月.
  35. 木村秀平, 肥後芳樹, 楠本真二, “リポジトリマイニングを用いたリファクタリングが開発に与える影響の測定”, 電子情報通信学会技術研究報告, 2014年3月.
  36. 石原知也, 肥後芳樹, 楠本真二, “コードクローンを用いたコード補完手法の提案”, 電子情報通信学会技術研究報告, 2014年3月.
  37. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “ソースコードの自動進化に向けて”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.422, pp.107–112, 2014年1月. ソフトウェアサイエンス研究会研究奨励賞!
  38. Yoshiki Higo, Hiroaki Murakami, and Shinji Kusumoto, “Revisiting Capabilities of PDG-based Clone Detection”, Technical Report, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, November, 2013.  PDF
  39. 切貫弘之, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “ソースコード中の変数間のデータ依存関係を用いたコミットの分割”, 電子情報通信学会研究報告, Vol.113, No.269, pp.67–72, 2013年10月.
  40. 石原知也, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “再利用実績に基づいたコード片検索手法の提案”, 電子情報通信学会研究報告, Vol.113, No.269, pp.61–66, 2013年10月.
  41. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “Smith-Watermanアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン検出”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, pp.f10:1–f10:8, 2013年9月. SES2013最優秀論文賞!
  42. 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, “プログラム文の並び替えに基づくソースコードの可読性向上の試み”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, pp.s03:1–s03:6, 2013年9月.
  43. 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “CRDを用いたコードクローンの生存期間と修正回数に関する調査”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, pp.f03:1–f03:8, 2013年9月. SES2013学生奨励賞!
  44. 木村秀平, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “null返り値が保守作業に与える悪影響の調査”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, pp.f02:1–f02:8, 2013年9月.
  45. 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “CRDに基づくコードクローン追跡手法”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.159, pp.127–132, 2013年7月.
  46. 肥後芳樹, 楠本真二, “修正実績に基づく重複コード除去支援の試み”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.159, pp.121–126, 2013年7月.
  47. 今里文香, 佐々木唯, 肥後芳樹, 楠本真二, “ソースコード中に含まれる繰り返しコードの進化に関する調査”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.24, pp.49–54, 2013年5月.
  48. 楠野明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “修正の分類に基づいたコミット分割手法の提案”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.113, No.24, pp.31–36, 2013年5月.
  49. 長瀬義大, 石原知也, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “異常処理を考慮したメソッド単位のコードクローン検出”, ソフトウェア信頼性研究会 第8回ワークショップ論文集, 2012年11月.
  50. Eunjong Choi, Norihiro Yoshida, Yoshiki Higo, Katsuro Inoue, “A clone detection approach for a collection of similar large-scale software products”, IEICE Technical Report, vol.112, no.275, SS2012-43, pp.117–121, November 2012.
  51. 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “オープンソースソフトウェアにおけるコードクローンの消失に関する調査”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.275, pp.111–116, 2012年11月.
  52. 吉田則裕, 崔恩瀞, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “産学連携による携帯端末用ソフトウェアに対する品質改善の取り組み”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012, pp.9:1–9:6, 2012年8月.
  53. 楊嘉晨, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “機械学習に基づく有用なコードクローンの自動特定手法”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012, pp.21:1–21:8, 2012年8月.
  54. 畑秀明, 肥後芳樹, 楠本真二, “リポジトリマイニング可能なコードクローン版管理システムの提案”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012, pp.20:1–20:8, 2012年8月.
  55. 肥後芳樹, 楠本真二, “開発履歴情報を用いた修正漏れの検出” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012, pp.28:1–28:8, 2012年8月. SES2012最優秀論文賞!
  56. 佐々木唯, 石原知也, 堀田圭佑, 畑秀明, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “プログラム構造の簡略化によるメトリクス計測方法の改善”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.164, pp.85–90, 2012年7月.
  57. 木村秀平, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本 真二, “動的解析を用いたコード移動リファクタリングの支援”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.164, pp.97–102, 2012年7月.
  58. 石原知也, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “大規模ソフトウェア群に対するメソッド単位のコードクローン検出”, 電子情報通信学会技術研究報告ss2011-xx, Vol.111, No.481, pp.31–36, 2012年3月.
  59. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の提案”, 電子情報通信学会技術研究報告ss2011-xx, vol.111, No.481, pp.25–30, 2012年3月.
  60. 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “プログラム依存グラフを用いたテンプレートメソッドパターン適用によるリファクタリング支援手法の提案”, ソフトウェア信頼性研究会 第7回ワークショップ論文集, 2011年11月.
  61. 山本哲男, 吉田則裕, 肥後芳樹, “ソースコードコーパスを利用したシームレスなソースコード再利用手法”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011, 2011年9月.SES2011優秀論文賞!
  62. 肥後芳樹, 植田泰士, 西野稔, 楠本真二, “プログラム依存グラフを用いた増分的なコードクローン検出”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011, 2011年9月.
  63. 佐々木唯, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “ソフトウェア保守におけるコードクローンの影響に関する調査方法の比較”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2011-17, Vol.111, No.168, pp.25–30, 2011年7月.
  64. 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “プログラム依存グラフを用いたTemplate Methodパターン適用によるコードクローン集約支援”, 情報処理学会研究報告2011-SE-171, No.14, pp.1–8, 2011年3月.
  65. 山田慎也, 肥後芳樹, 楠本真二, “改版履歴情報を用いたクラス図の変更料の計測の試み”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2010-51, Vol.110, No.336, pp.73–78, 2010年12月.
  66. 肥後芳樹, 楠本真二, “複数のメソッドにまたがって存在するコードクローンの検出に向けて”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2010-50, Vol.110, No.336, pp.67–72, 2010年12月.
  67. 兼光智子, 肥後芳樹, 楠本真二, “プログラム依存グラフを用いたリファクタリング候補の特定と可視化”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2010-49, Vol.110, No.336, pp.61–66, 2010年12月.
  68. 山本哲男, 吉田則裕, 肥後芳樹, “ソースコードコーパスを利用したシームレスな再利用支援”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2010-48, Vol.110, No.336, pp.55–60, 2010年12月.
  69. 肥後芳樹, 楠本真二, “コードクローン検出に必要な計算コストの削減を目的としたプログラム依存グラフ頂点集約法の提案”, ソフトウェアエンジニアリング最前線2010(ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010予稿集), pp.127–134, 2010年9月.情報処理学会平成23年度CS領域奨励賞!
  70. 藤川達也, 肥後芳樹, 楠本真二, “新規開発者のソフトウェア理解を目的としたプログラム依存グラフ可視化手法の提案”, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010年3月.
  71. 堀田佳佑, 佐野由紀子, 肥後芳樹, 楠本真二, “重複コードと非重複コードに加えられる修正の頻度の比較 ―複数の検出ツールを用いた評価―”, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2010年3月.
  72. 田中健介, 肥後芳樹, 楠本真二, “大規模ソースコード集合を対象とした類似関数集合群の抽出”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2009-56, Vol.109, No.456, pp.49–54, 2010年3月.
  73. 佐野由希子, 肥後芳樹, 楠本真二, “重複コードと非重複コードにおける修正頻度の比較”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2009-55, Vol.109, No.456, pp.43–48, 2010年3月.
  74. 川口真司, 肥後芳樹,”プログラム解析技術の普及に向けた取り組と課題”, 情報処理学会ウインターワークショップ2010・イン・倉敷論文集, pp.25–26, 2010年1月.
  75. 肥後芳樹, 川口真司, “プログラム解析技術の普及に向けて -「プログラム解析」セッションの紹介-“, 情報処理学会ウインターワークショップ2010・イン・倉敷論文集, pp.1–2, 2010年1月.
  76. 山田吾郎, 齋藤晃, 三宅達也, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “メトリクス計測Eclipseプラグインの開発”, ソフトウェアエンジニアリング最前線2009(ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009予稿集), p.193, 2009年9月.
  77. 肥後芳樹, 楠本真二, “実規模ソフトウェアへの適用を目的としたプログラム依存グラフに基づくコードクローン検出法”, ソフトウェアエンジニアリング最前線2009(ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2009予稿集), pp.97–104, 2009年9月.
  78. 肥後芳樹, “集約の観点から見たソースコード類似性の判定”, ソースコードの類似性ワークショップ, 2009年9月.
  79. 兼光智子, 肥後芳樹, 楠本真二, “変数使用に着目したFault-Proneメソッド特定手法の提案と評価”, 第8回情報科学技術フォーラム, pp.-, 2009年9月.
  80. 西野稔, 肥後芳樹, 楠本真二, “メトリクス値の変遷を用いたFault-Proneモジュール特定手法の改良”, 第8回情報科学技術フォーラム, pp.-, 2009年9月.
  81. 田中健介, 肥後芳樹, 楠本真二, “ソースコードの重複度を用いたオープンソースソフトウェアライセンス違反の検出”, 情報処理学会ウインターワークショップ2009・イン・宮崎論文集, pp.11–12, 2009年1月.
  82. 佐野由希子, 肥後芳樹, 楠本真二, “クラス階層構造を利用したリファクタリング支援手法の改良”, 情報処理学会関西支部 支部大会講演論文集, pp.63–66, 2008年10月.
  83. 肥後芳樹, 石尾隆, 渡邊結, 出張純也, 畑秀明, 三宅達也, 水野修, 丸山勝久, “第30回ソフトウェア工学国際会議(ICSE2005)参加報告”, 情報処理学会研究報告2008-SE-161-005, No.161, pp.33–39, 2008年9月.
  84. 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, “コードクローンの複雑度メトリクスを用いた開発者の特徴分析”, ソフトウェアエンジニアリング最前線2008(ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008予稿集), pp.103–106, 2008年9月.
  85. 三宅達也, 肥後芳樹, 井上克郎, “メトリクス計測プラグインプラットフォームMASUの開発”, ソフトウェアエンジニアリング最前線2008(ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008予稿集), pp.63–70, 2008年9月.
  86. 三宅達也, 肥後芳樹, 井上克郎, “ソフトウェアメトリクスとメソッド内の構造を用いたリファクタリング支援手法の提案”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2008-25, Vol.108, No.173, pp.73–78, 2008年8月.
  87. 澤健一, 肥後芳樹, 楠本真二, “コードクローン検出ツールの差異情報を用いた不具合検出手法の提案と評価”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2008-24, Vol.108, No.173, pp.67–72, 2008年8月.
  88. 宮崎宏海, 肥後芳樹, 井上克郎, “アイテムセットマイニングを利用したコードクローン分析作業の効率向上”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2008-18, Vol.108, No.173, pp.31–36, 2008年7月.
  89. 枝川拓人, 赤池輝彦, 肥後芳樹, 楠本真二, “画面遷移とデータベース処理を考慮したトランザクションファンクション識別手法の詳細化と実装”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2008-17, Vol.108, No.173, pp.25–30, 2008年7月.
  90. 西川倫道, 肥後芳樹, 森崎修司, 楠本真二, “履歴データからの有用プロダクトデータの抽出”, 電子情報通信学会2008年総合大会, 2008年3月.
  91. 東誠, 肥後芳樹, 早瀬康裕, 松下誠, 井上克郎, “コードクローンのメトリクス値と開発者の相関の調査”, 情報処理学会第70回全国大会講演論文集第5分冊, 2008年3月.
  92. 澤健一, 肥後芳樹, 楠本真二, “複数のコードクローン検出ツールによって検出されるコードクローンの差異を用いた不具合検出法”, 情報処理学会第70回全国大会講演論文集第5分冊, 2008年3月.学生奨励賞!
  93. 村尾憲冶, 肥後芳樹, 井上克郎, “メトリクス値の変遷に基づくソフトウェアの特性分析手法の提案と実装”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2007-72, Vol.107, No.505, pp.85–90, 2008年3月.
  94. 肥後芳樹, 植田康士, 楠本真二, 井上克郎, “AGMアルゴリズムを用いたギャップを含むコードクローン情報の生成”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2007-48, Vol.107, No.392, pp.61–66, 2007年12月.
  95. 服部剛之, 吉田則裕, 早瀬康裕, 肥後芳樹, 松下誠, 楠本真二, 井上克郎, “識別子の共起関係に基づく類似コード検索法の提案と欠陥検出への適用”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2007-47, Vol.107, No.392, pp.55–60, 2007年12月.
  96. 松本義弘, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “CKメトリクスに基づくリファクタリングの効果予測手法の提案と実装”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2006-84, Vol.106, No.523, pp.31–36, 2007年2月.
  97. リビエリシモネ, 肥後芳樹, 松下誠, 井上克郎, “D-CCFinder: 超大規模ソースコード集合を対象とした分散処理型コードクローン検出・可視化システム”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2006-67, Vol.106, No.427, pp.19–24, 2006年12月.
  98. 神谷芳樹, 菊池奈穂美, 松村知子, 大杉直樹, 門田暁人, 肥後芳樹, 井上克郎, 松本健一, “進行中のプロジェクト計測とフィードバック実験に基づく計測データベース活用方式の提案”, 情報処理学会ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2006, pp.35–42, 2006年10月.
  99. 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローンを対象としたリファクタリングの有効性に関する調査”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2006-30, Vol.106, No.201, pp.37–42, 2005年8月.
  100. 服部剛之, 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローンの分布情報を用いた特徴抽出手法の提案”, ソフトウェア信頼性研究会 第3回ワークショップ論文集, pp9–17, 2006年7月.
  101. 松本義弘, 肥後芳樹, Livieri Simone, 片岡欣夫, 楠本真二, 井上克郎, “リファクタリングのソフトウェア保守に対する効果測定”, 情報処理学会第68回全国大会講演論文集第1分冊, pp.291–292, 2006年3月.
  102. 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローン情報を用いたソフトウェアプロセス・プロダクト改善”, 情報処理学会ウインターワークショップ2006・イン・鴨川論文集, pp.75, 2006年1月.
  103. 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “ソフトウェア保守支援を目的としたコードクローン可視化ツール:Gemini”, 日本産業技術教育学会 第21回情報分科会 研究発表会 講演論文集, pp.7–8, 2005年12月.
  104. 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローン分析ツール Gemini を用いたコードクローン分析手順”, 第5回 クリティカルソフトウェアワークショップ(WOCS)予稿集, pp.211–218, 2005年11月.
  105. 肥後芳樹, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “リファクタリングを目的としたコードクローン分析ツール Aries”, 組込みソフトウェアシンポジウム2005論文集 IPSJ Symposium Series, Vol.2005, No.12, pp.172–173, 2005年10月.
  106. 肥後芳樹, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローン分析ツール Gemini を用いたコードクローン分析手法”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2005-29, Vol.105, No.228, pp.37–42, 2005年8月.
  107. 松下誠, 大場勝, 肥後芳樹, 天嵜聡介, 川口真司, 水野修, 丸山勝久, “第27回ソフトウェア工学国際会議(ICSE2005)参加報告”, 情報処理学会研究報告2005-SE-149-007, No.149, pp.41–48, 2005年7月.
  108. 吉田則裕, 肥後芳樹, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローン間の依存関係に基づくリファクタリング支援環境の実装”, 情報処理学会第67回全国大会講演論文集第1分冊, pp.337–338, 2005年3月.学生奨励賞!
  109. 肥後芳樹, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “コードクローン解析に基づくリファクタリング支援”, 第4回 クリティカルソフトウェアワークショップ(WOCS)予稿集, pp.13–14, 2005年1月.
  110. 肥後芳樹, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “リファクタリングのための類似コード片ツール Gemini”, 組込みソフトウェアシンポジウム2004論文集 IPSJ Symposium Series, Vol.2004, No.10, pp.142–143, 2004年10月.
  111. 肥後芳樹, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “Code Clone Analysis Method for Practical Refactoring Support”, 電子情報通信学会技術研究報告SS2004-1, Vol.104, No.47, pp.1–6, 2004年5月.
  112. 佐々木亨, 肥後芳樹, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “プログラム変更支援を目的としたコードクローン情報付加ツール”, 情報処理学会第66回全国大会講演論文集第1分冊,pp251–252, 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス, 2004年3月.
  113. 肥後芳樹, 神谷年洋, 楠本真二, 井上克郎, “類似コード片を利用したリファクタリングの試み”, 情報処理学会研究報告2003-SE-143-005, No.143, pp.29–36, 2003年7月.
  114. Yoshiki Higo, Yasushi Ueda, Toshihiro Kamiya, Shinji Kusumoto, and Katsuro Inoue, “Extension of Code Clone Analysis System for Refactoring Activities”, 平成14年電気関係学会関西支部連合大会, 近畿大学東大阪本部キャンパス, 2002年11月.

 

Leave a Reply