村上 寛明(Murakami Hiroaki)

E-mail: h-murakm at ist.osaka-u.ac.jp ("at"を"@"に置き換えてください)

[English]

所属

大阪大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻
ソフトウェア設計学講座 楠本研究室
博士後期課程3年

日本学術振興会特別研究員 DC2

略歴

2008年4月 大阪大学基礎工学部情報科学科入学
2012年3月 大阪大学基礎工学部情報科学科卒業
2012年4月 大阪大学大学院情報科学研究科博士前期課程入学
2013年3月 大阪大学大学院情報科学研究科博士前期課程卒業
2013年4月 大阪大学大学院情報科学研究科博士後期課程入学

研究業績

論文誌

  1. 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, “ギャップの位置情報を追加した正解クローンの作成”, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J97-D, No.9, pp.1537-1540, 2014年9月.
  2. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “Smith-Watermanアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン検出”, 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.2, pp.981-993, 2014年2月.
  3. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “ソースコードの繰り返し部分に着目したコードクローン検出ツールの実装と評価”, 情報処理学会論文誌, Vol.54, No.2, pp.845-856, 2013年2月.

国際会議(査読あり)

  1. Yusuke Sabi, Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo, and Shinji Kusumoto, “Reordering Results of Keyword-based Code Search for Supporting Simultaneous Code Changes”, in Proc. of the 23rd IEEE International Conference on Program Comprehension (ICPC 2015), pp.289-290, Florence, Italy, May 18-19, 2015. [pdf]
  2. Takafumi Ohta, Hiroaki Murakami, Hiroshi Igaki, Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, “Source Code Reuse Evaluation by using Real/Potential Copy and Paste”, in Proc. of the 9th International Workshop on Software Clones (IWSC 2015), pp.33-39, Montreal, Canada, March 6, 2015. [pdf]
  3. Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, “ClonePacker: A Tool for Clone Set Visualization”, in Proc. of the 22nd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2015), pp.474-478, Montreal, Canada, March 2-6, 2015. [pdf][tool]
  4. Hiroaki Murakami, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, “Predicting Next Changes at the Fine-Grained Level”, in Proc. of the 21st Asia-pacific Software Engineering Conference (APSEC 2014), pp.126-133, Jedu, Korea, December 1-4, 2014. [pdf]
  5. Hiroaki Murakami, Yoshiki Higo and Shinji Kusumoto, “A Dataset of Clone References with Gaps”, in Proc. of the 11th Working Conference on Mining Software Repositories (MSR 2014), pp.412-415, Hyderabad, India, May 31-June 1, 2014. [pdf][dataset]
  6. Hiroaki Murakami, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki and Shinji Kusumoto, “Gapped Code Clone Detection with Lightweight Source Code Analysis”, in Proc. of the 21st IEEE International Conference on Program Comprehension (ICPC 2013), pp.93-102, California, USA, May 20-21, 2013. [pdf]
  7. Hiroaki Murakami, Keisuke Hotta, Yoshiki Higo, Hiroshi Igaki and Shinji Kusumoto, “Folding Repeated Instructions for Improving Token-Based Code Clone Detection”, in Proc. of the 12th IEEE International Working Conference on Source Code Analysis and Manipulation (SCAM 2012), pp.64-73, Trento, Italy, September 23-24, 2012. [pdf]

国内会議(査読あり)

  1. 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, “Circle Packingを用いたコードクローン可視化手法”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015, pp.6-16, 2015年9月.
  2. 佐飛祐介, 村上寛明, 肥後芳樹, 楠本真二, “コードクローンとロジカルカップリングを用いた文字列検索ツールの出力順序の並べ替え”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015, pp.115-120, 2015年9月.
  3. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “Smith-Watermanアルゴリズムを利用したギャップを含むコードクローン検出”, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013, pp.F10:1-F10:8, 2013年9月.

研究会(査読なし)

  1. 肥後芳樹, 堀田圭佑, 村上寛明, 楠本真二, 中村伸裕, 加藤孝則, 牟田幸功, 西川憲二,“派生開発ソフトウェア群に対するコードクローン分析技術の適用事例”, 電子情報通信学会技術研究報告, 2015年1月.
  2. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “ソースコードの自動進化に向けて”, 電子情報通信学会技術研究報告, 2014年1月.
  3. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “精度向上および高速化を目的としたギャップを含むコードクローン検出手法の提案”, ソフトウェア信頼性研究会第9回ワークショップ, 2013年12月.
  4. Yoshiki Higo, Hiroaki Murakami and Shinji Kusumoto, “Revisiting Capabilities of PDG-based Clone Detection”, Technical Report, Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University, November, 2013.
  5. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “ソースコード中の繰り返し部分に着目したコードクローン検出手法の提案”, 電子情報通信学会技術研究報告, 2012年3月.

表彰・受賞

  1. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “情報処理学会 論文賞”, 2015年6月.
  2. 村上寛明, “情報処理学会 山下記念研究賞”, 2015年3月.
  3. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 楠本真二, “電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会研究奨励賞”, 2014年5月.
  4. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “情報処理学会 論文誌ジャーナル/JIP特選論文”, 2014年2月.
  5. 村上寛明, “第10回 IEEE関西支部学生研究奨励賞”, 2014年2月.
  6. 村上寛明, 堀田圭佑, 肥後芳樹, 井垣宏, 楠本真二, “ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013 最優秀論文賞”, 2013年9月.