楠本研を選ぶ10の理由

2011年に研究室にいる人に訊きました!

  1. 希望すれば,研究室負担で国際会議に行ける
    よい研究成果がでた場合は,国際会議への投稿・発表を勧められる,あるいは, 希望すれば投稿・発表できます
    国際会議に行くには当然お金が掛かります.
    当研究室では,幸いにもこれまで研究室負担で発表に赴く事ができています(将来的には不明ですが...).
    cf. 研究成果
  2. 設備がイイ!
    学生の負担を減らすため,良い設備を用意しています.
    cf. 設備研究室内
  3. 就職に有利
    ソフトウェア工学を学んでおくと,様々な分野の業種に付く際に有利です.
    大規模な設備(ネットワーク群や高速パソコン群)がなくても研究内容が活かせる場合が多く,また長く使える技術が多いので,就職先は幅広く企業にアピールもしやすいです.
    cf. 進路
  4. 研究に必要なものは揃えてもらえる
    専門書や設備など,研究への必要性が認められれば揃えてもらえます.
  5. 先生のサポートが手厚い!
    当然グループや本人の努力にもよりますが,先生の手厚いサポートが得られます.
    卒論・修論の忙しい時期でもサポートが得られます.
  6. 時間の制約が比較的少ない
    2011年度では,コアタイムは無く,バイトに勤しむ人も多いです.
    もちろん,研究をしっかりすることは最低条件です.
  7. 飲み物が充実している
    コーヒーは,コーヒー会に加入すれば呑み放題です.
    ジュースも持ち込む必要はなく,研究室内の冷蔵庫に保持されています.会員価格でお安く飲めます.
  8. 研究の自由度が高い
    何かいいアイデアが思いつけば,それを形にしやすいのがこの分野です.小さなアイデアで大きな成果が得られる「エビタイ現象」が狙えます.
    cf. ソフトウェア工学とは
  9. 先生と呑みに行ける(希望すれば)
  10. 教員がおちゃめ