1年の過ごし方

 

4月

(B4) 中旬に研究室見学→研究室配属.
まだ豊中で授業があるので豊中と吹田を往復する.
(M1) 吹田で授業.
研究を理解するために論文を読みつつ,卒業研究内容で発表するための準備をする人もいる.

5月

(B4) 研究室の教員と面接を行い,研究テーマの仮決定を行う.
研究室の新歓飲み会がある.
研究室の先輩の顔と名前を一致させるのが大変.

(M1) 授業+輪講の準備をしながら過ごす.忙しい.

6月

(B4) 研究グループからその研究に必要な基礎知識をつけるために,先輩の手伝いを依頼されることあったりする.
(B4,M1) 輪講の順番がそろそろまわってくる.
発表をするともれなく先輩からダメ出しが…?

(B4) このあたりから大学院の入試に向けて結構本格的になる.
(M1) この時期に後輩のために解答を作成する.
それ以前のデータも研究室内のサーバに蓄積されているので,勉強することには事欠かない.
(M2) 他の研究室の人達に対して自身の研究テーマを紹介する.
どの研究室で発表するかで難易度が変わる.

7月

(B4) 大学院試の勉強が本格化.そろそろ前期の授業が終了し,試験モードに.
(M1〜) 対外発表に行く人がいたりして,グループ内で研究発表の練習などが始まる.

8月

(B4) 大学院試験.頑張ってください.
試験の結果後,休みをいただく.
旅行に行ったり、実家に戻ったり.
(M1) 夏休み.免許を取ったり人それぞれ.
(M2)本選考開始.内定…御社…ああああああ

9月

研究室旅行.
(B4) 研究テーマを本決めする.
ここから,徐々に卒業研究に注力することになる.
(M1) インターンに行く人も.

10月

(B4) 研究テーマを本決めして,研究テーマの近い院生の先輩のアドバイスのもと研究を進める.

11月

(B4) 卒業研究の方向性が決まり,ひたすら研究に没頭.
とか言いつつ,まだ少し余裕があったりする.

12月

世間はクリスマス.
寂しい人達で集まってケーキを作ったり珉龍で出前を取ったりします.
研究室の大掃除や忘年会が終われば冬休みに入ります(入らない人もいます).
(M1)他の研究室の人達に対して自身の研究テーマ(or それに関連する論文)を紹介する.

1月

新年.

(B4) 研究が徐々に形になってくる.
研究のできがいいと,担当教授から「対外発表も視野に入れれるね」といわれる.
このあたりから研究室にずっといる生活になる.

2月

(B4) 卒論発表会.
その後,対外発表をする人もちらほら.
(M2) 修士論文発表会.

3月

この時期はあまり人がいない.
春休み.
(M1) 経団連のなんとかで就職活動開始がこの時期になりました.早めに動くべし.
あと,いい加減に修論のテーマ決めないとやばい.
(M2) 修論の内容で外部発表or論文誌の投稿.

 

また新学期が始まる...