SIGSS

下仲健斗さん、内藤圭吾さん、土居真之さんが広島で開かれた電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会に参加しました。

下仲健斗さんは,”シグネチャ情報と入出力情報を用いたJava メソッドの生成“というタイトルで発表しました.
内藤圭吾さんは,”企業におけるソフトウェア開発に対する自動プログラム修正技術“というタイトルで発表しました.
土居真之さんは,”ソースコードの「自然さ」を利用した自動生成ファイルの特定“というタイトルで発表しました.